家飲みおつまみメニュー 9/16 焼き厚揚げ、エリンギの吸い物。

公開日: : 家飯, 食べること

焼き厚揚げ

豆腐、納豆、油揚げなどの豆製品は毎日何かしら登場させています。

これは健康のため、とかそういうのではなくて、ただ単に好きだから。

どれも酒のつまみにはもってこいの料理ができるので重宝している食材なのですが、今日の厚揚げもただ焼くだけなのに存在感抜群なのがニクい。

ドカンと1人1つ食べれば結構ボリュームもあるのでお腹にたまるのもいい感じです。

焼き厚揚げで晩酌

焼き厚揚げ

糠漬け

糠漬け
今日の糠漬けはにんじん、かぼちゃ、大根の皮の3種。普段大根を漬ける時は皮ごとなのですが、これは先日別の料理に使った皮を再利用したもの。

エリンギの吸い物

エリンギ 吸い物

昆布出汁で薄切りにしたエリンギを煮て塩と醤油で薄く味付けをしたお吸い物。すだちで香り付けしました。エリンギの余りがたくさんあったので節操なく山盛り入れましたが、こんなに入れなくてもきのこの香りは十分楽しめるはず。

水菜のおろし和え

水菜のおろし和え

茹でた水菜を大根おろしとポン酢で和えました。仕上げに黒七味をパラリ。

焼き厚揚げ

焼き厚揚げ

フライパンで両面かりっと焼いた厚揚げにたっぷりのさらしネギとおろし生姜をのせて。オクラも一緒に焼きました。厚揚げはしょうゆで、オクラは塩でいただきます。

後は先日の残り物のきんぴらを添えて完成。
大根おろしは相変わらず苦手だけれど、焼くだけ、和えるだけでできるメニューは正義だよねえ。

と、肉も魚もない華やかさに欠ける食卓になりましたが、こういう超絶地味な食事も大好物。
日本酒が進んじゃうよねえ、とウキウキ呑み始めたらすぐに足りなくなっちゃって最後は仕方なくビールを呑む羽目になってしまいました。準備不足ですな。いいんだけど、ビールでも。

家飲みブログ

シンプルな焼き厚揚げにもいろんな食べ方があるけれど、やっぱり私はオーソドッックスなネギ+しょうがのコンビが好き。
ネギの小口切りと言えば万能ネギのイメージが強いですが、私は断然白葱派。小さくて青いネギのほうが美しいのだけれど、料理活用度で言えば断然白葱に軍配が上がると思うのですがどうでしょう。

まあ、こういうのは単に好みとか出身地の文化によるところが大きいのかもしれません。醤油だってどちらかを選べ、と言われたらやっぱり薄口を選んじゃうもんなあ。

 




関連記事

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

きのこ鍋

鍋で家飲み きのこ鍋。

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。 早々に手を出すと真冬に耐えら

記事を読む

れんこんと豚肉の黒酢炒め

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープ献立。

しょうゆや塩、酢などの基本調味料と比べると、黒酢とのお付き合い歴は浅めです。 トマト黒

記事を読む

焼ききたあかり

焼ききたあかり、ほうれん草と豚肉のからし和え献立。

2020年最初の晩酌記事です。 といいつつ、年末に撮った写真がまだ少し残っているので小

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

家飲み献立 10/20 蒸し野菜のごま塩だれ、豆腐の生姜あんなど。

今朝の天気予報では夕方曇るものの雨は降らない様子だったので安心して出かけたらどんどん雲行きが

記事を読む

せせり鍋

一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。 まあそうでなくても冬場は鍋率が高くな

記事を読む

豚しゃぶ香味ダレ

豚しゃぶ香味ダレ、切り昆布の煮物。

今日は少し遠くにある安くて品揃え豊富なスーパーに寄れたので、珍しく食材をまとめ買い。

記事を読む

家飲み献立 9/17 三つ葉と豆腐のサラダ、わかめ炒め他全5品。 

今日は午後4時くらいから猛烈にお腹が減ってそわそわしました。 あまりの空腹に何かおやつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

4年ぶりの診察、所要時間は約3分

手湿疹ネタ連投で恐縮ですが、結局病院に行きました。症状的には

汗疱来たりて、酒を断つ。

かゆい!かゆいったらありゃしない。高頻度の手洗い・消毒が原因

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢

手湿疹ケア1ヶ月
手指消毒で手がツラい。

ひどい手湿疹が再発してしまい、うなだれています。薄れゆく記憶

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑