味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

公開日: : 最終更新日:2020/11/16 食べること

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく酒を断つこととなりました。

しばらくってもアナタ、せいぜい1週間程度ですけどね。

酒を飲まないとなれば、いつもに増して質素な食卓になるのは毎度のこと。

そうです、味噌汁、漬もの、ごはんを主軸とした粗食夕食献立週間2020の幕開けです。

酒を抜く目的は

前回の粗食献立週間を実行したのは、2年前のこと。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

なかなか治らないニキビ対策として、酒を断つ実験をしたのでした。そういや、例のニキビ、いつのまにか治ってたな。あれからもう2年経つのか怖い怖い。

今回の酒断ちにもいろいろ目的があるのですが、メインは長引きまくっているアレ。手の、アレ。これがもう、びっくりするほど治らなくてですね。

手湿疹治療に、綿手袋を追加。

次に手ネタを書くときは完治報告だと決めているものですから、ここであれこれ書きませんけどもね。参っちゃうねまったく。

予想に反して長引いているこの症状は、飲酒が原因ではありません(と思いたい…)が、ここは心を鬼にして最後のひと押し、気合いで酒を抜くことにします。

味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

さて、酒抜き期間の基本姿勢は2年前と同じ。

いつもの晩酌同様、いや、それ以上に特別なことはせず、地味で質素な夕食を繰り広げるつもりです。酒も飲めないのに酒がすすむつまみ、もといおかずつくってもしょうがないからね。切なくなるからね。

わたくし年がら年中酒酒いうてますけども、飲まないなら飲まないでやり過ごせる体質でもあります。味噌汁と漬ものがあれば、わりと幸せです。肌にも、胃腸にも、財布にも、そして時間にもやさしい粗食献立、やってみるとそれなりにおもしろいし。

などと余裕かませるのも、禁酒明けの飲み予定をすでに入れているという鼻先にんじん方式のなせる技でありますが、酒を飲まなければできることが増え、時間に余裕ができることはすでに経験済み。

酒を飲まない1週間 もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。

この機会に、普段酒にかまけて先送りにしてしまっている瑣末な用事もちゃっちゃと済ませてしまおうと目論んでおります。実は仕事も結構忙しかったりします。

たった1週間だけど酒抜き+粗食でリセットして、クリーンなニューなcrispyになるのだ。うふふふふ。




関連記事

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

白菜の卵とじ献立

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服

記事を読む

ぶりとわかめのしょうが蒸し献立

ぶりとわかめのしょうが蒸し、新玉ねぎの海苔サラダ献立。

わかめをもモサモサ頬張りたくて、わかめの相方を探す旅に出る。 魚とわかめを蒸す。いい。

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し

一人晩酌献立 鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し、水菜と油揚げのサラダ。

週末に外食が続いたせいか、山盛りの野菜が食べたくて食べたくて。 そうでなくても基本葉野菜を

記事を読む

野菜たっぷり晩ご飯 9/24 鶏スープ春雨。

昨夜はなんとなく肉々しかった。 よって、本日は野菜多めで簡単なメニューにしよう、と決め

記事を読む

家飲み献立 12/20 塩手羽大根、なめこ湯豆腐。

今朝改めてカレンダーを確認してびっくり。思わず二度見。 なんと、もう20日とは! 12月も

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

新玉ねぎのグリル

新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢献立。

新玉ねぎとくれば、その柔らかさを活かす生食が基本ですね。 オニオンスライス、大好きです

記事を読む

Comment

  1. バジル より:

    和食いいですね!お味噌汁もネバネバ兄弟もおいしそうです。
    日本の例のあれの感染者数が少ないのも、味噌や醤油の発酵食品を摂っているからという説もありますしね。免疫力も上がるのかもしれません。湿疹早く治りますように。

    私も脇に湿疹があるので、和食にして体調改善実験したいとは思うのですが、パン・コーヒー中毒なのと、自分が作るお味噌汁がまずいので、なかなか実行に至っていません。ここは練習ですね〜。

    • crispy-life より:

      バジルさん

      もーう、湿疹も例のアレもなかなか落ち着いてくれませんね。どうしてくれよう。

      粗食が対策になり得るのかはわかりませんが、体に悪いこともないと思うので、休肝日はこのスタイルを続けます。もともと好きですし。さらにわたくし、自作飯に甘く、自分が作った大概のものは美味しくいただけるという特技があって便利です。無論、お味噌は美味しいものを選ぶようにはしておりますが。

      お互い早く痒みから解放されますように。

  2. leck より:

    こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
    手の炎症に長らく悩まれているとのこと、お見舞い申し上げます。

    突然ですが、インドの伝統医学アーユルヴェーダはご存知でしょうか。
    アーユルヴェーダでは特に夏〜秋に「ピッタ」という火のエネルギーが乱れやすく、様々な不調をもたらすと考えられています。皮膚の炎症はピッタの乱れが原因である不調の代表格といわれています。
    もしかしたら筆者様はピッタが乱れやすい要素をお持ち(ピッタ体質)なのかもしれないなと思いました。

    ピッタの乱れを改善する方法として、食事では塩分、酸味、刺激物を控え、代わりに生野菜や甘みのある野菜、果物を取ることがすすめられています。

    私自身、この夏に足の付け根あたりに痒いじんましんが出て困ってしまったのですが、食生活を見直し、ココナッツオイル(ピッタを鎮静する作用ありといわれています)を患部に朝晩ぬって過ごしたところ、かなり改善してきました。

    分かりやすく解説してあるサイトがありました。
    https://www.ayurvedalife.jp/detail_dosha_pitta.aspx

    https://www.jnhc.co.jp/smart/second/entry/post-8/

    私はアーユルヴェーダの専門家でもなんでもないのですが、何らかの改善のヒントになればなと思います。ご参考まで。

    • crispy-life より:

      leckさん

      コメントありがとうございます。

      アーユルヴェーダについては「ごま油こめかみに垂らしたりする、なんか気持ち良さそうなヤツ」くらいの曖昧なイメージしかもっておりませんでした。なるほど、個々の持つ要素に応じて対処法が異なるのですね。ご紹介くださったサイトも拝読したいと思います。

      すぐに治るだろうとたかをくくっていたら思いの外長引き苦戦しています。完治報告ができる日を目指し、粘り強くがんばります〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑