必要なもの、いらないものは変わり続ける。

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 これからの働きかた, ファッション, ミニマルライフ

NY_upsndmid_31

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。

あ、そうだ、確かこの辺りだったはず。

ブティックじゃなくてオフィスだけかもしれないけどショールームになってるかもしれないし、ついでだから寄ってみようかな。

そう思い立ち住所を調べて向かったのでした。

住所を頼りにオフィスを探す

ストール

目的地はYarnz NY。なんだかんだと頻繁に名前を出しているNY発のブランドです。

関連 手持ちの服でおしゃれ、便利すぎるカシミヤストール。

GoogleMapによればウエスト35stのビルに入っているとのこと。住所を確認すると2Fだったのでこりゃやっぱりオフィスかもね、と思いつつ位置確認。が、Google先生の指し示すビルの入居者リストにはそれらしき名前が見当たらず。

あれえ?

よくよく調べてみるとピンが立っている場所と実際の住所が異なる模様。GoogleMapってたまに位置ズレしてることあるもんね。ということで実際の住所の番地のビルを探し、無事たどり着いたのでした。おお、あったあった。

が。

yarnzoffice

あれ。工事中だ。

元々オフィスだったのかショールームだったのかは分かりかねますが、残っているのは入り口に貼られたサインのみで中身は既に跡形もなく。改装中なのか、移転したのかどっちだろう。とにかく今日現在ここには存在しないってことね、と諦めてエレベーターに乗ると件の部屋から出てきた黒人男性も乗り込んで来た。お、関係者かしら。

「ちょっと聞いてもいいでしょうか」
「はい、何か?」
「今工事してたそこの部屋、入ってたブランドはクローズしたの?」
「そう、閉まっちゃったんだ」

改装中、ではない模様。

「クローズ?たたんだの?」
「潰れたんじゃなくて、移転ね、移転」
「移転先わかります?」
「いやー移転というか、今後はホームオフィスでやっていくみたいだね」
「あ、オンラインショップのみで」
「そうそう」

なるほど、と納得してお礼を言うと男性は1Fにあるビルの受付カウンターに戻っていく。工事関係者かと思ったら受付の人でした。だから詳しく知ってたのね、ご親切にありがとうございます。

というわけで時既に遅し、だったのは残念でしたがそもそも勝手に突撃したのだから仕方なし。
しかしオフィスは持たないスタイルに移行とな。ミッドタウンのど真ん中にオフィスを構えるのはそりゃ大変だよなあと妙なところに共感してしまったのでした。いや、ご本人に聞いた情報ではないので実際の事情はわかりませんが。

変わり続ける柔軟さ

HotelEdison_NY_9

そういや私も10年前は結構なコストをかけてオフィスを借りていたなと思い出す。もちろん今回の件とは全然規模の違う話だけれど、当時は一等地のオフィスが欲しかったし、絶対に必要だと信じていたのです。

関連 盛らない生き方。

どう考えても自分には過ぎた出費だったなあと今では思う。まあそれがわかっただけでもいい勉強だったでしょうか。

もちろんこれは業種や働き方によるのでオフィスなんていらない、立派なワークスペースは不要、なんて簡単なものではありません。それでも時代や自分自身のライフスタイル、理想の生き方によって働く場所や働き方は変わっていくだろうし、変わり続ける柔軟さは長く働くために大切な要素だよなあ。

モノを持たずに身軽に暮らす

と、たった10年ぽっちで考え方も働き方も住む場所もくるくる変わり続けている移り気な私は考える。この先10年もまたこんな調子なのかしら。50くらいになったらさすがにもうちょい落ち着いているかな。

 




関連記事

履かない靴

捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

By: RubyGoes[/caption] 無駄なものはそう多く所有していないのですが、も

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

BOOK OFFの査定金額が確定。

先日大量にBOOKOFF ONLINEに送ったモノたちの査定金額結果が送られてきました。

記事を読む

小さな暮らし、3畳の部屋に住まう。

友人が新たにマンションを購入するという。 その理由は今住んでいる家に買い手が付いたため

記事を読む

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

来る夏が不安になるほどにとんでもなく日当たりのいいベランダで湯たんぽを乾かす。 関連

記事を読む

今日捨てたもの 8/5 大切な人にしてあげたいこと。

By: Arian Zwegers[/caption] 引越しをきっかけに大量のものを処分した去

記事を読む

持たない暮らしと買い物について改めて考える。

By: Floriana[/caption] 今月は毎日1つ、何かを手放す月間です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑