50代で叶える、アルバイトの夢。

公開日: : これからの働きかた

cebu-diary-03-1

自分比でややヘビーな締め切りに追われ、顔面を青くしたり白くしたりしていた月末月初。どうにか一山超えてホッとしています。

フリーランスの身分なので仕事があるのはありがたいことこの上ない。しかし「他の案件で今忙しい」とは口が裂けても言えないので、内心焦れど涼しい顔で過ごすのがお約束であります。

などと忙しぶってみましたが、私の持ってる仕事量やその難易度なんてたかがしれている。フルタイムでお勤めの方、もしくは絶賛子育て中のお父さんお母さんのほうがよほど効率よく動かれていることは百も承知です。

それでも、延々とパソコンの画面を見つめることに飽きたりする。

パソコンを眺める以外のお仕事

パソコンやスマホでのメモをたしなめられたりしたのは遠い昔の話。今は打ち合わせといえばほぼ画面を眺めつつ行っている、メモを取ったり資料を確認しながら進められるので、パーパーレス推進を考えれば理にかなっているんだけど、画面見るの飽きちゃった。となる瞬間がたまにくる。

思えば日常的にパソコンを使って仕事をするようになってから早20数年。そろそろ飽きがきても不思議はないですね。

喋ったり、コミュニケーションを取ったりすることが苦手な人間にとって、文章やメッセージでやり取りできる現代社会はありがたすぎるがしかし、そこに頼りきってしまうという問題も発生する。なんでもかんでも、画面越しに伝えようとしてしまう。

そんなとき、ふとバイトしたいなと考えたりするのです。

50代で叶えるアルバイトの夢

daikanyama15

うろ覚えなんだけど、以前雑誌で漫画家だかイラストレーターだかの方が、50を過ぎて夢を叶えてみるという実践記録をされていました。

その方の若かりし日の夢は、制服のあるカフェの店員さんになること。駅前に行けばバイトを募集しているカフェなんていくらでもあるのだから「夢」というにはささやかすぎる気もするけれど、「学生時代に憧れていたけれど、結局できなかったこと」として、ずっと心残りだったそうな。

フリーランスで活動していて、本業も落ち着いていて多少時間に余裕のある今なら、叶わなかったあの夢にチャレンジできるかもしれない!

ということで、チェーン系のカフェでアルバイトをしてみる、という内容。詳細は忘れちゃったけど、遅ればせながら夢を叶えたご本人はすごく楽しそうで、なるほどそういう「過去の夢の取り返し方」もあるのかと妙に腑に落ちた企画でした。

夢とまではいわないが、私も純粋な飲食店で働いたことないんだよなあ。おしゃれカフェよりもバーや居酒屋のほうがいいなあ。今飲食系やサービス業は人手不足で大変だから、週に1回だけ対人訓練を兼ねてチャレンジしたいおばさんでも採用してくれるんじゃないかしら。あ、飲食店なら串打ちの仕込みとかやってみたい。でも、それだと黙々作業でコミュニケーションはあんまりなさそうだし。

という、たのしい妄想。現状の作業量ですらヘビーとか言っちゃってる、そもそもあまり働きたくない私。

いかにして働かずに暮らすか。

実際バイトするとなったら全然ついていけないんだろうけどとにかく。今年後半はパソコンの画面を見つめ続ける以外の仕事や機会を増やそうと思います。機会といえばやっぱりスナック。スナックだよねえ。

 




関連記事

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。 働いている人も、働いて

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

たった1回の失敗で心が折れるメンタルの弱さ。

かなり前のことになるのですが、ちょっとしたイベントを仕込んだことがあります。 それは仕

記事を読む

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

連休中、友人と焼き鳥などをつまみに昼からだらだら飲んでおりました。昼飲みに付き合ってくれる友

記事を読む

プロの仕事が求められない時代の仕事の作り方。

By: Thomas Duesing[/caption] フリーランス、自営業で仕事をしてい

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    スナック。。。。

    スナックですよ!
    私は片時も忘れてませんことよ。
    crispy-mama!

    • crispy-life より:

      まるいさん

      !!
      ありがとうございます!
      なかなか実現しないスナック構想ではありますが、今生で必ずや…!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑