モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

公開日: : 最終更新日:2018/02/27 ミニマルライフ, 生き方と考え方

友人(40代・女性)がいきなり男性アイドルにハマりました。

これまではそういう世界とはとんと縁がない、というか敢えて距離を取った生き方をしているように見えたのでここへきて美男子見物に相当の時間と金銭をつぎ込むようになったのが不思議といえば不思議なのですが、グループ関連の音源や映像関連を買い漁り、ライブに通い、掲載雑誌のチェックに余念がない彼女を見ているともうなんというか羨ましくてしょうがない。

「AくんとBちゃんのカップリングはその筋では悶絶もの」

などと言われてもその方面の知識のない私にはコイサン語で絵本の読み聞かせをされているのと何ら違いはなくまさに馬の耳に念仏状態であります。

が、羨ましいぞ。
私だってカップリングに悶えたい。

コンプレックスと好奇心

もうずいぶん前に

「コンプレックスと好奇心」

なるキーワードをブチ上げたまま回収せず今日に至る、だったのですが。

関連 ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

アイリスのように大好きなファッションの世界で成功しプライベートでも素敵なパートナーに恵まれ多くの人に愛されるスーパーウーマンはやっぱり好奇心が旺盛であれこれ知りたがるしあれこれ欲しがる。そしてその好奇心こそが彼女の魅力をさらに増幅させるエッセンスになっていることは明らかです。

アイドルであろうが車であろうがワインであろうがファッションであろうが、対象は別に高尚な趣味じゃなくてもなんでもよくて、ただ好奇心の赴くままに走った結果

「ハマる」。

その感覚にずっと強い憧れを持っている私。そして多くのモノを持たない主義でありつつもゴルフを始める前からウエア一式揃えたりまだFすら押さえられないのにギブソンのカスタム買っちゃうようなカタチから入るスタイルにもなんともいえない羨ましさを感じているのです。

関連 カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

この記事を書いた時にとおりすがりの人に

「モノを増やしたくないから趣味を持たないってバカなの?」

と言われたのですが全くもって仰る通りでなんというか本末転倒感半端ない。

けれど自分の情熱を信頼できないがゆえにカタチから入ることはできなくて、でもそういう勢いってちょっといいな、とずっと思い続けているわけで。そんなに羨ましいんならやれば?と言われてもやらない(できない)んだけど、相も変わらず夢だけは持っている。

結局私の憧れは

「マニアになりたい」

これに尽きるのだなと感じる今日この頃です。

実現できない夢、憧れのライフスタイル

さて、マニア界隈の一番の成功例といえばさかなクンなわけですが、さかなクンはきっと

「俺はさかなを極めていつか内閣総理大臣賞を受賞してやるぜ」

みたいな邪な気持ちを糧に魚を愛でたわけではないだろうし、あれほどの情熱を持つのはなかなか難しいにしても、何かを好きになったりハマったりするためになんらかの「努力」をするのもまた違うような気が。あ、でもミスターマイブームみうらじゅんは「「ない仕事」の作り方」で確か努力してハマるって言ってたっけ。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

じゃあ私も憧れのマニア的ライフスタイルに近づくべく対象を決めて日々好きになるように、ハマるようにといやむしろ自分がまだ気づいていないだけで実はもうハマっているのだなどという高度な自己暗示をかけ続ければ憧れのマニアになれる?そんな簡単なもんか?

と、今回もこれに関して結論は出ないのですが。

アイドルグループのライブDVDに合わせて完璧な振りコピを披露する彼女、見てるこっちが不安になるくらい毎日トンカツを食べ続けてSNSにUPする彼、江戸東京博物館でボランディアガイドさんにお江戸クイズバトルを挑む江戸マニア達やビアバーのカウンターで一見鼻持ちならないビール講釈を垂れるグループ。

関連 両国 麦酒倶楽部ポパイでクラフトビールに迷う 東京散歩・墨田区

その誰もをどこか羨望の眼差しで静かに見つめるだけの私。

実際丸1日彼らのマニア談義に付き合え、と言われたらきっとごめんなさいして一目散で逃げるだろうけど、そこまでの情熱を傾ける対象を持たない私は昨日も今日もハマらない自分にコンプレックスを抱き続けている。そして今後も98%の諦めを胸に、残り2%の可能性にこっそり賭けながら生きていくのだろうな。

ミニマリストの持たない暮らし

なんて長々語りながらも、もしも何かにハマったら一瞬にして人生が変わるとか、突然100倍幸せになるなんてこともないだろうとも知っている自分もいるわけで。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

何が起こっても人間は大なり小なりのコンプレックスを持ちつつ清濁併せ呑んで歩み続けるものなのでしょう。誰もが羨む成功と幸せを手に入れたファッションアイコン、アイリスが90歳を過ぎてなおしきりに

「私は美人じゃなかったから」

と、他人から見れば取るに足らないコンプレックスを口にしていたように。

 




関連記事

パフォーマンスが著しく低下。

ラップトップの話です。 現在のラップトップはもう5年ほど使っているのですが、最近

記事を読む

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

今日捨てたもの 買い物する手間、選ぶ手間。

By: Daniel X. O'Neil[/caption] もともと持ち物の数が少ないほうでは

記事を読む

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変している最中

記事を読む

シェアハウスは居酒屋に似ている。

By: Bart Speelman[/caption] 華麗にスルーしているけれど、おまえ引

記事を読む

年を取るほど幸せになるという話。

年を取っても偉くも賢くもなれないと言い放った舌の根が乾かぬうちにアレですが。 40代半

記事を読む

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このままではいつかやらかしてしまうと

記事を読む

煎り焼き豆腐献立

煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最近では辛うじてさばを食べており

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑