NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

公開日: : 最終更新日:2014/09/12 捨てる, 生き方と考え方

watch

おお、これはちょっとびっくりした。

>>参考
NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に(朝日新聞デジタル)

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?
NHK_PR1号
新潮社
売り上げランキング: 821

今は少々SNS断ちしているのでご無沙汰なのだけど、NHK広報のアカウントが話題になった頃にちょうどTwitterにかなりハマっていました。私のアカウントのフォロワーは600程度。なんとなく気の合いそうな人とは実際に会ったりもして、そこから交友関係が広がることも多く、当時はSNSの可能性に胸躍らせたものです。

その後Facebookですっかり窮屈さを感じて、今はいずれも放置気味ですが。

話を戻して、このニュースの何に驚いたかというと、1号さんが退職されたことでも、作家に転身されたことでもなく、「中の人が43歳の男性」だったこと。
当時の私は勝手にNHK広報アカウントの担当者は「20代後半から30代前半のちょっとクレバーなエリートくん」を想定していました。故に、このニュースの見出しを見た瞬間は

「あらー、NHKのネームバリューを自分の力と勘違いしちゃったクチ?」

なんて少々意地悪な目線でクリックしたのですが、いやいや、まさか同年代とは思っていませんでした。根拠のない思い込みって、ホント怖いですね。

うーん、驚いた。
驚いたとともに、なんとも嬉しい。

しかし、今になって考えれば「中の人などいない」という言葉のチョイスに、そこはかとなく同年代を感じさせるものがあったな…。

伝染(うつ)るんです。

伝染(うつ)るんです。 

posted with amazlet at 14.09.11
吉田 戦車
小学館
売り上げランキング: 17,269

 

居心地のよさを捨てる勇気

tvandchair
これだけ自社アカウントを有名にした人なのだから、広報としての社内評価は高かったでしょうし、既に40代。NHKともなれば定年まで勤められたはずだし、メディアに携わる人間にとってNHKのブランド力は未だ魅力的で、是が非でもしがみつきたくなるものだと思うのです。

いや、わかりませんよ?
NHKの内部事情にも詳しくなければこの方と面識もないので、もしかしたら社内で相当浮いてて居心地悪かったとか、実は期間限定の契約でしたとか、外部の人間は知りえない事情があったのかもしれませんが。

いずれにしても

「俺も20代だったら新しいことに挑戦するんだけどねー」

なんてうそぶく大人が多い中、43歳にして安定を捨て去って新しいチャレンジを選ぶって、なんか単純に面白いじゃないですか。

って、全文読んでないクセに勢いで書いてますが、ようやく築いた安定や肩書き、ステイタスを捨てて未知の世界にチャレンジする40代がもっと増えるような日本になればいいのに、と心から思います。

コンフォートゾーンは手放し難いからこそ、それを捨て去った先に得られるものはきっととてつもなく大きいはずだよね。

と、自分に言い聞かせてみたりして。

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間
岡本 太郎
青春出版社
売り上げランキング: 550



関連記事

女性が一人で生きていくのは大変、という勘違い。

40も過ぎればなんだかんだで一人暮らし歴が長くなってきました。 「女が一人で生きてい

記事を読む

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

8月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15。

By: Patrik Jones[/caption] 毎月初めに1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

我が家のモノは98%がゴミだったとわかってうなだれ中。

By: Erich Ferdinand[/caption] 引っ越しを控えている身内からタイ

記事を読む

40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。 参考 SNAIL RAMP

記事を読む

カメラ、携帯、家電…買ったものの箱は瞬時に捨て去る。

新しいレンズが届いてすっかりご機嫌な私ですが、レンズを本体にセットしてふと思いました。 新しく

記事を読む

音楽CDのデータ化と処分についてまだ書く。

By: Fred von Lohmann[/caption] ついに着手しております。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぬか漬け
夏のお約束、今年もはじめました。

いきなり夏になりましたね。寒いより暑い方が断然好きなので、何

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑