毎日ブログを書き続ける人のブログ論。

公開日: : ブログ運営, 生き方と考え方

snow

奥さん、2月です。
毎月月初は先月のブログ振り返り記事を書いています。

ブログ運営記録

さほど意味のない定期ポストだとは気づいているのですが、奥さん方にいつもの挨拶がしたくて書いているのではないか疑惑が浮上しています。

奥さん、2月です。



毎日ブログを書き続ける人のブログ論

MacBook Air '11

2019年1月の閲覧数TOP3

1. 2019年の運勢はいかに?今年の運勢を無料で占う【随時更新】

2. 腹筋を100回毎日続けた結果。

3. 洋服が少なくて本当によかったと思った話。

以上が1月よく読まれた記事TOP3でした。今回は本文が長くなりそうなので、ここはあっさり済ませて本題へ参りましょう。

先月行ったイベントの事前&事後アンケートで、ブログ論を聞きたい、というご意見をいくつか頂戴しました。読者さんの中にはブロガーさんも何人かいらっしゃるのかな?

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

さて、ブログ論とはなんぞや。

一般的に需要がありそうなブログ論の内容とは

  • サーバーとドメインの設定方法
  • WordPressの操作法
  • 上手なアクセスの集め方
  • 読まれるタイトルの付け方
  • Googleに好かれるテクニック
  • ブログを続けるコツ

あたりでしょうか。

残念ながらわたくし、この手のテクニックについてまるで無知なブロガーです。それは開設以来一度も外観が変わっていない時点でみなさまお察しかと思います。唯一書けるとしたら、続けるコツ、くらいでしょうか。何しろ2014年の夏から、体調不良で倒れた数日間を覗く毎日更新し続けておりますので。

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

皆勤賞を狙って無遅刻無欠勤で頑張っていたのに、一旦途切れたら途端に遅刻しまくる子供のように、一度でも更新が途切れたら、私も書く気が失せるのかしら。そんな風に考えていた時代が私にもありました。見事にハズレましたが。

ここまできたら、もうこの人、一生書き続けるんじゃないかと疑い始めています。

あれ、なんだっけ。ああ、そうそう、ブログ論。

人の役に立つ情報を書いてこそのブログだ!などという意識の高さは持ち合わせていないので、来る日も来る日も心底どうでもいいことばかり書いています。よって、ネタ切れになることはありません。

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

最悪書くことがなくなったとしても、毎日ごはんは食べるので、晩酌記事は途切れない。

食べることが楽しみ、は虚しいか。

そしてブログを書く目的はTOPページに記している通り「毎日を記録しながら愉快な人生をデザインしたい」から。デザイン、なんて少々カッコつけすぎでしょうか。でも、ブログがあることによって、私の毎日は確実に面白くなっているので、あながち大げさなキャッチコピーでもなかったかな。と、今では思えます。

何も持っていない人のブログ論

airportsofa

最近はブログという空間が、すっかり私のホームになっている。家も、ものも、家族も、定職も持たない私が持っている、大切な居場所。それがこのブログ、ということになるでしょうか。

これまで取り立てて熱中した趣味もなく、夢中で追いかけたアイドルもおらず、稼ぎの全てをつぎ込んで集めたグッズもない私は、ライフワーク的何かを持っている人に強い憧れを抱き続けていました。

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

でもさ、5年近くも毎日書き続けられるんだから、ブログはすでに私のライフワークってことになるんじゃないの?と、思わなくもありません。

デコデコうちわやサイリウムを振って踊りまくる行為と比較したなら、一人夜な夜なブログを紡ぐ行為はあまりに地味で静かではありますが、よろこびは激しさにのみ宿るわけではないのでね。飽きて嫌になるまでは、この暗いお遊びを継続したいと思います。

などと自己完結しているように見せかけて、やはりいつも読んでくださるみなさまの存在はとても大きい。誰にも読まれないチラシの裏ならば、これまで2,400記事も書き続けられたかって話ですよ。

ブログ開設4周年、4年間毎日ブログを更新した結果。

下は20代?から60代?くらいまで、女性も男性も、学生も社会人も、会社員もフリーランスも、既婚も未婚も、小アリも子ナシも、日本各地のみならず、世界各国にお住いのいろんな方が、日々ちらりと覗いては、ああまたこの女はしょうもないこと書いてるな、お気楽でいいですね、と呆れ顔で去っていく。コミュニケーション能力に難ありで、人付き合いが下手な私が、ブログを通じて見知らぬあなたと不思議なコミュニケーションを続けている、このおかしさは一体何なんでしょうか。

よくよく考えてみれば妙なご縁ですね、私たち。

あれ、なんだっけ。結局ブログ論のブの字もないまま結びとなりましたが、ブログネタとなるご質問はいつでも大歓迎。というわけで、今月もカリッとした毎日。をよろしくお願いいたします。

ブログ書く奴はだいたいバカ。

 




関連記事

keyboad

WordPressは便利だけど初心者には難しい。

只今丑三つ時。 珍しくこんな時間まで活動しています。 基本早寝早起きなので、あま

記事を読む

taiwan-takami16

おひとりさま 孤独を美化して推奨するべからず。

いやほんとごめんなさい。そういうつもりじゃなかったんだってば。 誰からも責められちゃい

記事を読む

editorsbag

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

moalboal-4-3

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

By: Photo Monkey

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

By: Leyram Odacrem

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

twitter

アカウントを乗っ取られた。

真夜中にふと目が覚めて、時間を確認しようと手に取ったiPodの画面に 「あなたのアカウ

記事を読む

businessman

起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

私の周りで結構話題になっています、これ。 起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

記事を読む

omg

コピーサイトに関する続報。

先日よりみなさまにご心配をおかけしているコピーサイトの件。 >>参考 「カリッとした

記事を読む

ny_dt_44

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

Comment

  1. 「わかる、わかる」と頷きながら読ませて頂きました。ブログの効能もそうですし、読者さん達と繋がっていることも確かにその通り。共感すると同時にそれを面白く表現するクリスピーさんの文章能力に感心させられたりクスっとさせられたりしています。昔だったらこんな上質のエッセイは本屋に行って雑誌や書籍を買ったり図書館で借りないと読めませんでした。ブログという形で毎日更新して頂いて本当に感謝です。いつもコメントに頂いくお返事にもニヤリとさせられます。呆れてのニヤリじゃないですよ(笑)。

    • crispy-life より:

      トム(仮名)さん

      トム(仮名)さんはまさにブロガーの読者さん、そして海の向こうでお読みいただいている大きなお友達でもありますね。発狂しそうな日々につかの間の失笑をご提供できたら、こんなに愉快なことはありません。これからも末長くお付き合い下さいませ。

      そしてトム(仮名)さんブログで音声入力の精度に驚きました。今ってこんなにサクサクなんですね!私もやりたい!と思ったけれど、サクサク喋れない私には過ぎた機能である気もしております…

crispy-life にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

休肝日ごはん 
休肝日ごはん 焼きなす、島オクラとわかめの味噌汁献立。

夏野菜の中でも特に好きなオクラ。 今年はなかなか夏らしい

takamatsu_114
Tシャツしか着ない夏。

この夏はほぼTシャツで過ごしています。 少ない服で着回す

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです

tainandog9
その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛に

tokyostation_7
フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大

→もっと見る

PAGE TOP ↑