ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

公開日: : 旅人への道, 食べること

NYfoods_29

食事は旅のお楽しみのひとつ。

その土地ならではの味や雰囲気、匂いなんてものを求めてさてどこで何を食べるべきかとあれこれ考えるのは楽しいものです。

しかし今回の旅はアメリカ。世界トップレベルの高級レストランもズラリのニューヨークだけど普段着的なアメリカンフードとなるとどうしてもジャンクでメガ盛りハイカロリーなTLC番組風なアレ、もしくはやたらめったらヘルシーなオーガニック系か、というステレオタイプなイメージを持つ私です。

よって今回の旅、正直なところ食事への期待値は低かったのですが、雑な食事も異文化体験という意味合いでは面白かったです。
(※2016年12月末時点の情報、日本円表示は1ドル=121円)




やっぱり食べたいアメリカのハンバーガー

NYfoods_6

初日は午前にJFK空港着。その日の夜にミュージカル鑑賞を入れていたので早い時間に酒でも飲んでちょこっとホテルで休んでから出かけましょうということに。

関連 ニューヨークで夜遊び ミュージカルとジャズクラブ。

酒が飲めて軽く食事ができそうな店はどこかしらと歩いていて発見した「PUB」の文字に惹かれて入店。ホテル付近は飲食店が山盛りあったので助かりました。

NYfoods_8

やっぱりハンバーガー食べたいよね、ということでビールと一番シンプルなGRILLED BEEF BURGERをオーダー。ニューヨーク上陸初ビール。美味い!

NYfoods_9

チーズをプラスしたバーガーはサイドにフレンチフライかコールスローが選べて17ドル(=約2,050円)。肉の味が濃くてなかなか美味でした。それにしてもピクルスのデカさよ。

驚いたのはオーダー時、肉の焼き加減をかなり細かく聞かれたこと。こんなカジュアルな店のハンバーガーでも焼き加減云々って気を使うものなんですね。

NYfoods_7

店のジャンルはアイリッシュパブとのことですが、古いアメリカ映画に出てきそうな古風な店内で居心地良し。深夜まで営業しているのでブロードウェイの観劇前後の軽い食事に便利です。

Emmett O’Lunney’s
210 W 50th St New York, NY 10019

カウンターでホットドッグの朝食を

NYfoods_39

ハンバーガーときたらホットドッグも食べておきたい。72stセントラルパーク近くのGRAY’S PAPAYAで朝ドッグにします。

gray's papaya

おお、めちゃくちゃたくさん焼けているではありませんか。
こちらのスタンダードメニューはホットドッグ2つにトロピカルジュースのセット。なぜホットドッグを2つも食べようとするのか、さすがアメリカン。

gray's papaya

メニューにはバナナダイキリとかココナッツシャンパンなんてカクテルのようなドリンクが並んでいるけれどこれ全部ノンアルコールジュースです。

gray's papaya

小さな店内にいきなりのATM。現金しか使えませんよってことなんでしょう。

gray's papaya

そこそこ大食いだと自負しているけれど所詮は小柄なジャパニーズ、今後のことも考慮しておとなしく1つにしておきました。 ホットドッグザワークラウト入り2.5ドル、パパイヤジュース 2.5ドルで合計5ドル(=約600円)。ザワークラウトとオニオンは無料でサービスしてくれます。

サイズは小ぶりなので2つでも余裕で入りそうではありますね。

gray's papaya

食べかけ失礼。うーむ、ちょっとしょっぱいか。

サービスだからと欲張って入れてしまったけどザワークラウトなしの完全プレーンにしたほうがよかったかしら。このボソっとしたパンが肉汁を受け止める感じは悪くないし、アメリカンな、要は薄いパパイヤジュースとホットドッグとの奇妙な相性の良さは新しい発見だっただけにトッピングの選択が悔やまれるところ。普段はトロピカルジュースなんて飲まない私だけれど郷に入れば郷に従え、ここはコーヒーにしなくて正解でした。

gray's papaya

スタンディングのカウンターのみのホットドッグスタンド。アムステルダムアヴェニューを眺めながらの軽い朝食はなかなか気持ちいいのでここはドライバーの兄ちゃんたちに混ざってのイートインをおすすめします。

GRAY’A PAPAYA
2090 Broadway, New York, NY 10023

アメリカンサイズのキッシュでランチ

NYfoods_32

MOMAにてアート鑑賞をした後近くでランチ。

関連 アップタウンとミッドタウン、アート巡りに夜景に公園。

お値段お高めの飲食店が多いエリアでなるだけ安いランチメニューがある店を探したのは別にケチっているわけではなく、量の問題。何せさすがのアメリカンサイズにビビること数回、料金抑えめならば量も控えめなのではないかと考えたのであります。

NYfoods_31

けどそうはならなかった。

NYfoods_33

友人が酒も飲まないのになぜか食べたくなったからとオーダーしたフィッシュアンドチップス。これ、一つが豚足くらいの大きさです。

NYfoods_34

そして軽めに済ませようと考えた私が選んだキッシュをご覧ください。キッシュってこういうサイズで食べるものだったでしょうか。山盛り添えられたシンプルなスピナッチサラダの軽快さが嬉しいランチでしたが、やっぱり量多すぎィ!いずれもお値段は16ドル(=約1,940円)くらいでした。

Papillon Bistro & Bar
22 E 54th St, New York, NY 10022

5番街プラザホテルのクリスマス限定メニュー

NYfoods_12

5番街にある5つ星ホテル、PLAZA HOTEL。この地下がフードコートになっているというので行ってみたらクリスマスのため通常営業はしておらず。特別メニューでお店自体は営業していたのでクリスマス限定メニューのランチをいただきました。

PLAZA HOTEL

ロブスタービスク20ドル(=約2,420円)。スープとフォカッチャだけじゃちょっと軽すぎるかな、なんていいながら食べ始めたところロブスターの身がゴロゴロ入った濃厚なスープがたっぷりでたちまち満腹に。見た目よりもずっとボリュームのあるランチでした。

TODD ENGLISH
1 W 59th St, New York, NY 10019

素朴なフレンチカフェでファーマーズサンド

NYfoods_13

ダウンタウン散策の途中で通りがかった小さなカフェでランチ。

関連 ダウンタウンの街散策、橋から眺める女神の姿。

小さなテーブル席3つとカウンターだけの小さなフレンチスタイルカフェ。常連さんと思しき老婦人との会話から察するにカウンター内にいた男性はアメリカ人、女性はフランス人の模様です。

彼がパリに旅行に行った時にふと通りかかった古いベーカリー。その店のバケットサンドの美味しさだけでなくサンドイッチを包んでくれた店員の美しいパリジェンヌにもたちまち恋に落ちた彼はマンハッタンで一緒にフレンチカフェを開こう、とプロポーズ。2年間の遠距離恋愛を経て、2人は無事ダウンタウンで小さなカフェを開いたのでした。という妄想話を垂れ流してみたところ、ああ、そういう感じ似合うよねこの店、と友人たちも興味なさげに納得してくれました。

すみません、私の勝手な作り話で事実とは異なります。

サンドイッチのメニューが豊富であれこれ迷った末に選んだのはファーマーズサンド8.4ドル(=約1,020円)。パリッと焼けたバケットの中身はローストチキン、ブリーチーズ、タプナード、ドライトマトなど盛りだくさん。バケットも好みのタイプでかなり美味だったけど、デカい、デカいよ。フレンチスタイルのカフェでもサイズはやっぱりアメリカン、ボリュームに妥協はありません。

French Cafe Gourmand
9 Maiden Ln, New York, NY 10038

覚悟はしていたけれどやっぱりどデカイアメリカンスタイル。それほどヘヴィーかつオイリーまものを選ばずともこの調子で食べてたら確実に増量するよね、と納得せずにはいられないのでした。

ニューヨークの食記録、後編へ続きます。

 




おすすめ記事

関連記事

160713ienomi_9

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

砂肝の葱ダレ和え

家飲み献立 2/4 砂肝の葱ダレ和え、三つ葉のサラダ。

昨夜見るぞ!と宣言していた満月ですが、残念ながら見れませんでした。 うぅ。 曇り

記事を読む

にら月見

にら月見、海苔と葱の冷奴。

諸事情により食材を使い切りたい状況になった木曜日。ストックおかずも早めに食べ切ってしまおう、

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

焼き白菜

焼き白菜、切り昆布の煮物で家飲み。

昨日白菜を買い求めたのは鍋にしようと思ったから、というのもありますが、漬物を仕込んでおきたか

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

moalboal_2016_4

ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

またまたやって参りました。 関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 201

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

moalboal-restaurant_1

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

By: sara.lauderdale

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nikon
暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連

愛知の酒 奥
愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれ

sudio_8
線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、

白菜と春雨の煮もの献立
白菜と春雨の煮もの、青梗菜としめじのスープ献立。

夕食を作り始めてから急激にお腹が空いてメニューを変更することは

140830lg
捨てられない無精者あるあると昔の依存。

昨年引っ越した後、久しぶりに収納ができたというのになかなか荷物

→もっと見る

PAGE TOP ↑