ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

公開日: : 最終更新日:2018/03/19 生き方と考え方, 読書




hand

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を遅ればせながら読みました。

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年に働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

2025年。

もうすぐそこまで来ていると感じられる「未来」です。

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する

私はその頃まだ50代。「働く」ということを卒業している年齢ではありません。というか、私たちの世代は70過ぎたら年金だけで生活なんてわけにはいかず、体が動く限り、そして仕事がある限りは働き続けることになるでしょう。なんて考えていると昭和に生まれて日本がイケイケどんどんだった頃も見ている自分にとって、時代が変わったことを認識するのは案外難しかったかも。

私のように特別なスキルを持っていない「凡人」が、何の手も打たずに目先の収入だけを考えた生活を続けていれば、本書で表現されているような「孤独で貧困な人生」になることは避けられないでしょう。

関連 シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私は基本的に1人が好きなので「孤独」にはめっぽう強いと自負しています。でも「貧困」には弱い。貧しい生活はしたくないがために、ついつい目先のことを考えて動いてしまいそうになります。今まさに人生を再構築しようともがいている最中ですが、元々何もできない人間がどれだけ主体的に動いたところで「自由で創造的な人生」なんて手に入るわけがない、なんて悲観的になったりもします。

でも、だからと言って動かないということもできない。「やらなかった後悔」はしたくないからです。

 

望まない選択肢にきっぱりノーと言う

チャレンジは時にリスクとなり得ます。しかし「みんながしている普通の生き方」をするだけで「普通の生活」が手に入る時代はもう過ぎていて、しかも一般的な生活イコール自分の幸せではないということに気づいてしまったらもう手に負えない。リスクを負ってでも動かざるを得ないんです。

結局本書の内容は次の一文に集約されている気が。

自分がどういう人間なのか、人生でなにを大切にしたいのかをはっきり意識し、自分の前にある選択肢とそれぞれの道を選んだ場合に持っている結果について、深く理解しなくてはならない。そのためには、自分が望まない選択肢にきっぱりノーと言う姿勢か必要だ。

普通はそうだから、みんながしているから、40過ぎたから、女性だから、なんていうエクスキューズに逃げ込まないで自分自身の選択で人生を切り開いていく。

ああ、なんて恐ろしい!

関連 ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる

でも、これができないと自分の望む人生は手に入らないことも事実。日本に生まれ育ったことはとても幸運なことだと思うし、いつ銃弾が飛んでくるかもわからず怖くて一歩も外に出れない地域で暮らす人のことを考えればもの凄く贅沢を言っているのはわかっているけれど、私の人生は誰かのそれとは切り離して考えるべきでもあって。

なんて、どんどん混沌としていきます。

以前選択肢過多に関する記事でも書いたように、情報を得れば得るほど雑音も同時に拾ってしまい、何が自分の本心なのかがわからなくなる時もあります。けれど少なくとも今の状況を作り出したのは誰でもなく私自身。そして、きっと、間違ってはいないと思いたい。

この人生も既に折り返し。これからどんな風にシフトしていけるかわからないけれど、できるだけ悔いのない選択をしたいものです。

 




関連記事

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

重たい仕事とカタルシス。

重ための仕事には朝一で取り組んだ方が段取り良く片付くであろうという先延ばし、もとい建設的な戦

記事を読む

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

大人になってから、友達はできますか。

若い人と話すの、結構好きだなあ。最近になってそう気付きました。 40代半ば。年齢も見た

記事を読む

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑