生きてるだけで精一杯。

公開日: : 最終更新日:2023/09/03 生き方と考え方

先日のスーパーブルームーン、満喫しました。

前の部屋同様、新居のベランダからも月がよく見えてうれしい。

適当なつまみで美味い酒を飲み、ベランダから月を眺める。アホなので月に向かってぶんぶん手を振ったりもする。そして、めちゃくちゃたのしいな、などと思う。

毎日こんな調子です。

生きてるだけで精一杯。

最近洗濯が好きになりました。

天気の休日に早起きして洗濯物を干し、それらが風にゆらゆら揺れている様子を眺めながらコーヒーを飲む。これもまた、めちゃくちゃたのしいのです。

掃除も洗濯も炊事も、家事全般大して上手くないし、好きでもないのだけれど、洗濯の醍醐味のようなものが、ここへきて少しだけ理解できるようになったみたいです。夏は特に気持ちいい。大量の洗濯物が午前中に乾き切ってしまうと、なんだか得した気分にさえなる。

というように、特別なことをしなくても、生きてるだけで精一杯。というか、なんでもかんでも面白がれるようになりました。

生きてるだけで面白い。なんてお得なんでしょうか。

朝起きて天気がいいとうれしいし、駅までの道のりで犬の散歩と遭遇するとラッキーだと感じる(犬好き)。移動中はスマホで漫画読んで(なぜか今更「神の雫」を読む)、朝活場所のカフェに到着したらPC広げて仕事開始。

ありがたいことに、ここしばらく仕事がめちゃくちゃ面白いのですよ。1年前の辛い時期が嘘のように、心底愉快に取り組めています。

私なんて信用されなくて当たり前。

相変わらず「遊んで暮らしたい」という野望は持ち続けていますが、何しろゲーム感覚で仕事できているので、日々おもしろおかしく遊んでるだけでお金までもらっちゃってなんかすみませんね、という気持ちです。

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

で、夜は夜で冒頭のように酒飲んだり月見たりしてるだけで、たのしい。

我ながら、なんてちょろいのだ。

いつでも戻ってきたい場所。

12年に一度の大幸運期である2023年もすっかり後半戦。

12年に一度の大幸運期がやってくる。

この8ヶ月間、特に大きなラッキーなんて起こってないけれど、こうして日々面白おかしく過ごせていることがめちゃくちゃありがたくて、今の感覚を忘れないでいたいし、もしも何か心揺さぶられるような事件が起こったとしても、またこの場所、この心持ちに戻ってきたい。と、強く思うのです。

これこそが、幸運期の賜物。なのか?

モノをたくさん持てば、幸せは手に入るのか。

日々の暮らしを大切にとか、ありのままがいちばんとか、なんでもないようなことが幸せだったとか、正直しゃらくせえ。と思っていたけれど、偉業を成し遂げなくても、生きてるだけで精一杯って、案外いい。いいものだよ(備忘録)。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつもずっと放置しておりましてね。

記事を読む

おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分のことがよくわかっていない人。

記事を読む

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

誰かの苦手と恐れの不思議。

それなりに長い付き合いとなる友人が、実は「池」が苦手であるということを、つい最近知りました

記事を読む

家庭内調整と根回しと酒と薔薇の日々。

15分遅れる、というメッセージを受信し、はい了解と返信して耳に挿す。 続ける方法 とり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑