ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

公開日: : 健康と美容, 家飯, 旅人への道, 食べること

1809soup_4

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重くなります。

それは海外国内旅行に限らず、滞在先が実家だたとしても同じこと。

よって、旅から戻ったらまずはスープを食し、疲れた胃腸を調整する。

帰宅後はきのこスープでリセット、がここ最近の旅のお約束になっています。

あっさりきのこスープ

きのこスープ

リセット用スープに決まったレシピはなく、共通しているのはきのこが入る点のみ。きのこスープなんだから当然といえば当然ですね。

いれるきのこも特に決めておらず、その時目に付いたものを入れるだけという雑さです。いろんな種類を混ぜたほうが香りも旨味もアップするのだけれど、今回はあまり大量にならないようにえのきとしめじの2種だけ。

ほぐしたきのこを鍋に入れて加え、蓋をして煮ます。きのこ出汁がしっかり出たところに豆腐を入れ、塩と胡椒、ごま油、黒酢で味付けすれば出来上がり。

今回はなんとなく肉気分じゃなかったのであっさりきのこと豆腐だけのスープになりましたが、ひき肉とか手羽先なんかが入るとボリュームが出て豪華になります。

旅行太り解消、3日で元に戻すリセット方法。

きのこスープを食べると、ああ帰ってきたなあという気になる不思議。さらに家を空けている間は食べていなかった素焼きナッツをポリポリやって胃も腸も落ち着きを取り戻したようです。

ひとんちの食卓

curry

両親宅に滞在している時はありがたく食事をご馳走になりました。

私が団子を練らない理由。

普段自宅でご飯を食べることがほとんどないもので、ルーで作る普通の家カレーってのもかなり久しぶりに食べたような気がします。

しかしひとんちの普段の食卓ってのは面白いですね。「ひとんち」って自分の親の家ですけども、私が実家暮らしだった頃と夫婦2人で過ごす今とでは食事情もすっかり様変わりしているので、まさに人様の日常を覗き見といった気持ちになれます。

マドンナこと母は料理が苦手とはいえこの道50年のベテラン主婦。大抵の料理はそつなく美味しく作れる人ですが、献立がなんとなくおかしい。

例えば写真のカレーの日にはサラダと共にとろろいもをすすめられ、ってまあこれは残り物を食べてくれっていうオファーだったんですが、別の日にははりはり煮とそうめんとポテトサラダという増量目的の力士飯さながらの布陣。しかも量が半端ない。

父の好物であるはりはり煮は、私も自宅でよく作っております。

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

そう、これ、春雨が入ってるんですよ。父が春雨とか葛切りが大好きなので、母のはりはり煮には春雨がてんこもりで含有されているのですよ。別名「まめそうめん」とも呼ばれる春雨を使ったおかずの横に当然のように添えられるそうめん。そしてとどめのポテトサラダ。もちろん、主食としてのご飯も忘れまい。

「お父さんが物足りないっていうから」

ついついこのような組み合わせになってしまうと母はいうけれど、それは母が胃拡張メニューを提供し続けた結果なのではと思わなくもありません。まさに卵と鶏論。

いずれにせよ、毎日モリモリ食欲旺盛で天晴れ天晴れ。

 




関連記事

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

鮭の和風ポテトサラダ、ピーマンの丸ごと煮献立。

36度ですって。 今週頭は寒いとかなんとか言ってたのに、36度ですって。 こう暑

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

家飲み献立 9/15 砂肝塩焼き、にら月見、ザーサイ奴など。

今日は連休最終日ですか。 みなさんお出かけしました?私はどこへも行きませんでしたが、そろそ

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

ベトナム国内線で予約トラブル発生す。

ニャチャンでこれ以上ないほどだらだら過ごした後は、再びホーチミンに戻ります。 往路は寝

記事を読む

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

今日捨てたもの イッチスクラッチサイクル。

By: Jason Trbovich[/caption] 得意のLINEスタンプ顏を封印して

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑