ミニマリストの人に飽きてしまった。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方, 読書

shinbashi_2

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれのみならず、ライターとかブロガーとかローカル鉄道研究家など、今日からでも勝手に名乗ることができるもの。それが肩書き。

あんたのカタガキなんてェの?

ゆくゆく仕事につなげていくならば何らかの肩書きをつけて活動し、その分野のオーソリティーのポジション取っていったほうがいいですよ。などという意見は少々小賢しいが事実だし、私もリアル社会では同様のことを人様に勧めている。

しかし、自分では積極的に何かの肩書きを背負った活動ができないとはこれいかに。

ミニマリストの人に飽きてしまった

white_dress

がんばらない練習」の中で、著者のphaさんが「何かの人」として生きていく、固定するのは苦手、というようなことを書かれていました。

これはミニマリスト系の著書を出されている佐々木典士さんという方との話として記されたもので、phaさんは「ニートの人」、佐々木さんは「ミニマリストの人」と見られることに飽きてしまったという。

飽きる。なるほど、それもありますね。

人にどう見られるかを完全にコントロールすることはできないので、自らが肩書きをつけずとも、最初の印象でずっと覚えられてしまうことはままある。実際、このお二人もかつて世に出るきっかけとなったジャンルの専門家として、今なお期待されているのでしょう。それは仕方ないにしても、本人は「その筋の人」でいることに飽きちゃったから、積極的には名乗らない、と。

その筋の人として認められたい層から見ると贅沢なことなのでしょうが、飽き性の人間の飽き具合って、もはや理屈じゃないですからね。何かにハマって、ずっとそれ一本で人生を全うできる人が心底羨ましい。

美魔女とマニアと身軽な人生。

そんな「飽きた説」に頷きながらも、自分の肩書き問題については飽き以外にも要因があると思うのです。

偽物感に苛まれながら生きている

何者かを名乗れない要因。それは、どうにも拭いきれない偽物感。

以前超ベテランフリーランサーの先輩が

「自分も含め、世の中の多くの人は自分が偽物であるというジレンマを抱えながら生きている」

というような話をされていて、いやいやアンタは正真正銘の本物じゃないか何を言い出すやらとびっくりしました。だからというわけじゃないけれど、自分程度のモンが何者かを名乗ったり、肩書きを背負っちゃマズイだろう、という、どこに向けての何の言い訳なのかまるで謎のプレッシャーを感じてしまうのです。

平たく言えば、責任逃れですね。

そう言いつつも、草野球上等、アマチュアバンド最高派。プロとして成功しなければやってる意味がないとか、下手なくせに好きなだけで続けるなんてバカらしい、みたいな考え方は全然ないのに、自らの肩書きに対しては面倒がるのはおかしな話。まあ、自分のことになるとよくわからなくなるのが人の常と言えましょう。

自分のことになると途端にわからなくなるという話。

ところで、同書にあった「人のことについて書くほうが大人な行為だという認識はあるけれど、自分のことしか書けない」なる記述には、同意せざるを得ません。

なぜ私たちは、自分のことを話すのが好きなのか。

 




関連記事

愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、少々面食らいました。 人

記事を読む

湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

湯たんぽの季節になりました。 現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬の

記事を読む

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

小型セラミックファンヒーターがうるさい、そして故障。

魔術師の口車に乗せられて購入した小型のセラミックファンヒータ。 持たない生活、寒がりのくせに手

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は毎年結構楽しみにしているし。そ

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていました。生きる目的、今夜はフラッシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑