私なんて信用されなくて当たり前。

公開日: : 最終更新日:2022/05/15 これからの働きかた

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える5月半ば。

新規案件も加わり、慣れない仕事にあたふたしながら過ごしています。

おばさんの新生活と新習慣。

本格稼働前に大型連休があって、帰省して豪遊しちゃったものだから、平常運転に戻るのはさぞかし辛かろう。そう予測しておったのですが、幸い予測は大外れでなぜかぜんぜん辛くありませんでした。むしろ、淡い期待感すら持って新生活を迎えられたことに、我ながら驚いている始末です。

しかしそこは新たなチャレンジ、未知の領域。ハードな場面にも遭遇するわけで。

相手に信用されないキツさ。

最近稼働し始めたプロジェクトは、まったくの新規契約。今年に入って初めまして状態の企業からオファーをいただき、初めまして状態の人たちと、初めまして状態の領域の仕事をしています。

もちろん時間拘束のない業務請負で、対面打ち合わせもほぼなし。日々のメールとたまのオンラインミーティングがコミュニケーションの全てです。

時間配分を自由にコントロールできるのはありがたいけれど、いまだに関係者の顔と名前が一致しないし、誰に何を頼めばいいのか、どこにどれを共有すればいいのかわからない。その企業特有の業務の進め方がまだ掴みきれておらず、戸惑うことが多い状態です。

加えて、信用されていない感がすごい。

メールでの連絡や、契約にまつわる些細なやり取りまで「どこの馬の骨ともわからぬこのおばさんを、我らはまだまだ信用してはならぬ」という心意的なガードのブ厚さを、ひしひしと感じるのです。

いやー、切ない、キツイ。辛いよねーと、一瞬挫けそうになったのですが、よくよく考えれば当たり前のこと。別にキツくも辛くもないんだわ、と思い直したのでした。

私なんて信用されなくて当たり前。

考えてもごらんなさいな。私なんて本格的に不審人物じゃないですか。

真っ当な求人に応募して採用されたわけじゃないので、履歴書も本人確認もなされておらず、年齢すら伝えていない(向こうも気を使って聞いてこない)。名前で検索すれば、SNSなど人となりのわかる情報が2〜3出てくるのも珍しくない今、ネットに何一つヒントが落ちていない。もはや、本名なのかどうかもわからないレベルの、怪しいおばさんでしかないのです。そりゃ契約ひとつするにしても慎重になるわな。

友人があちら側で人生を変えた話。

そんな人物とわざわざ契約する会社もアレですけども、それは向こうの事情なので、私には関係なし。怪しさ満載なれど、これまでの経歴に関心を持ってもらい、仕事のオファーをもらえたことに感謝しつつ、仕事自体のクオリティや日々のコミュニケーション通じて、少しづつ信用してもらえばいい。それだけのことなのだ。

そう考えたら、日々感じる「信用されてない感」も気にならなくなって、最悪溝が埋まらなくて早期終了になったとしても、それはそれでいい勉強かな。とまで思えるようになりました。

フリーになった当時の自分だったら相当しんどいと感じる状況だろうけど、ビバ経験、年の功万歳!というしかない成長ですね。いや、ホント。

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

いつのまにか信用されていた話。

そういえば、もう数年のお付き合いとなる別の企業の案件も、当初は似たような状況だったっけなあ。

まだ私の業務範囲もプロジェクトの全貌も見えていない段階で参加した初のミーティング。偉い人から

「で、crispyさんにお願いすることで、ウチにどんなメリットがあるっていうんですか?」

なんて高圧的に言われちゃったりもした。そう、見知らぬおばさんへの不信感満載の表情で。

あの瞬間はテキトーな回答()で凌ぎつつも「こことは長くは続かないかもしれぬ…」と心を閉ざしかけたものですが、あっという間に数年が経過。いいことも悪いことも共に経験したおかげで今ではすっかり馴染みのおばさんとなり、頼りにしてます!と言葉にしていただけるまでになりました。

しかも、こちらがお願いしたわけでもないのに、ギャラまで大幅に上げていただいてですね。これってものすごいことなんですよ。フリーランスのギャラなんて下げられることはあっても、ゴリゴリ交渉しない限り上がることなんて滅多にないですからね(私だけ?)。

「フリーランスごっこ」がしたい人たち。

誰とでも、どことでもいい関係を築けるわけではないし、そうしなくちゃいけないとも思わない。だけど、縁あって出会った相手からそれなりの信頼を得られる程度の対応はしたいよね。そもそも信頼される要素ゼロから始まった関係なんだから。

なんてことを考えながら、この先数ヶ月は挑戦モードが続きそう。といっても、根っからの怠けものであることには変わりないので、まあ、できることからぼちぼちやってみます。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

世は大副業時代。いや、「複業」時代。 社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため

記事を読む

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

フリーランス、はじめてのオンライン新規営業。

先日、生まれて初めて「オンライン新規営業」を経験しました。 どんな業界も営業の縮小や自粛傾向にある

記事を読む

浜松町駅から東京タワー

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。 お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰

記事を読む

ひとつの道を極めるべし。仕事を複数持つのは非効率か。

By: Karyn Christner[/caption] 最近になって知り合ったとあるフリ

記事を読む

おばさんの新生活と新習慣。

奥さん、4月です。 4月といえば新年度スタート時期。新しいプロジェクトが始まった私も

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

好き勝手言ってるだけと実際やるのとでは大違い。

現在イベントの詰め作業をもりもりやっています。 働いている人も、働いていない人も、今か

記事を読む

40代独身東京一人暮らし女性が、 今後の働き方を討論す。

【前回のあらすじ】 新しい分野へのチャレンジ、その準備に3年の月日を費やしたというイラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑