キラキラしてない、普通の人生。

エールフランスラウンジ

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

「サラリーマン」を馬鹿にして駄目な知識を吹き込む、オンラインサロンとかいう魔境(文春オンライン)

「これからは『働き方改革』だ」と政府がいい、勢いのあるベンチャー界隈では綺麗なオフィスでオシャレな男女がキャッキャウフフしながらフレックスで働いている光景が喧伝されます。メディアで持て囃されるのは、そういうキラキラした人たちばかりなんですよねえ。

ホントにねえ。キラキラの世界を見せられて、自分だってキラキラしたくなる気持ちもわからなくはない。でも、中身なくキラキラ部分を振りかざす妙な輩の養分になっていく若者を見るのは、確かに忍びない。

キラキラしてない、普通の人生

daikanyama24

いつの世も、声の大きい人が目立つもの。よって、近頃の若者は起業とかフリーランスとかノマドワークとか、それっぽい働き方を目指しがちなように見えて、実際はそうでもない。

働き方が多様化しているのは間違いないが、学校出たら安定した企業に正社員でお勤めして、それなりに仕事して、そこそこの年齢になったら結婚して、子供を持って、といった「普通の生き方」を望む声が未だ多数派なのだ。

という生情報をその筋から得ました。

この話を聞いて、へえ、案外夢が無いねえ、とがっかりする人もいたけれど、本人がそれを心から望んでいるのなら、全然いいじゃないか。

普通の仕事とか、会社員でいることの良さって、何も「安定」だけじゃない。

前にコメントでもそんな話をしたけれど、一般的な企業に所属していると、好きじゃない人、なんなら気にくわない人、普通に生活してたらまず関わらない部類の人とも関わらざるを得なくなる。気の合う人とか好きな友達とだけ付き合う、ということができず、相手を選べない環境では、案外貴重な経験ができると思うのです。

もちろん、その気の合わなさ、分かり合えなさから腸が煮えくり返ったりストレスが溜まったりもするでしょうが、変わり者や珍獣と接するうちになるほどそういう種もいるのか、という新たな発見があり、確実に視野は広がり、バリエーション豊富な対人スキルが身についていく。

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

そもそも、自分の生き方とか仕事とか働き方を誰かに認めさせたり、賞賛してもらう必要もない。自分の選択に自分が納得しているのであれば、他人にどう思われようと構わんわ、という境地に至るはずで、それができずに社畜と言われてカチンとくる。もしくはフリーランスがスタバでドヤ顏と言われてムカつく、というのはなぜなんでしょうねという話。いや、言い方に棘があるのが原因ではあるけども、口の悪い人ってのは、どこにでもいるものですからね。

何にせよ「他人や世間に認めてもらう」を目標にするとストレス満載。人様の気持ちをこちらが勝手に操縦することはできないのだから、シンプルに「自分が納得できる道はどれなのか」だけを考えていけたら、いろいろうまくいくのではないでしょうか。例えそれが、キラキラなんてしていなくても。

 




関連記事

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。 寿司をつまみながら、いよいよ食

記事を読む

モノをたくさん持てば、幸せは手に入るのか。

♪幸せをもたらすと言われてる どこかにきっと咲いている 花を探して、花を探しています♪

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

こんにちは、の先制打。

By: 4johnny5[/caption] 改めて告げるまでもないのですが、割と単独行動が

記事を読む

儲け話を断れないのは性格だけの問題じゃない。

最近はめっきり無形商材なのですね。 友達から誘われて断れる? 「モノなしマルチ商法」若

記事を読む

おばさんバンザイ。

By: Matthew G[/caption] 「人間ある程度の年齢になると、男性は女性化し

記事を読む

Aurora Soho

激しい朝活女子の真実。

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。 チラ見だったのでどういう趣旨

記事を読む

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

続・2015年の運勢を占う。

By: Team Dalog[/caption] おっと、年末の挨拶を済ませたのにまた出てき

記事を読む

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    会社員という以外、およそ普通とは
    かけ離れた人生です。
    さて、50間近で独身でピアノ調律師で
    外勤、それも各家庭周り。単純に計算しても
    何万件訪問したかわからない。

    キラキラしてませんが、それはそれは
    色んな人間居ましたよw
    しかも、弾き手が認めてくれないと
    話にならない商売。

    この歳になって、これからブレない
    生き方をした方が良いなと思ってます
    遅せーよwと突っ込まれそうですが
    所詮自分を認めるのは自分
    今までは準備体操くらいのつもりでw

    いいの、いいの、誰からもガン無視されても
    認められなくても、今宵の酒を美味しく
    楽しく飲めれば。
    お互いオンリーワンで生きたいですね

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      ちゅーなーさんみたいなお仕事って、キラキラしているように見える、見られるんだと思うのですが、世の中いろんな人がいますし、ご苦労も多いこととお察しします。

      >この歳になって、これからブレない
      >生き方をした方が良いなと思ってます

      いやホント、さすがにフラフラ迷っている時期でもないし、よそみせずに淡々と生きていきたい。。。と思いつつ、ご覧の通りのフラフラっぷりでありますw
      酒を飲める幸せをじっくり噛み締められるようになっただけ、成長しましたけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑