キラキラしてない、普通の人生。

エールフランスラウンジ

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

「サラリーマン」を馬鹿にして駄目な知識を吹き込む、オンラインサロンとかいう魔境(文春オンライン)

「これからは『働き方改革』だ」と政府がいい、勢いのあるベンチャー界隈では綺麗なオフィスでオシャレな男女がキャッキャウフフしながらフレックスで働いている光景が喧伝されます。メディアで持て囃されるのは、そういうキラキラした人たちばかりなんですよねえ。

ホントにねえ。キラキラの世界を見せられて、自分だってキラキラしたくなる気持ちもわからなくはない。でも、中身なくキラキラ部分を振りかざす妙な輩の養分になっていく若者を見るのは、確かに忍びない。

キラキラしてない、普通の人生

daikanyama24

いつの世も、声の大きい人が目立つもの。よって、近頃の若者は起業とかフリーランスとかノマドワークとか、それっぽい働き方を目指しがちなように見えて、実際はそうでもない。

働き方が多様化しているのは間違いないが、学校出たら安定した企業に正社員でお勤めして、それなりに仕事して、そこそこの年齢になったら結婚して、子供を持って、といった「普通の生き方」を望む声が未だ多数派なのだ。

という生情報をその筋から得ました。

この話を聞いて、へえ、案外夢が無いねえ、とがっかりする人もいたけれど、本人がそれを心から望んでいるのなら、全然いいじゃないか。

普通の仕事とか、会社員でいることの良さって、何も「安定」だけじゃない。

前にコメントでもそんな話をしたけれど、一般的な企業に所属していると、好きじゃない人、なんなら気にくわない人、普通に生活してたらまず関わらない部類の人とも関わらざるを得なくなる。気の合う人とか好きな友達とだけ付き合う、ということができず、相手を選べない環境では、案外貴重な経験ができると思うのです。

もちろん、その気の合わなさ、分かり合えなさから腸が煮えくり返ったりストレスが溜まったりもするでしょうが、変わり者や珍獣と接するうちになるほどそういう種もいるのか、という新たな発見があり、確実に視野は広がり、バリエーション豊富な対人スキルが身についていく。

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

そもそも、自分の生き方とか仕事とか働き方を誰かに認めさせたり、賞賛してもらう必要もない。自分の選択に自分が納得しているのであれば、他人にどう思われようと構わんわ、という境地に至るはずで、それができずに社畜と言われてカチンとくる。もしくはフリーランスがスタバでドヤ顏と言われてムカつく、というのはなぜなんでしょうねという話。いや、言い方に棘があるのが原因ではあるけども、口の悪い人ってのは、どこにでもいるものですからね。

何にせよ「他人や世間に認めてもらう」を目標にするとストレス満載。人様の気持ちをこちらが勝手に操縦することはできないのだから、シンプルに「自分が納得できる道はどれなのか」だけを考えていけたら、いろいろうまくいくのではないでしょうか。例えそれが、キラキラなんてしていなくても。

 




関連記事

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

アカウントを乗っ取られた。

真夜中にふと目が覚めて、時間を確認しようと手に取ったiPodの画面に 「あなたのアカウ

記事を読む

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。メッセンジャーに

記事を読む

どこにいても仕事はできる。

「最近はコレのせいで、完全なる休みがなくなっちゃったよね」 有給休暇取得中の友人が、ス

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    会社員という以外、およそ普通とは
    かけ離れた人生です。
    さて、50間近で独身でピアノ調律師で
    外勤、それも各家庭周り。単純に計算しても
    何万件訪問したかわからない。

    キラキラしてませんが、それはそれは
    色んな人間居ましたよw
    しかも、弾き手が認めてくれないと
    話にならない商売。

    この歳になって、これからブレない
    生き方をした方が良いなと思ってます
    遅せーよwと突っ込まれそうですが
    所詮自分を認めるのは自分
    今までは準備体操くらいのつもりでw

    いいの、いいの、誰からもガン無視されても
    認められなくても、今宵の酒を美味しく
    楽しく飲めれば。
    お互いオンリーワンで生きたいですね

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      ちゅーなーさんみたいなお仕事って、キラキラしているように見える、見られるんだと思うのですが、世の中いろんな人がいますし、ご苦労も多いこととお察しします。

      >この歳になって、これからブレない
      >生き方をした方が良いなと思ってます

      いやホント、さすがにフラフラ迷っている時期でもないし、よそみせずに淡々と生きていきたい。。。と思いつつ、ご覧の通りのフラフラっぷりでありますw
      酒を飲める幸せをじっくり噛み締められるようになっただけ、成長しましたけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑