使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

sakura18_2

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

それは、鞄。

ずっと使い続けてきた春夏用のトートバッグが相当なお疲れ具合だったので、ここらでいい加減引退させることにしました。

使い勝手全振りのナイロントート

newbluebag

ここ数年春夏の普段仕様に愛用していた帆布のバッグ。かれこれ15年ほど前にジム用バッグとして調達したものですが、ジム通い自体がそう長くは続かなかったもので、しばらく寝かしていた代物でした。よって、さほど激しい傷みはない状態にて使い始めたと思っていたのだけれど、実はそうでもなかったのか、はたまた使わずとも劣化は進むのか。前シーズン終わりにはすでにあちこち綻びて、すっかり無残な状態に。

それでも南国で学習鞄として愛用した後に、またまた洗濯してしまい込んでおりました。

フィリピン留学なんて必要ない。大人の短期留学ライブ記録 4週目を終えて。

大事にし過ぎィ!

さすがにもうアレなので、後継バッグとして軽くて丈夫、ポケットいっぱい、収納力抜群の機能性全振りナイロントートを購入しました。使い勝手はいいけれど、この大きさだと旅行でも行けそうなのがやや誤算だったか。

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

ああ、迫り来る特大バッグの危機。色目も似た感じになってしまったし、益々登場機会が減ってしまいそうです。

女の価値はバッグでわかる

travelbag

つい最近、鞄のブランドとそれを持つ女性の価値は連動する云々というネタが一部で話題になっておりましたね。

鞄に限らず、そして女性に限らず、何を持つか、何に対して情熱や時間、お金をかけるかによって人となりが透けて見えるのは当然のこと。

もちろん、女性のブランドバッグや男性の高級時計などというわかりやすい持ち物やブランドごときで人間の「価値」が決まるはずはなく、あくまでもその人のほんの一部分が垣間見えるに過ぎない。けれど、多少なりともわかることは、ある。

私が重さも肩こりも身軽さも顧みず、セリーヌレベル以上のブランドバッグを持ちたいという心理状態にあるとするならば、ナイロン素材は選ばないだろうし、そもそも帆布トートやコーデュロイバッグをボロボロになるまで使い倒したりはしないはず。

シンプルだから飽きない、は真実か。

物持ちがよかろうと、少ないもので身軽に生きようと、そんなことは個人の好きにすればいい。けれど、鞄にお金をかけない人とはお近づきになりたくないし、腕時計の値段で大体の人間性がわかるのだ、という考えの人がいるのだとしたら、私のような人間は避けられるのでしょう。

モノを溜め込む人とは友達になれない。

人は見た目が全てじゃないけれど、全人類ととことん話し合った末に密なお付き合いを始められるシステムなどこの世の中にはない。よって、持っているもの、こだわる事柄や方向性によってある程度の判断が下されるのは致し方ない。というか、むしろ合理的ですらある。

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

となれば、自分が心から欲するものを面倒がらずに選び、持ち、聞き、読み、観て、書き、食べ、飲み、そして集いたいものだよねと思うのです。もちろん、自分自身の定める基準にて。

 




関連記事

小型セラミックファンヒーターがうるさい、そして故障。

魔術師の口車に乗せられて購入した小型のセラミックファンヒータ。 持たない生活、寒がりのくせに手

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

今日捨てたもの 12/29 傷んだことに気がつきにくい。

By: Didriks[/caption] 私が現在住んでいるシェアハウスは若い人が多いので

記事を読む

静電気防止スプレーを自作してみた。

私は電解質の女。なのかどうかはよくわかりませんが、幼女の頃から何に触れても静電気バッチバチ

記事を読む

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

履かない靴

履かないヒールがどんどん高くなっていく。

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を要した。 長距離歩行が必

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑