やっぱり私は贅沢がしたい。

公開日: : 最終更新日:2017/12/19 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

モノは少なく、家は小さく。

足るを知る、身の丈暮らしの面白さが語られる場面が増えてきたように感じる今日この頃。

それでも私は贅沢したい、ということを以前も書きました。

関連 足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

あれから2年、やっぱり私は贅沢したがりの模様です。

贅沢なお遊びに興じるたのしさ

香川の酒 川鶴

2015年から細々と続けているお遊びも、先日ついに九州地方に上陸してコンプリート間近となりました。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

別に飲まなくても何ら問題ない、むしろ飲まないほうがよいとされている酒を毎日のように飲んでいる時点ですでに身に余る贅沢ではありますが、さらにわざわざ目当ての地域の酒を求めて酒屋や物産展を巡ったり、通販に手を出したりしている。

新しい酒を開ける日は昼時から心躍り、さて、つまみは何にしようかとあれこれ考え、ちょちょっと作って写真に収め、酒の個性を見極めるべく、稚拙なテイスティング能力を駆使してウンウンうなり、そして最後に一連の流れをここに書き上げるまでのワンセットで面白みがある。

冷静に考えればなんと酒に翻弄された1日か。そしてなんと贅沢なお遊びをしているのだろうか、と感じるのです。

これ、日常にあるささやかな小さな幸せ、とかそういうほんわか話じゃないですからね。リアル贅沢、言い換えれば酷い時間の無駄遣いであります。

関連 ブログ更新は人生の貴重な時間の無駄使い。

日本酒ツアーは希少銘柄とか高級酒を狙って飲むというコンセプトではないので、金額にすれば大したことはない。しかし、贅沢な行為であることに変わりなく。

そしてせっかく美味い酒を飲むのなら、合わせるつまみもこだわってみたいという憧れはあるのです。基本的になんてことない食材で作れる簡単なつまみが好きだけれど、近所のスーパーでは手に入らないような産地直送の野菜やら魚介類をお供に、なんて晩酌もいいなあと。

が、いかんせんわたくしはナマモノお取り寄せに不向きな一人暮らし。さらには週末に友人を招いてホームパーティーを開くようなナイスな人柄でもないものですから、例え取り寄せたとしても絶対に食材を持て余してしまう。

そう考えると、手が出せないんですよね。ていうか、出したこともないんですけどね。

という話を先日とあるイベントにてお会いした方に愚痴ったところ、

「いやいや、一人暮らしの方でも大丈夫な量のもの、フツーにありますよ?」

と言われてしまいました。そうなの?

生産者から直接食材を購入する贅沢

chiayi_36

私がブーブー愚痴ったお相手とは「ポケットマルシェ」の運営の方。

ポケットマルシェとは、農家、魚師などの生産者のみが食材を出品しているオンラインマーケットのスマホアプリ。なるほど、ポケット(に入る)マルシェ(市場)という名前通りの仕組みですね。

参考 旬の食べものをそのまま農家・漁師から。(ポケットマルシェ)

ポケットマルシェは全国の農家さん・漁師さんと会話しながら食材を買えるスマホアプリです。

今日日産地から食材をお取り寄せ、なんてさほど珍しいことではないけれど、ポケットマルシェの特徴は「生産者」のみが出品しているところ。購入者はもちろん、出品者もスマホだけで簡単に取引ができるシステムになっていることから、今までネット通販に無縁だった農家さんなども参加されているようです。

さっそく出品リストをチェックしてみると、やはり大勢で平らげたい大盤振る舞いな量の商品がズラリ。でも、よくよくみると野菜でも小量のセットがあるし岩牡蠣5つとかなら全然いけそう。

ほほう。

一人でも食にこだわる贅沢

taitung_127

一人の食事なら自炊さえ非効率と言われる便利な時代、時間や費用のことだけを考えれば、スーパーの惣菜あたりを買ってくるのが最も効率的、ではあります。

関連 1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

でも、作り手の顔が見える食材を生産者から直接取り寄せて調理する、なんて手間のかかる選択もできるわけで。

中食や外食は一切ナシ、近所のスーパーも使わずに、全ての食材を産地直送の安心、安全、美味しいものに切り替える!と徹底するのはなかなか難しいけれど、日本酒ツアー同様時々取り入れてみたらこれまた贅沢でちょっと面白そうだな。などと、出品リストを眺めるだけで妄想が広がる私。

この妄想を後日うっかり口にしてみたところ、

「では商品を提供するので、ポケマルアプリを体験してみて下さい」

というなんともありがたいご提案をいただきました。あら、思いがけず憧れの産直通販のお取り寄せ食材による贅沢晩酌を試す機会が訪れましたよ本当にありがとうございます。えへへ、また贅沢な夜が増えちゃうなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

とはいえ、作るのは自分ですからね。高度な調理技術を一切持たない私が作るつまみが果たして「贅沢晩酌」と呼べるのかという懸念はあるものの、いやはや楽しみです。

※ 届きました!
関連 信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。




関連記事

福岡の酒 神力

福井の酒 富成喜 神力米 かすみ生原酒で晩酌 冷しゃぶわかめおろし和え献立。

本日は福井の酒で晩酌です。 勝手に日本酒全国ツアー なぜ福井かと言うと、近頃お気

記事を読む

1月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Alexey Kljatov[/caption] 定例ポストです。 昨年の夏か

記事を読む

晩酌献立5品

わさび菜とツナの和え物、かぼちゃの塩煮。

休肝+休胃明けの夜。 休肝日って週に2日くらい設定したほうがいいらしいので、さてこれからど

記事を読む

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

なぜ捨てられないのか、わからない。

結構勢いよく捨てているように思われるかもしれませんが。 夏ものに着手する前から、何度も

記事を読む

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

真澄純米吟醸辛口生一本

長野の酒 真澄 純米吟醸で晩酌 甘くないだし巻き染めおろし、きくらげと大根の和えもの。

甲信越地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越とコマを進めています。 関連

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

好きなわけでも、似合うわけでもないのになぜかやたらと豊富に取

おばさん愛用コスメはごま油とニベア。

By: Justus Blümer 最近、愛用化粧品について質

→もっと見る

PAGE TOP ↑