セロリと豚肉の塩炒め、三つ葉奴で家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 家飯, 食べること ,

セロリと豚の塩炒め

外食では自ずとご馳走要素の強いメニューを選ぶことになります。

一人で外食する時には家ではまず作らない、作れない料理を食べに行くことが多いし、それが誰かと一緒なら尚のこと。別に高級店とか豪華食材云々じゃなくても、普段は食べない食材が自分ではしない味付けで出てくる時点でご馳走感があります。

ご馳走はやっぱり楽しく美味しいけれど、続くと疲れがたまるのもまた事実。

家でもさもさ粗食で晩酌。華やかさは皆無だけれど、気持ちも胃腸も妙に落ち着くのであります。

セロリと豚肉の塩炒めで晩酌

160330ienomi7

  • 白菜漬け
  • 野菜の味噌汁
  • 三つ葉奴
  • わかめの梅煮
  • セロリと豚肉の塩炒め

野菜の味噌汁

野菜の味噌汁

春キャベツとにんじんをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布で黒七味をパラリ。

三つ葉奴

三つ葉奴

ざっと崩した木綿豆腐に刻んだ三つ葉をのせ、粗塩とごま油で調味した冷奴。

わかめの梅煮

わかめの梅煮

生わかめを梅干しと一緒にさっと煮てみりんと醤油で薄く味付けしたもの。

セロリと豚肉の塩炒め

セロリと豚肉の塩炒め

豚肉は塩胡椒で下味をつけます。油を引いたフライパンで豚肉を炒め、色が変わったら薄切りにしたセロリを加え炒めあわせます。全体的に火が通ったらざく切りにしたセロリの葉を入れざっと混ぜ合わせ塩、胡椒、酒で味を整えて完成。

後は白菜の漬物を添えて全5品。野菜が食べたい欲が満たされた香り野菜たっぷりの献立、お酒はそろそろひやでもいいかな、と思える夜でした。

日本酒にあうおつまみレシピ

セロリの炒め物は塩味か醤油味か迷ったけれど今回は塩で。こんな風に炒め物によし、生でサラダにもよし、漬物やスープにもよし、とクセはあるのに妙に汎用性の高いセロリ。変わったことばっかり言うけどちゃんと話せば妙に物分りがよく意外とみんなに好かれているヤツ、みたいな感じでしょうか。セロリ自体に個性的な味わいがあるから複雑な味付けをせずとも十分戦えるのも心強い。

そして今日の豆腐、時間があったので前からちょっと気になっていた豆腐屋さんまで足を伸ばして入手してきました。駅前のスーパーにある豆腐と比べたら3倍くらいお高いけど、なかなか美味。

食材ってちょっとばかりいいものを選んだところでお値段はたかだかしれている。誰もが気軽に楽しめる贅沢品ってところですね。

 




関連記事

秋刀魚のしょうが味噌汁

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

秋刀魚のアラで味噌汁の出汁をとっても良い。 それがわかったので、どうせなら身も入れてや

記事を読む

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

豚とごぼうの柳川煮

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌。

最近ごぼうを食べてなかったなあ。 ごぼう、好きなんだけどキャベツやら白菜やら大根やらと

記事を読む

油揚げと三つ葉の卵とじ、砂肝のポン酢漬け。

さーむっ!!!! と、思わず叫んでしまう寒い1日でした。 今日は帰りがすごく遅く

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、なすとねぎのサラダ献立。

関西人らしくお好み焼きが好きなのですが、家では作りません。 春日野道 お好み焼き「えみ

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め献立

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め、蕪とツナの煮もの献立。

ボイルホタルイカをパックで購入したら、思った以上に量がありました。 あら、うれしい。う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑