里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

里芋のねぎ塩炒め

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ!

そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩炒め。素材の組み合わせの妙を楽しむにはうってつけの一品です。

この料理の美味しさのポイントは里芋の表面がとろりとしたところにねぎの風味が絡むところにあると思うのですが、この感じってなんだっけ。

他にもこういう美味しさを持つ料理がある気がするのです。

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

  • 大根と春菊の味噌汁
  • ぬか漬け
  • キャベツのおかか和え
  • 里芋のねぎ塩炒め

大根と春菊の味噌汁

大根と春菊の味噌汁

昆布と鰹節でとった出汁で油揚げと大根を煮て、味噌を溶き入れます。最後に刻んだ春菊を散らしてさっと火を通したら完成。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツの芯。ごまをまぶして。

キャベツのおかか和え

キャベツのおかか和え

ざく切りにしたキャベツをさっとゆでて水分をしぼり、しょうゆと鰹節で和えます。

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め

里芋は蒸して皮をむいておきます。フライパンに油と小口に切ったねぎを入れて熱し、ねぎに火が入ったら里芋、粗塩、湯を加え、芋を温めるように炒めます。里芋の表面がとろりとしてねぎが全体にからんだら完成。

里芋とねぎだけのシンプルな一品。ねぎはけちらずたっぷり準備するが吉です。中華料理風の味付けなのでビールや紹興酒もよく合うのだけど、今日もまたまた熱燗で。

日本酒にあうおつまみレシピ

ねぎ風味の油が、芋にとろりとまとわりつく、この旨さ。

少量の水分を加えてねっとりと仕上げる感じは、パスタソースの乳化に通じるところがありますね。エマルジョン。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

蒸した里芋に生のねぎを散らして塩を振って食べたら、それはそれで別の旨さがあるけれど、こんな一体感は生まれない。

191113_ienomi_2

ああ、油の力、侮りがたし。

ちなみに油は相変わらず太白ごま油を使用しています。香りのしないごま油なんて使う意味ある?と以前は太白を軽視していたものですが、今ではすっかり愛用者となりました。とはいえ普通のサラダオイルと同時に使い比べたことはなく、何がどういいとは明言できない。

今日みたいなシンプルな料理で比べてみたら、違いはハッキリわかるのかしら?

 




関連記事

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

菜脯蛋 切り干し大根入り卵焼き。

菜脯蛋、トマトと新玉ねぎの黒酢和えで晩酌。

先日友人から急に声がかかり飲みましょうということになり、何食べたい?と聞けば餃子、という返答

記事を読む

すき煮献立

すき煮、きのことほうれん草のおひたし献立。

牛肉とねぎを使ってさあどうしましょうと考える。肉豆腐はどうだ。最近豚肉を使うことが多かったから、た

記事を読む

鶏じゃが

家飲みメニュー 鶏じゃが、つるむらさきのおひたし。

近所でダウンジャケットを着用している女性を見かけて、さすがにまだ早くない?なんて思ったら外国人の

記事を読む

大根ステーキ他全5品で晩酌。

ひゃー。 今日はまた寒かったですね。 耳まですっぽり覆うニット帽で買い物に出掛けたら

記事を読む

あさりと白ねぎライム塩

あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料を使った献立の順番が回ってきて

記事を読む

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

休肝日ごはん 

休肝日ごはん 焼きなす、島オクラとわかめの味噌汁献立。

夏野菜の中でも特に好きなオクラ。 今年はなかなか夏らしい天候にならなかったせいか、いい

記事を読む

雁木 夏 辛口純米

山口の酒 雁木 夏 辛口純米で晩酌 ホタルイカの酢味噌和え。

中国地方コンプリート! 4月、5月は順調に駒を進めた感がありますね。 関連 勝手

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑