足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 ミニマルライフ, 生き方と考え方

足るを知る者は富む、ということわざがあります。

人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。(故事ことわざ辞典

分相応のところで満足する。

ちなみに「分相応」とは個人の能力や地位にふさわしいこと。

こうして改めて紐解いて見るに、「足るを知る」という考え方は持たない暮らしにも通じるところがあるような気がします。




今を楽しめる人と楽しめない人

昔、とあるテレビ番組で男子大学生2人がこんなやりとりをしていました。

A「俺は今あんまり楽しくない。同年代の奴が喜んでやっているような生活じゃ満足できないんだよね。こんなところで燻ってちゃダメだ、って思うし、いつだってもっとビッグになってやるって考えてる」

B「へー、そうなんだ。僕は結構楽しいこと多いけどな。例えば昨日も自転車乗って駅前行ったら向こうから僕と同じ帽子被った奴が自転車で走ってきてさ。『うわ、同じ帽子!!!』って一人でめっちゃ盛り上がって楽しかった(笑)」

A「…そういう感覚、全然わかんねーわ」

この会話、結構印象に残っています。

一見B君はちょっと心配になるくらい喜びのハードルが低いですが、毎日がすごく楽しそう。A君は向上心を持っているのは素晴らしいけれど、毎日を楽しみながらでもビッグにはなれるはず、と思う。
まあ、A君もまだ大学生ですからね。ちょっと拗らせてると考えればそれも若さの特権としては微笑ましいエピソードです。

この会話だけで判断すると、A君は常に身の丈以上の生活を求め、B君は目の前で起こることをいちいち楽しんでいる。私自身もどちらかと言えばB君タイプだと思います。

こういうのを「足るを知る」と表現するのであれば納得できるのですが、それでも私はやっぱり贅沢がしたい。

贅沢の定義

さて、改めて言葉の意味を調べてみると「贅沢」とは

必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。(goo辞書

とのこと。

あれ、私、言葉の解釈を間違っていたかもしれません。贅沢とは本来「お金」や「モノ」に対して用いられる表現だったのですね。「時間」や「心」にも使う言葉だと思っていました。

となると本来の意味とは少々乖離があるかもしれませんが、やっぱり私は贅沢がしたい。
モノを持たない生活をしている人は贅沢なんて考えないのかもしれないけれど、そもそも私は煩悩にまみれた俗っぽい人間、やっぱり豊かさに強く心惹かれるのです。

さて、私の考える贅沢な暮らしとは

  • 日々元気で過ごせること
  • 機嫌よく暮らせること
  • やりたいことがある、そしてできること
  • 収入を得るためだけの仕事をしないこと
  • 自由な時間があること
  • 快適な住まいがあること
  • 魅力的な友人がいること
  • ファッションを楽しめること
  • 旅に出ること
  • 新しいことを学んだり、チャレンジすること
  • 体が喜ぶ食事ができること
  • 美味しくお酒が呑めること

考えているとまだまだあるかも。
改めて書き出してみると、なんて欲深いんでしょうか。

贅沢、というと高級外車を所有するとかブランドショップで値段も確認せずに服を買うとかそういうイメージがあるかもしれません。そしてそれもまあまあ楽しそうではありますが、私にとってはベンツを乗り回すよりも晴れた日の昼酒のほうが大切だし、よっぽど贅沢。いや、ホントに。

参考 一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

現状に満足する「足るを知る」もいいけれど、明日が今日より1ミリでも愉快で贅沢なものとなるように日々の工夫を重ねたい。
幸いなことに、自分が考える「贅沢な暮らし」はかなり実現できている今日この頃ですが、もっと楽しい日々にできるよね、などと考えるのであります。

とはいえ、新車でベンツ貰えるんだったら貰いますけどね。で、すぐ売りますけどね。売ったお金で鰻でも食べましょうか。

 






関連記事

By: Elizabeth McClay

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

一人暮らしのみなさん、自炊してますか? 多くのモノを持たない暮らしをしている方の中には自炊を

記事を読む

By: Gabriel Saldana

捨てたら見えた偏愛傾向、それでもやっぱり欲しいもの。

By: Gabriel Saldana[/caption] 身内の引越しをネタにしたことがあ

記事を読む

By: Craig Leontowicz

今日捨てたもの 大切なのは数か否か。

By: Craig Leontowicz[/caption] もしかすると今年最初の捨て記事

記事を読む

award

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

By: scott feldstein

パソコンはもういらない?PCを処分してスマホで全てをまかなえるか。

By: Yutaka Tsutano[/caption] いやー、もうすっかりスマホなんです

記事を読む

bar

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

nerima37

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

By: Katsuhito Nojiri

宝物をいくつ持っているか。

By: Dave Fayram[/caption] 雨の日にはなんだか部屋の中が狭く思えてま

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

doma1

ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

服を少しづつ減らしている近頃ですが、古くなったから、痛んでしまったからといった事情以外での私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、

焼き春キャベツ献立
焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉

setagaya_15
大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会っ

きくらげとねぎの卵炒め献立
きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨

konbu
昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑