苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

公開日: : 最終更新日:2020/03/22 これからの働きかた

ringnote

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばならない機会が多いこの頃。背景や用語を調べつつの作業にやたらと時間がかかることに辟易し、プロに思いをぶつけました。

「どのように訓練すれば、書くべきことを素早く、そして的確にまとめられるのでしょうか」

情報の正確性もさることながら、スピードも求められる某紙記者氏曰く

「ものによります」

とのこと。そりゃそうか。

書くのが苦手な人の方が、書くのが上手くなる理由

パシフィックセブリゾート 室内

新人記者の登竜門は事故系記事なのだとか。確かに、交通事故などを報じる記事に必要な要素はほぼ決まっており、テンプレに当てはめて書きつつ技術を鍛えていく工程は、なるほどなあと思います。

「例えば会見の記事を素早く正確に書け、と言われたらもちろん書けますけど、私は今すぐ意図的にバズらせる記事は書けないし、求人広告とか特殊なものだって、ある程度慣れないと多分書けない。そいうことです」

そうですか。何のために書く文章かによって、トレーニング方法も変わる。ごもっとも。

メモのちからと超スピード文章術。

テンプレに当てはめるとか、決まった構成に沿って書く作業は、相当力のつくトレーニングのような気がします。幼少時にひらがなの練習でやった「なぞり書き」みたいなもので、お手本を真似ることで正しい形やバランスの取り方が、自然と身についてゆく。一方で、自己流・デタラメで長らく進んでしまった場合、生まれ持ったセンスや才能のある人なら自己流で見事に花開くが、そうでないほとんどの人は正しい方向への矯正が難しく、応用が効きにくくなるという危険性をはらんでいる。

文章力に限らず、苦手意識のある人ほど書物なぞを参考にしながら体系立てて基礎から学ぼうとするため、結果的には「なんとなく得意かも」という人以上のスキルを手に入れるのではなかろうか。しかも、最短距離で。

英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

そう考えれば、苦手意識って、結構いいものですね。いや、「いい」のは苦手意識じゃなくて、己の現状を認識し、一から学べる素直さのほうか。

正しさなんて誰にも求められないブログの文章や、テンプレで書けちゃう晩酌ネタはともかくとして、未知の分野について書くことについては、私も大いに苦手意識を持っている。しばらくはこの苦手な作業が続きそうなので、いまさらのなぞり書きでも写経でもやるしかないですね。最短距離とは言わないけど、コツコツ筋トレ。

 




関連記事

一人で生きていくために大切な、稼ぐ力。

近頃、公私ともに「働くこと」に関連した話題を見聞きすることが多い。時期が時期だし、働き方改革

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

Clubhouseが怖い。

先日から散々迷いまくっていたスマホ問題について、続報です。脱携帯から早10年。これ以上はも

記事を読む

40代フリーランス、就職したい金曜日。

金曜日ですね。 残念ながら今のところそんな可能性も予定もありませんが、就職したいです。

記事を読む

50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が出てきて驚く。それは、あれ?こ

記事を読む

副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手企業にお勤めのエリートだし、特

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

世は大副業時代。いや、「複業」時代。 社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑