今すぐ時給を上げる方法。

公開日: : これからの働きかた

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。

お話をいただいたのは少し前だったので、そんなにタイトなスケジュールではなかったんです。年度末やらなんやらで、他の予定が混んでいたりはしたけれど、まあ余裕を持って取りかかれるでしょ、と思っていました。

なのにどうしたことでしょう。納品したのは締め切り当日でございました。

当日だから、遅れてはないんです。何の問題もないのです。ただ、どうしてこうなったという気持ちは拭えません。

今すぐ時給を上げる方法。

やらねばならないことをぐずぐずと先送りする癖があるのは今に始まったことではありません。

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

この先延ばし癖が原因で仕事を落としたことも、何か大きな問題になったこともありません。ええ、幸運にも、ないんです。

だからますます調子に乗って治らないのでしょうか。件の仕事についても、ああやらなきゃ、そろそろやらねば、いい加減取り掛かるか、とか脳内で反芻すること実に3日以上。ようやく着手したのは締め切り前日の夜という有様でした。

自分で書いてて怖いわ。

タスクが何も手元にない状態で迎える週末の清々しさったらないし、綺麗な体で酒を飲みたい。毎度願ってはいるものの、ここのところ常に何らかの宿題を残したまま休日を過ごしている。これはいかん、いかんなあ。

と、自分を戒める一方で、ふと思ったのです。このギリギリっぷりが結局、私の時給を押し上げているのだと。

つまりですよ。例えば1本3万円の仕事があるとしましょうよ。週明けの月曜日が締め切りで、木曜の時点でまったくの手付かずだとしましょうよ。

金曜日の朝に取り掛かり、その日中に納品できたとしたら、きっと爽やかな週末が訪れるであろうことは、100も承知です。

でも私、絶対寝かせるんです。原稿関係は特に、一晩は寝かせて推敲したいんです。となると、決戦は土曜日に持ち越し。メールとはいえ週末に連絡するのはなんとなく気がひけるので、まあ土日でちょろちょろと仕上げて月曜朝一で送ろうかな、となるじゃないですか(ならない?)。これで結局金-月と4日がかりになる。ざっくりすぎる計算だけど、1日あたり7,500円。

それがギリギリ戦法となるとどうでしょう。同じ条件の仕事にグズグズと着手できぬまま気づけば日曜の夜。もういよいよヤバイし、納期延ばしてくださいと頼む勇気も力もないので、いい加減本気出すじゃないですか。軽く血眼ですよ。

そしたら、割とあっさりできるんですね。ものの2時間くらいで仕上がっちゃったりする。とはいえ寝かせたいので、月曜の朝見直して、そのまま送る。このパターンだと日-月の2日で完成、どころか、所要時間わずか3時間とか。時給1万円。

時給換算すると、後者の方が優秀ですね。精神衛生上よくないですけどね。そして一番いいのは、木曜日に本気出して金曜日に納品、ですよね。知ってますよ?

Twitterとか見てると、フリーランス勢のみなさんの仕事っぷりが計画的過ぎて、おばさん気を失いそうです。誰も彼も利口に思えて今日も眠れないby岡村孝子。

いや、本当にみんな緻密に計算できる優等生なのかどうかは知る由もありませんが、少なくとも私の100倍は仕事に対して前向きだし、手も早そうだなと。正直羨ましい。

などとわざわざ公共の場で自分の恥を晒しても一切得はしないんですけど、実は何らかのメリットを感じているからこそ、私はいつまでもギリギリ戦法を手放せないのではないかという仮説のもとに書いてみた次第。

そうか時給か、時給だったのか。そりゃ仕方ありませんな。

ちなみに書くのは遅いですが、こういう無意味な文章は光の早さで仕上がります。ものの数分で書き上げます。ああ神様、何かをお間違いではありませんか。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が出てきて驚く。それは、あれ?こ

記事を読む

枝垂れ桜

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作

記事を読む

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手企業にお勤めのエリートだし、特

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

あの頃の必要経費も今となれば贅沢品。

ここ数年、お知らせが来るたびに迷っている気がするドメイン更新。今年も期日ギリギリまで放置し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑