洋服が少なくて本当によかったと思った話。

公開日: : 最終更新日:2019/01/14 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

smb1709_2

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。

リュックサックしょって街に出ない。

抜群の使い心地、とまではいかないけれど、とにかく軽くてたくさん入るので普段使い鞄以上、スーツケース未満、の数日間の旅用として定着した感があります。

たくさん入るからといって調子に乗って荷物を詰め込むと持てない重量になってしまうので、ぎゅうぎゅうには入れられないこの鞄。けれど今回はそれで本当によかったと思ったのでした。

洋服が少なくて本当によかったと思った話

kodama5

今回、東京に戻る新幹線はひかりを予約しておりました。

いつもは混んでる時期を避けて移動するのだけれど、今年は予定が入っていたのでリターンラッシュど真ん中に戻らねばならず。新幹線の座席はいついかなる場合も最前列、もしくは最後列(トイレの位置で変わる)のCかDと決めているもので、残席わずかで座席指定の叶わないのぞみを回避し、早割になっていたひかりのグリーンをおさえていたのです。

のぞみとひかり、その差は30分ですからね。特に急ぎじゃなければこういうのもいいかなと。4年前にはこだまを使って移動してたしね。

「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

新大阪18時発だからかなり余裕あるな。早めに出て梅田あたりを冷やかしていこうかしらん、などと考えながら昼前に両親宅でひとりボーッとコーヒーを飲みながら、予約履歴を見て目が点になる。

戻りの新幹線、18時じゃなくて13時だった。

神戸の両親宅から新大阪までは約1時間。私は寝起き状態でまだパッキングも身支度もしていない。予約したひかりに乗るには15分で家を出なければ間に合わない。さあ、どうする?

数秒間考えた私は観念してそそくさと荷造りを開始、無事13時の新幹線に乗ったのでした。

洋服が少ないと準備がラクで助かる

Dr.マーチンサイドゴア

大きな鞄に詰めていたのは

など。アレンジケース大には洋服類、小には下着類をまとめ、一番かさばるローゲージニットとデニムは着て運ぶ作戦。靴はブーツ一足でまかないました。あとはこれらの小分けパックにに入る分しか荷物を持って行っていなかったので、さっくり準備して無事間に合った、というわけです。準備前にはもちろん、いつもの儀式を行いましたよ。

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

これ、荷物が多かったらアウトだったな。

服も持ち物も少ないほうが正義!みたいな考え方はさらさらないけれど、今回は荷物が少なくてよかった、と久しぶりに感じた出来事でした。

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

いや、元はと言えば自分の不注意が原因なのだから、荷物云々以前の問題なんだけども。

時間に間に合わなくてバタバタするのが苦手なのでこの手のミスはあまりしないのだけど、行きの新幹線が18時だったのでなぜか勘違いしていたようです。まったく、ドンくさいですね。

もちろん予約は変更できるので帰れなくて困るわけじゃない。しかしB席だけはどうしても避けたいぞ、という強い気持ちが私を急がせたのでありました。はー、危なかった。もうちょいしっかりしたいわあ。

 




関連記事

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

今日捨てたもの 8/1 「名刺」

  昨日宣言した通り、今日から小さなものでも1日に1つは手放していきます。

記事を読む

携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

By: eyeliam[/caption] 昨年はいろんなモノを捨てたり、処分したり、手放し

記事を読む

慌ただしい日々、悪いことばかりでもない。セブ日記 14

驚くことに、残すところあと2日である。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」

記事を読む

人生を変えたいなら環境を変えればいい、は真実か。

By: Hamed Saber[/caption] 少し前に記事に対するご質問をいただいてい

記事を読む

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

このブログにはモノを持たない生活についての記事がたまっているので、シンプルな暮らしや断捨離に

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

1月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Olivier GRYSON[/caption] 昨日に引き続き月初の定例まとめポス

記事を読む

旅の記憶をより鮮明にする方法。

久しぶりに会った友人に、そういや年末の香港どうだった?と聞かれる。 香港はもう何回も行

記事を読む

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

羽田って、いつからこんな感じになってたっけ? 外国人観光客ウケの良さそうなレストランフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑