白髪をケアする40代、髪が黒くなったと言われる。

公開日: : 健康と美容

ボダム フレンチプレス

「おっ、crispyさん。髪色変えましたね」

先日、打ち合わせの席で言われ、いや、何にもしてないですよー、照明の具合じゃないですかね。と答える。ちょっと暗めのトーンにしたのかと思った、と返ってきてその場は終了したのですが、後々考えてみれば、アレだ。

染まりにくい髪が真っ黒になる白髪染め。

そういうことでしたか。

髪白髪をケアする40代、髪が黒くなったと言われる

リライズ

冒頭の会話がなされた日は、久しぶりのリライズ3日集中ケア明けの朝だったのでした。なるほど黒く見えたわけですね。

この出来事により、私は中学時代を思い出していた。数学のおじいちゃん先生・通称ガマガエルを思い出していた。

ガマガエル先生は当時60歳手前ぐらいだったはずなので、今考えればおじいちゃんという年齢でもないんだけど、こちとらピチピチのティーンエイジャー。大人以上はみんなおじいちゃん、おばあちゃんに見えていた頃なので、そこはご容赦いただくとして。

ほとんど白、ちょこっと黒が見え隠れする頭髪を、ポマードでぴっちりオールバックにまとめるスタイルが定番だったガマガエル先生ですが、年に1度くらいの間隔で、髪を真っ黒に染める習性がありました。

突然のあからさまな白髪染めにざわつく生徒たち。

ガマガエル先生は授業中に雑談や冗談を一切言わない人だったので、なぜたまに思いついたように真っ黒にするのか、それは身だしなみとしてなのかそれとも気分転換を求めてのイメチェンなのか、といったところは最後まで知ることができなかったのだけど、こんな些細なことを未だに覚えているということは、それなりに印象に残るエピソードだったのでしょう。

「髪を黒っぽくした」

そう言われた時に、私もガマガエル先生スタイルなのか?などと思ったのでした。多分ちょっと違うけど、不自然な変化だったかしら。

白髪が気にならなくなるフェーズ

パドルブラシ

相変わらず白髪頭と戦い続けている私ですが、一時よりも白組排除の気持ちが薄れつつあるのを感じております。

生え際、分け目、前髪などバッチリ目立つ所はそれなりの処置をするものの、まあもう40代も後半戦だもんね、髪も白くなるよねアハハハハ、という気持ちになりつつある。

今まで何度も味わってきたこの感覚。人間それなりの長さ生きていると、小さなことは気にならなくなるものなのでしょうか。さらに大きな問題が目の前に立ちはだかるからでしょうか。

歳をとると顔が伸びる。

おそらくあと数年は、あまり不自然にならないよう、あまり手間を取られないよう、ちまちまと白組との攻防戦を繰り広げる予定です。

そういやつい最近「お出かけ前にさっと塗れる白髪かくし!」みたいな商品をテレビショッピング番組で見かけたのだけど、磯じまんを丹念に塗り込めたようにテカテカした使用後の頭髪を

「ほら、こんなに若々しく黒々と!」

とアピールしていて、そうか、求める色合いも質感も人それぞれか、などと遠い目になりました。多少盛ってるんだろうけど、いくら綺麗に染まってもあそこまで磯じまんだと、私はちょっと怖い。気をつけよう。

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

 




関連記事

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

冷え性対策としてすっかり愛用品となった湯たんぽ。 参考 本気の冷え性改善記録 部

記事を読む

手湿疹を治したい。

By: Danny Chapman[/caption] 台湾旅行中に皮膚の具合が悪くなって以

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

週末は所用があり友人と原宿で待ち合わせをしていたのですが、会うなり 「春水堂へ行きたい

記事を読む

休肝日は休胃日に。2週連続胃も休ませてみた。

By: Luci Correia[/caption] 何年かぶりに休肝日を設定しようと思いつ

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

白髪が目立ってきたので、髪を切る。 白髪のロングヘアが与える印象。 前回チャレン

記事を読む

Aurora Soho

激しい朝活女子の真実。

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。 チラ見だったのでどういう趣旨

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

染めたくない。自宅でできる白髪対策について徹底的に調べてみた。

ここ1年でかなり白髪が増えてきました。 東南アジアの暑い国で生活していた影響もあるのかなあとも

記事を読む

ぎっくり腰の対処法。まずは楽な姿勢で休む。

By: Tama Leaver[/caption] 本日は緊急事態につき手短に。 先日腰を大切

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑