足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 ミニマルライフ, 生き方と考え方

足るを知る者は富む、ということわざがあります。

人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。(故事ことわざ辞典

分相応のところで満足する。

ちなみに「分相応」とは個人の能力や地位にふさわしいこと。

こうして改めて紐解いて見るに、「足るを知る」という考え方は持たない暮らしにも通じるところがあるような気がします。

今を楽しめる人と楽しめない人

昔、とあるテレビ番組で男子大学生2人がこんなやりとりをしていました。

A「俺は今あんまり楽しくない。同年代の奴が喜んでやっているような生活じゃ満足できないんだよね。こんなところで燻ってちゃダメだ、って思うし、いつだってもっとビッグになってやるって考えてる」

B「へー、そうなんだ。僕は結構楽しいこと多いけどな。例えば昨日も自転車乗って駅前行ったら向こうから僕と同じ帽子被った奴が自転車で走ってきてさ。『うわ、同じ帽子!!!』って一人でめっちゃ盛り上がって楽しかった(笑)」

A「…そういう感覚、全然わかんねーわ」

この会話、結構印象に残っています。

一見B君はちょっと心配になるくらい喜びのハードルが低いですが、毎日がすごく楽しそう。A君は向上心を持っているのは素晴らしいけれど、毎日を楽しみながらでもビッグにはなれるはず、と思う。
まあ、A君もまだ大学生ですからね。ちょっと拗らせてると考えればそれも若さの特権としては微笑ましいエピソードです。

この会話だけで判断すると、A君は常に身の丈以上の生活を求め、B君は目の前で起こることをいちいち楽しんでいる。私自身もどちらかと言えばB君タイプだと思います。

こういうのを「足るを知る」と表現するのであれば納得できるのですが、それでも私はやっぱり贅沢がしたい。

贅沢の定義

さて、改めて言葉の意味を調べてみると「贅沢」とは

必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。(goo辞書

とのこと。

あれ、私、言葉の解釈を間違っていたかもしれません。贅沢とは本来「お金」や「モノ」に対して用いられる表現だったのですね。「時間」や「心」にも使う言葉だと思っていました。

となると本来の意味とは少々乖離があるかもしれませんが、やっぱり私は贅沢がしたい。
モノを持たない生活をしている人は贅沢なんて考えないのかもしれないけれど、そもそも私は煩悩にまみれた俗っぽい人間、やっぱり豊かさに強く心惹かれるのです。

さて、私の考える贅沢な暮らしとは

  • 日々元気で過ごせること
  • 機嫌よく暮らせること
  • やりたいことがある、そしてできること
  • 収入を得るためだけの仕事をしないこと
  • 自由な時間があること
  • 快適な住まいがあること
  • 魅力的な友人がいること
  • ファッションを楽しめること
  • 旅に出ること
  • 新しいことを学んだり、チャレンジすること
  • 体が喜ぶ食事ができること
  • 美味しくお酒が呑めること

考えているとまだまだあるかも。
改めて書き出してみると、なんて欲深いんでしょうか。

贅沢、というと高級外車を所有するとかブランドショップで値段も確認せずに服を買うとかそういうイメージがあるかもしれません。そしてそれもまあまあ楽しそうではありますが、私にとってはベンツを乗り回すよりも晴れた日の昼酒のほうが大切だし、よっぽど贅沢。いや、ホントに。

参考 一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

現状に満足する「足るを知る」もいいけれど、明日が今日より1ミリでも愉快で贅沢なものとなるように日々の工夫を重ねたい。
幸いなことに、自分が考える「贅沢な暮らし」はかなり実現できている今日この頃ですが、もっと楽しい日々にできるよね、などと考えるのであります。

とはいえ、新車でベンツ貰えるんだったら貰いますけどね。で、すぐ売りますけどね。売ったお金で鰻でも食べましょうか。

 




関連記事

酒に強い、弱いは体質による 都道府県別酒豪型遺伝子出現率。

By: The British Library[/caption] 先日SNSでこんな記事が

記事を読む

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

依存の強さにうんざりする。

去年1年間で買ってよかったもの、第1位。 関連 2017年 買ってよかったものベスト3

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

今日捨てたもの 10/20 赤い靴と夢の話。

ちょっと久しぶりの「捨て記事」ですね。 季節は変わり、洋服類などは 「もう少し減

記事を読む

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

自分を疑え。

By: Kanko*[/caption] 今年やりたいことを紙に書き出しました。 え、

記事を読む

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。 白髪ケアの記録 簡単かつ

記事を読む

何を持っていたか、もう思い出せない不思議。

By: Matthew Pearce[/caption] 先日発注していた品物が届きました。

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑