仕事に翻弄されて深刻になってはならぬ。

公開日: : 最終更新日:2021/10/07 これからの働きかた

ボーッと生きてると、特に仕事周辺のあれこれに翻弄されてイラついたり、はたまた妙に深刻になってしまったりする時があります。

お気楽が服着て笛吹いているような体質の私でさえそうなのだから、真っ当な人生を歩んでいる大人のみなさまならなおの事、ではないでしょうか。

仕事は仕事だし、24時間ヘラヘラ笑ってばかりはいられないし、ボリウッドみたいにとりあえず踊って解決!なんて文化はここにはない。

真面目であるべき場面はあるがしかし、必要以上に深刻になる必要はないよね、というお話。

仕事に翻弄されて深刻になってはならぬ。

推し活の一環で最近になって知ったアニメ「モモウメ」がたのしくて、ちょびちょび過去作をみています。

いろんなシリーズがあるみたいなんだけど、メインは「OLあるある」ネタ。新人OLモモちゃんと、ベテランOLウメさんの掛け合いがラブリーかつナイスです。

横文字使いが過ぎるゾンビ上司、仲良さそうに群れているけどそんなに仲良くない女子5人組、正論でぶった切ってくる自称サバサバ女子、人の話を全く聞かない独特過ぎる姉さん。

クセの強いキャラが目白押しのこの会社。だけど、彼らはアニメ用に可笑しくデフォルメされているだけで、実はどこの会社にもいそうな普通の人たち、とも言える。就業間際になって残業を押し付けられる、給湯室の世間話でマウントを取り合う、なんていうのも、ある程度の人数がいる会社ではよくみられる光景、なのでしょうか。

そんな環境で働いていれば、当然腑に落ちないことやイラつく出来事が頻繁に起こる。真顔で深刻に捉えてしまいそうなシチュエーションも、全部笑いに置き換えるっていいな、と思ったのです。

目の前で起きた出来事をいちいち深刻に受け止めず、ネタとして適宜昇華させるモモちゃんのテクニックの素晴らしさ。そして汎用性の高さ。部長にキレられたり、無意味なマウンティングをされたりなど、他人や環境などの外部要因はコントロールできないけれど、人の行動や状況にどんな意味をつけて、どう処理するかは、いつだって自分で決められる。ということがよくわかるストーリーではないですか。

いや、そりゃ作り話だけど。アニメだけど。つまり、アレですよ。やたら深刻になっても、そんなにいいことないですよ。

その出来事に意味を持たせるのは誰だ。

そもそもどういうコンセプトで作られたアニメなのか知らないし、Hulu配信の実写版が好評である一方で、アニメ版のリニューアルは軽く燃えている、なんて話もあるみたいだけれど、意味もなく深刻な思考に傾きがちな時には、こういうのも効くんじゃない?と、サクサクのリズムに合わせて踊りながら考えたのでした。

THE会社員 サラリーマン・OLの日常




関連記事

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまいました。 なぜ、今、この

記事を読む

客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。 働いている人も、働いて

記事を読む

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

ブログというツールの可能性と発展。

奥さん、師走です。 寒いのが苦手なので冬場は日本を脱走してどこか暖かい場所で過ごしたい

記事を読む

あまりにも充実したおこもり生活。

初めての在宅勤務に、戸惑っている。そんな人も多いのではないでしょうか。 急遽フルリモ

記事を読む

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

世は大副業時代。いや、「複業」時代。 社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

あの頃の必要経費も今となれば贅沢品。

ここ数年、お知らせが来るたびに迷っている気がするドメイン更新。今年も期日ギリギリまで放置し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑