やっぱり私は贅沢がしたい。

公開日: : 最終更新日:2017/12/19 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

モノは少なく、家は小さく。

足るを知る、身の丈暮らしの面白さが語られる場面が増えてきたように感じる今日この頃。

それでも私は贅沢したい、ということを以前も書きました。

関連 足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

あれから2年、やっぱり私は贅沢したがりの模様です。

贅沢なお遊びに興じるたのしさ

香川の酒 川鶴

2015年から細々と続けているお遊びも、先日ついに九州地方に上陸してコンプリート間近となりました。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

別に飲まなくても何ら問題ない、むしろ飲まないほうがよいとされている酒を毎日のように飲んでいる時点ですでに身に余る贅沢ではありますが、さらにわざわざ目当ての地域の酒を求めて酒屋や物産展を巡ったり、通販に手を出したりしている。

新しい酒を開ける日は昼時から心躍り、さて、つまみは何にしようかとあれこれ考え、ちょちょっと作って写真に収め、酒の個性を見極めるべく、稚拙なテイスティング能力を駆使してウンウンうなり、そして最後に一連の流れをここに書き上げるまでのワンセットで面白みがある。

冷静に考えればなんと酒に翻弄された1日か。そしてなんと贅沢なお遊びをしているのだろうか、と感じるのです。

これ、日常にあるささやかな小さな幸せ、とかそういうほんわか話じゃないですからね。リアル贅沢、言い換えれば酷い時間の無駄遣いであります。

関連 ブログ更新は人生の貴重な時間の無駄使い。

日本酒ツアーは希少銘柄とか高級酒を狙って飲むというコンセプトではないので、金額にすれば大したことはない。しかし、贅沢な行為であることに変わりなく。

そしてせっかく美味い酒を飲むのなら、合わせるつまみもこだわってみたいという憧れはあるのです。基本的になんてことない食材で作れる簡単なつまみが好きだけれど、近所のスーパーでは手に入らないような産地直送の野菜やら魚介類をお供に、なんて晩酌もいいなあと。

が、いかんせんわたくしはナマモノお取り寄せに不向きな一人暮らし。さらには週末に友人を招いてホームパーティーを開くようなナイスな人柄でもないものですから、例え取り寄せたとしても絶対に食材を持て余してしまう。

そう考えると、手が出せないんですよね。ていうか、出したこともないんですけどね。

という話を先日とあるイベントにてお会いした方に愚痴ったところ、

「いやいや、一人暮らしの方でも大丈夫な量のもの、フツーにありますよ?」

と言われてしまいました。そうなの?

生産者から直接食材を購入する贅沢

chiayi_36

私がブーブー愚痴ったお相手とは「ポケットマルシェ」の運営の方。

ポケットマルシェとは、農家、魚師などの生産者のみが食材を出品しているオンラインマーケットのスマホアプリ。なるほど、ポケット(に入る)マルシェ(市場)という名前通りの仕組みですね。

参考 旬の食べものをそのまま農家・漁師から。(ポケットマルシェ)

ポケットマルシェは全国の農家さん・漁師さんと会話しながら食材を買えるスマホアプリです。

今日日産地から食材をお取り寄せ、なんてさほど珍しいことではないけれど、ポケットマルシェの特徴は「生産者」のみが出品しているところ。購入者はもちろん、出品者もスマホだけで簡単に取引ができるシステムになっていることから、今までネット通販に無縁だった農家さんなども参加されているようです。

さっそく出品リストをチェックしてみると、やはり大勢で平らげたい大盤振る舞いな量の商品がズラリ。でも、よくよくみると野菜でも小量のセットがあるし岩牡蠣5つとかなら全然いけそう。

ほほう。

一人でも食にこだわる贅沢

taitung_127

一人の食事なら自炊さえ非効率と言われる便利な時代、時間や費用のことだけを考えれば、スーパーの惣菜あたりを買ってくるのが最も効率的、ではあります。

関連 1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

でも、作り手の顔が見える食材を生産者から直接取り寄せて調理する、なんて手間のかかる選択もできるわけで。

中食や外食は一切ナシ、近所のスーパーも使わずに、全ての食材を産地直送の安心、安全、美味しいものに切り替える!と徹底するのはなかなか難しいけれど、日本酒ツアー同様時々取り入れてみたらこれまた贅沢でちょっと面白そうだな。などと、出品リストを眺めるだけで妄想が広がる私。

この妄想を後日うっかり口にしてみたところ、

「では商品を提供するので、ポケマルアプリを体験してみて下さい」

というなんともありがたいご提案をいただきました。あら、思いがけず憧れの産直通販のお取り寄せ食材による贅沢晩酌を試す機会が訪れましたよ本当にありがとうございます。えへへ、また贅沢な夜が増えちゃうなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

とはいえ、作るのは自分ですからね。高度な調理技術を一切持たない私が作るつまみが果たして「贅沢晩酌」と呼べるのかという懸念はあるものの、いやはや楽しみです。

※ 届きました!
関連 信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。




関連記事

茄子とトマトのバジル炒め

茄子とトマトのバジル炒め、キャベツの生姜醤油和え。

絶賛粗食生活満喫中、及び必要最低限の調味料しか持たない、さらに普通の食材を使う、がモットーの

記事を読む

150117k2

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

move

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

daikanyama24

重たい仕事とカタルシス。

重ための仕事には朝一で取り組んだ方が段取り良く片付くであろうという先延ばし、もとい建設的な戦

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

singlehouse

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は

記事を読む

By: Bart Speelman

シェアハウスは居酒屋に似ている。

By: Bart Speelman[/caption] 華麗にスルーしているけれど、おまえ引

記事を読む

By: Ding Yuin Shan

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

setagaya_15

大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会った小さいお友達にそう言われたの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ひとりぜいたく晩酌帖
自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたの

accessories_4
イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来

玉ねぎの卵炒め献立
玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかな

award
2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベ

白菜と卵の味噌汁 大根しょうゆ漬け ほうれん草ときのこのナムル さつまいもとひき肉のしょうが煮
さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます

→もっと見る

PAGE TOP ↑