必要なもの、いらないものは変わり続ける。

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 これからの働きかた, ファッション, ミニマルライフ

NY_upsndmid_31

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。

あ、そうだ、確かこの辺りだったはず。

ブティックじゃなくてオフィスだけかもしれないけどショールームになってるかもしれないし、ついでだから寄ってみようかな。

そう思い立ち住所を調べて向かったのでした。

住所を頼りにオフィスを探す

ストール

目的地はYarnz NY。なんだかんだと頻繁に名前を出しているNY発のブランドです。

関連 手持ちの服でおしゃれ、便利すぎるカシミヤストール。

GoogleMapによればウエスト35stのビルに入っているとのこと。住所を確認すると2Fだったのでこりゃやっぱりオフィスかもね、と思いつつ位置確認。が、Google先生の指し示すビルの入居者リストにはそれらしき名前が見当たらず。

あれえ?

よくよく調べてみるとピンが立っている場所と実際の住所が異なる模様。GoogleMapってたまに位置ズレしてることあるもんね。ということで実際の住所の番地のビルを探し、無事たどり着いたのでした。おお、あったあった。

が。

yarnzoffice

あれ。工事中だ。

元々オフィスだったのかショールームだったのかは分かりかねますが、残っているのは入り口に貼られたサインのみで中身は既に跡形もなく。改装中なのか、移転したのかどっちだろう。とにかく今日現在ここには存在しないってことね、と諦めてエレベーターに乗ると件の部屋から出てきた黒人男性も乗り込んで来た。お、関係者かしら。

「ちょっと聞いてもいいでしょうか」
「はい、何か?」
「今工事してたそこの部屋、入ってたブランドはクローズしたの?」
「そう、閉まっちゃったんだ」

改装中、ではない模様。

「クローズ?たたんだの?」
「潰れたんじゃなくて、移転ね、移転」
「移転先わかります?」
「いやー移転というか、今後はホームオフィスでやっていくみたいだね」
「あ、オンラインショップのみで」
「そうそう」

なるほど、と納得してお礼を言うと男性は1Fにあるビルの受付カウンターに戻っていく。工事関係者かと思ったら受付の人でした。だから詳しく知ってたのね、ご親切にありがとうございます。

というわけで時既に遅し、だったのは残念でしたがそもそも勝手に突撃したのだから仕方なし。
しかしオフィスは持たないスタイルに移行とな。ミッドタウンのど真ん中にオフィスを構えるのはそりゃ大変だよなあと妙なところに共感してしまったのでした。いや、ご本人に聞いた情報ではないので実際の事情はわかりませんが。

変わり続ける柔軟さ

HotelEdison_NY_9

そういや私も10年前は結構なコストをかけてオフィスを借りていたなと思い出す。もちろん今回の件とは全然規模の違う話だけれど、当時は一等地のオフィスが欲しかったし、絶対に必要だと信じていたのです。

関連 盛らない生き方。

どう考えても自分には過ぎた出費だったなあと今では思う。まあそれがわかっただけでもいい勉強だったでしょうか。

もちろんこれは業種や働き方によるのでオフィスなんていらない、立派なワークスペースは不要、なんて簡単なものではありません。それでも時代や自分自身のライフスタイル、理想の生き方によって働く場所や働き方は変わっていくだろうし、変わり続ける柔軟さは長く働くために大切な要素だよなあ。

モノを持たずに身軽に暮らす

と、たった10年ぽっちで考え方も働き方も住む場所もくるくる変わり続けている移り気な私は考える。この先10年もまたこんな調子なのかしら。50くらいになったらさすがにもうちょい落ち着いているかな。

 




関連記事

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

今日捨てたもの 9/24 秋になったら夏物に着手。

ひさびさの 「捨てたもの」 記事です。 夏も去り、この夏結局使わなかったも

記事を読む

パソコンを眺めて1日が終わる。

恐ろしいのであまり考えたくはないのですが、就寝時間を除いた18時間のうち、相当な割合を画面凝

記事を読む

持たない日々を後悔する 春本番のコーディネート。

ようやくの気温上昇で本格的な春の装い。 花見がてらの夜の集い、さて何を着て行きましょう

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

トラブル肌のシンプルケア、例の不正入手問題で考えた。

今年は大きなトラブルもなく逃げ切れそうです。 関連 肌トラブルの原因を探る皮膚科で受け

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑