豚肉の梅しそ蒸し、菜の花おろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,




豚ロースの梅蒸し献立

本日のメインは梅と大葉をたっぷり使った蒸し料理。

梅に大葉。どちらかといえば夏向きの料理だとは思うのですが、妙に食べたくなってしまったので、欲望に忠実に作ったまでです。

そう頻繁に登場しないこのつまみ、なんで急に食べたくなったんだろうか。考えながら作り、食べる段階になって理由がわかりました。

ねぎだ、白ねぎ。犯人は、お前だ。

豚肉の梅しそ蒸し、菜の花おろし和えで晩酌

豚ロースの梅蒸し、菜の花おろし和えで晩酌

  • 白菜と落とし卵の味噌汁
  • ゆず白菜
  • 菜の花おろし和え
  • 豚肉の梅しそ蒸し

白菜と落とし卵の味噌汁

白菜と落とし卵の味噌汁

昆布出汁でざく切りにした白菜を煮てたら卵を落として半熟に煮固め、味噌を溶き入れた味噌汁。ちなみに本日の卵は冷凍していたものです。

ゆず白菜

ゆず白菜

本日の漬ものはゆず白菜

菜の花おろし和え

190118_ienomi_2

茹でた菜の花を大根おろしと合わせ、しょうゆをかけて。今年初の菜の花、春近し。

豚肉の梅しそ蒸し

豚ロースの梅蒸し

叩いた梅干し、大葉のみじん切り、みりん、酒を合わせてペースト状にしたものを、豚ロース薄切り肉に塗り、その上に肉を重ねまた梅ペーストを塗る、を繰り返します。全部重ねたら3等分してフライパンに並べ、酒をまわしかけて蓋をして蒸し煮に。豚肉に火が入ったら千切りにした白ねぎを加え、さっと蒸したら完成。

言葉で説明しにくいんですが、とにかく梅ペースト塗って蒸して、旨味がたっぷりの蒸し汁をねぎにまとわせたものです。元ネタはかのベストセラー「ごちそうさまが聞きたくて」であります。

梅と大葉の風味で豚肉をさっぱりと食べる。暑い時期にも箸の進む一品、と言いたいところですが、この時期ほら、白ねぎが立派でしょう。しかも安いでしょう。この手の料理は肉がメインと見せかけて、添えた野菜の旨さも侮れないところがある。太ったねぎを惜しみなく使えるいまの時期にも食べたくなって当然のつまみと言えるでしょう。夏ならビール、冬なら熱燗でいきましょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

しかしこの盛り付けと写真の撮り方では何がなんだかわかりませんね。ただ、ねぎが食べたいという思いだけが伝わる1枚となってしまいました。以前は違ううつわに盛り付けたので、こっちのほうがわかりやすいかな。

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

あ、これも冬だ。2年前の冬に食べている。やはりねぎに引っ張られて食べている。そして2年が経過した今、ねぎの幅が明らかに太くなっている。

私の老眼は、確実に進んでおりますな。近頃どうにも大人の階段上り気味。

 




関連記事

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。 近頃の地味献立連打で益々そ

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

白菜と卵の味噌汁 大根しょうゆ漬け ほうれん草ときのこのナムル さつまいもとひき肉のしょうが煮

さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます。 さつまいもと肉の組み

記事を読む

わかめ卵炒め献立

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

晩ご飯に、お弁当のおかずに、そして酒のつまみに、困った時は卵頼み。 などと卵への多大な

記事を読む

一人晩酌 9/1 豚の蒸し鍋、レンコンとにんじんのきんぴら。

週末は立て続けに外食して、しかもがっつりフレンチとかいっちゃったものだから、心なしか体が重い…。

記事を読む

肉団子と白菜の蒸し鍋

肉団子と白菜の蒸し鍋で家飲み。

3/3は桃の節句。 小さい女の子がいる家庭以外は特別なことはしないでしょうが、スーパー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑