50代で叶える、アルバイトの夢。

公開日: : これからの働きかた

cebu-diary-03-1

自分比でややヘビーな締め切りに追われ、顔面を青くしたり白くしたりしていた月末月初。どうにか一山超えてホッとしています。

フリーランスの身分なので仕事があるのはありがたいことこの上ない。しかし「他の案件で今忙しい」とは口が裂けても言えないので、内心焦れど涼しい顔で過ごすのがお約束であります。

などと忙しぶってみましたが、私の持ってる仕事量やその難易度なんてたかがしれている。フルタイムでお勤めの方、もしくは絶賛子育て中のお父さんお母さんのほうがよほど効率よく動かれていることは百も承知です。

それでも、延々とパソコンの画面を見つめることに飽きたりする。



パソコンを眺める以外のお仕事

パソコンやスマホでのメモをたしなめられたりしたのは遠い昔の話。今は打ち合わせといえばほぼ画面を眺めつつ行っている、メモを取ったり資料を確認しながら進められるので、パーパーレス推進を考えれば理にかなっているんだけど、画面見るの飽きちゃった。となる瞬間がたまにくる。

思えば日常的にパソコンを使って仕事をするようになってから早20数年。そろそろ飽きがきても不思議はないですね。

喋ったり、コミュニケーションを取ったりすることが苦手な人間にとって、文章やメッセージでやり取りできる現代社会はありがたすぎるがしかし、そこに頼りきってしまうという問題も発生する。なんでもかんでも、画面越しに伝えようとしてしまう。

そんなとき、ふとバイトしたいなと考えたりするのです。

50代で叶えるアルバイトの夢

daikanyama15

うろ覚えなんだけど、以前雑誌で漫画家だかイラストレーターだかの方が、50を過ぎて夢を叶えてみるという実践記録をされていました。

その方の若かりし日の夢は、制服のあるカフェの店員さんになること。駅前に行けばバイトを募集しているカフェなんていくらでもあるのだから「夢」というにはささやかすぎる気もするけれど、「学生時代に憧れていたけれど、結局できなかったこと」として、ずっと心残りだったそうな。

フリーランスで活動していて、本業も落ち着いていて多少時間に余裕のある今なら、叶わなかったあの夢にチャレンジできるかもしれない!

ということで、チェーン系のカフェでアルバイトをしてみる、という内容。詳細は忘れちゃったけど、遅ればせながら夢を叶えたご本人はすごく楽しそうで、なるほどそういう「過去の夢の取り返し方」もあるのかと妙に腑に落ちた企画でした。

夢とまではいわないが、私も純粋な飲食店で働いたことないんだよなあ。おしゃれカフェよりもバーや居酒屋のほうがいいなあ。今飲食系やサービス業は人手不足で大変だから、週に1回だけ対人訓練を兼ねてチャレンジしたいおばさんでも採用してくれるんじゃないかしら。あ、飲食店なら串打ちの仕込みとかやってみたい。でも、それだと黙々作業でコミュニケーションはあんまりなさそうだし。

という、たのしい妄想。現状の作業量ですらヘビーとか言っちゃってる、そもそもあまり働きたくない私。

いかにして働かずに暮らすか。

実際バイトするとなったら全然ついていけないんだろうけどとにかく。今年後半はパソコンの画面を見つめ続ける以外の仕事や機会を増やそうと思います。機会といえばやっぱりスナック。スナックだよねえ。

 




関連記事

deskcafetime

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

chiayi-hotel-12

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

new-ipod

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

filecase

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

kobefood1608_5

エクセルが使えないと100歳まで生きられない。

仕事帰りに立ち寄った食堂のカウンターでおでんをつまんで飲んでいると、隣席で談笑している70代

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

door.min

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

edogawa46

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。 マラソンなんて、走るのキライな人が上達

記事を読む

daikanyama31

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

nakano21

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    スナック。。。。

    スナックですよ!
    私は片時も忘れてませんことよ。
    crispy-mama!

    • crispy-life より:

      まるいさん

      !!
      ありがとうございます!
      なかなか実現しないスナック構想ではありますが、今生で必ずや…!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sumasui_1709_25
70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

arakawa47
なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分

saigon_q_apartment_39
旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまと

→もっと見る

PAGE TOP ↑