おしゃピクでなぜ悪い インスタ女子の歪んだリア充。

おしゃピク?

ああ、インスタのことでしょ、知ってる知ってる。と思ったら違った。正解は

「おしゃれピクニック、略しておしゃピク」

だそうで。

最先端おしゃれ遊びが「おしゃピク」などという超絶ダサいネーミングなのは誰も気にしてないのでしょうか。

インスタ女子たちの歪んだリア充

おしゃピク=おしゃれpicture=インスタのこと、と連想した私はインスタグラムで流行っているこのおしゃピクムーブメントについて全然知りませんでした。

参考 <「おしゃピク」って何?>インスタ女子たちの歪んだリア充(BLOGOS)

「おしゃピク」とは、「おしゃれなピクニック」の略で、おしゃれなアイテムを持参したピクニックを行い、それを「おしゃれな写真」に収めてインスタグラムなどのSNSに投稿する、という一連の活動をさす。

ピクニックか。楽しいよね、あんまりしたことないけど、まあ花見みたいなもんでしょ? 天気のいい日に昼から外で酒飲むなんて最高じゃないですか。

が、本記事の筆者によるとおしゃピクの目的はピクニックそのものではなくその様子を撮影し、SNSにアップすることであり、どちらかといえば撮影会に近いものである、とのこと。

なるほど。

このおしゃピクなるお遊びにスマホ時代の奇妙な「病」を感じる、と論じる筆者の気持ちもわからなくはありません。

インスタ女子と普通のおじさんのお遊び

でもこれ、カメラ愛好家のおじさま方が複数で観光地に出向き、撮影した写真をプリントして公民館あたりで展示するアレとほぼ同じだよね。撮影対象とプラットフォームと参加者属性が異なるだけで行為としてはほぼ一致。

そう考えれば、おしゃピクなる遊びは別に取り立てて異常な行為とも思えないし、撮影対象(ピクニック風景)も自分でセッティングする必要があるおしゃピクのほうがよりクリエイティブなお遊び、とも言えるかも。

カワイイ!とかおしゃれ!なんて要素に若い女性が過剰に反応するのは昨日今日始まった現象でもないし、大人には理解しがたいイマドキの若者のよくわからない遊びや言葉なんていつの時代も存在している。

関連 それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

おしゃピクって楽しそうじゃない?今度ウチらもやろうよ!じゃあ私はチェックのレジャーシートとかウッディな雑貨とかいろいろ用意するからアンタは料理作ってきて〜、あ、サンドイッチは絶対カゴに入れて、デザートはカッティングボードに盛らなきゃね!テディベアも持ってく?

なんて会話はおじさんおばさんからすれば到底理解不能だけど、本人が楽しんでやってるならそれはただの趣味なので何ら問題はなく。ただ

「好き好んでやっているわけではない」

場合は確かに確かにどこか歪みがあるのかもしれません。

おしゃピク≠リア充アピール

NYfoods_23

ところでおしゃピクってそもそもリア充アピールになるんでしょうかね。

どちらかといえばおしゃれなピクニックをスタイリングする技術とか華麗な撮影テクニックを発揮するステージであり、完成した写真でセンスを褒められるのが嬉しいのであって、リア充アピールとはちょっと違うのでは?と思ってしまうのは私がソロ充だからでしょうか。いや、撮影会のおじさまと同じメンタリティだからか。

もしもおしゃピクをリア充アピール道具だと捉え、自身のイメージUPのために興味もないのに仕方なく実行している、のだとしたら、確かに少々しんどいしちょっと病の香りはする。

一体何のために自分のイメージを無理して作り上げようとしているのかを考える必要もありそうだけど、例えそれが仕事のためであってもやりたくもない興味もないむしろ嫌なことに時間や労力を注ぎ続けるのは誰だって辛い。

関連 サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

ましてや

「おしゃピクの1枚も撮らないとみんなからイケてない女子だと思われる」

なんて強迫観念に動かされてのピクニックだとしたら相当怖い。もはやホラーの域。

あなたが気にしているその「みんな」って一体誰?どこにいるの?その恐ろしげなピクニックは自分の脳内で勝手に作り上げた「みんな」に対する無意味なアピールっていう可能性はない?と、悩めるインスタ女子にこっそり語りかけたい。物事を複雑にしている要因は他人の目じゃなくて、実は自分の思い込みかもしれないよ、って。

ミニマリストの持たない暮らし

今の時代、何かと攻撃・批判の対象にされやすいスマホでの撮影、そして自撮り、SNSでのリア充アピール。

毛穴汚れが確認できるほどのどアップ自撮りを連日ポストする知人男性のアカウントを速やかにブロックした経験が私にもありますけども、嫌なら見ないで済む、というか、見るも見ないも自分で選択できる事。おしゃピクや自撮りやリア充アピールを楽しむも自由、見ないも自由。所詮は愉快なお遊びですからね。

メディアで度々話題になる「悩めるインスタ女子」なるものが、本当に存在するのかどうか私にはわからないけれど。

 




関連記事

40も過ぎれば、トレンドが恥ずかしくなる。

そろそろ湯たんぽも不要かという気候になってまいりました。 3月に入ってから凍えるほど寒い日

記事を読む

毎日ひとつづつ捨てるという試み。

今日で7月も終わりですかー。 今月は新居での生活にも慣れ、新しい生活のペースを確立した

記事を読む

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

2015年の運勢を占う。

12月に入ると来年の運勢占いが雑誌やウェブのあちこちに登場しますね。 そんなことからもなん

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

記事を読む

盗まれた秘密。もう2度と、あの頃には戻れない。

「おたくのメールパスワードが悪いヤツに盗まれて、勝手に無差別メール攻撃してたから、ウチで一

記事を読む

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。 ずいぶん前にハンガー全と

記事を読む

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑