時間はあるのに、減らせない理由。

公開日: : 最終更新日:2018/11/20 やりたいことほしいもの, 読書, 音楽、映画、芸術、世界

ibishotel-hongkong-17

その後も積ん読を丹念に築き続けております。

積ん読と併読と私。

なのになぜか懲りずに書店に寄り、図書館に顔を出し、電書をダウンロードする。馬鹿なのか。

読まなきゃいけない本は淡々と読むし、一旦読みスイッチ入った後は早いんだけどねえ。

本を読む時間はあっても、集中力がない

東京大仏

積ん読の原因はダントツで「読書時間がない」ではないかと思うのですが、私の場合はそうじゃない。時間は、多分ある。1日1時間程度なら無理せず捻出できるはずなのです。普通に考えて、毎日時間に余裕があるからこそ、酒なんて飲んでられるのだ。

一人晩酌のあり方を考える。

なのにこの状態が続くということはやっぱり、集中力と目の問題なのでしょう。

本に限らず、映画でもドラマでも3時間越えの大作を一気見するのはだんだん難しくなってきている。そのくせ1話30分のシリーズものを連続視聴なんてのは苦にならないときているから、やっぱり集中力が欠落してるんだろうなと。

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

さらに、コンタクト装着時は手元にピントがなかなか合わないときたもんだ。しょぼしょぼ。そろそろ本格的にメガネ必要かなあ。メガネはメガネで問題ありなんだけどなあ。

40代は眼鏡か、コンタクトか。女性が気になる問題点とは。

毎度辛気臭い話ですみませんね。

耳で読書は有効か

sudio__

本が読めないのなら、耳で聴けばいいじゃない。

偉い誰かがそう言ったかどうかは知りませんが、確かに「聴く」もありだと思うのです。老眼で目がしょぼしょぼとか、そもそも本を読むのが苦手とか、隙間時間を有効活用したい人にとって、聴く読書はいい方法。

が、私の場合、移動時間は別のことに耳を使ってしまっているのでね。

リスニングを継続する方法、まずは挿せ。

毎日耳に挿さっているので、ここに読書が割り込む隙はありません。「ながら」で読書ができるのがオーディオブックの強みなのだとしたら、例えばブログを書いている時に聞き流す?いや、それも難しい。音楽ならともかく、内容を理解したい「本」を聴きながら「書く」って、できないですよ。書いている言葉と聴いている言葉が頭の中でこんがらがるもの。あれ、私だけ?

歩き瞑想ならぬ、書き瞑想。

そして、英語ならともかく、日本語の読み聞かせに違和感がある。

プロのナレーターさんの読み上げは確かに美しくはあるんだけど、ラジオ番組の進行なんかとは違ってこう、ちょっと芝居がかってるじゃないですか。あれがなんかむず痒い。かといって、話すプロではない著者の朗読なんてのは聴くに堪えない恥ずかしさがあり(失礼)余計無理。

となると、実は小説などフィクションのほうが、耳読書には向いてるのか。

そう考えて試しにいろいろ聴いてはみたのだけど、なんかやっぱり恥ずかしい。ラジオドラマあたりに慣れ親しんだ人だと、違和感ないんでしょうけどね。あと、リラクゼーション系とは相性良さそうですね。瞑想導入ものとか。

我が余暇の共、amazonプライムでも最近はオーディオブックの品揃えが増えてきたからか、1冊無料&聴くだけでamazonポイントが付与されるお試しキャンペーンなどをやっている模様。

本は、聴こう。(Audible)

無料体験期間にAudibleでボイスブックを5分以上聴けば50ポイント(プライム会員なら100ポイント)。

制作コストがかかるせいか、現時点ではかなり高価なオーディオブック。定額料金で毎月1冊ダウンロードできるのは確かにお得ではあるけれど、以前の聴き放題サブスクリプションサービスのほうがよかったような。

まあ聴き放題だと目移りしちゃって食い散らかしならぬ聴き散らかししちゃいそうだけどね。音楽ならともかく、本を聴き散らかすってのもなんとなく妙な感覚だもんね。

あ、でも私はずっと本を何冊も並行して読み散らかしてるんだから、同じことか。

 




関連記事

小さい折り畳み傘

傘がない。

梅雨真っ只中なのに、傘がない。 ビニール傘を最後に使ったのはいつだったか。 以前

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

By: ume-y[/caption] 先日久しぶりに浅草へ出かけました。 久しぶり、

記事を読む

スマートフォンのない生活。

By: Gabriele Barni[/caption] 「数日中に購入します」 と声

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

自分で選んでおきながら文句。

振り返れば特別なことは何もしてなかったおこもり期間ではありましたが、映画や本に費やす時間はたっぷり

記事を読む

table-lamp

増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。 就寝前にブルーライ

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

→もっと見る

PAGE TOP ↑