持たない暮らしのリアルを覗く。

公開日: : ミニマルライフ, 読書

身内の書店員情報によれば、相変わらず収納術やお片づけ関係の本は売れているのだそうです。

関連 収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

王道の主婦雑誌派生型や片づけ・収納のプロによるレクチャー本のみならず、近頃は一般家庭の収納やインテリアに着目した書籍も多くなってきている、というか、むしろ注目を集めているのはこちらのようで。
普通に考えればプロによる片づけ指南のほうが参考になりそうなものですが、

「あ、これなら自分にもできそう」

というリアリティが感じられる情報のほうが部屋を美しく保つモチベーションにつながりやすいのかもしれません。

みんなの持たない暮らしを覗く

などと突如収納関連本に関して書き始めたのはちょこっとだけご協力した「みんなの持たない暮らし日記 」が好調だ、という話を聞いたから。

すっきりと整った衣食住を送っている、大人気のブロガーさんとインスタグラマーさん24人による暮らしの写真日記。(中略)今すぐ暮らしを改善してくれそうな、具体的に役立つノウハウだけでなく、暮らしにまつわる考え方や、心のもち方も、とても新鮮で刺激的です。忙しいとついついおろそかになりがちな、暮らしのあれこれ。ちょっとリセットしたい、すっきりさせたいと思ったとき、背中を押してくれる一言や写真がきっとあります。

私もInstagramは使っていますが酒とか旅関係の写真をチェックすることが多いのでInstagramでシンプルライフやお片づけ界隈がこんなに賑わっているとは知りませんでした。
考えてみればスマホで切り取った日常を手軽にUPできるツールはなるほど、暮らしのあれこれを発信するにはとても便利。そして趣味が合いそうなユーザーをフォローして日々流れてくるすっきりとした暮らしぶりの写真を眺めていれば日々の片づけモチベーションが上がるのは想像に難くありません。

いやいや、一から好みのアカウントを発掘するのがそもそも面倒だわ、という人に役立ちそうなこの本。きちんと片付いていて素敵なんだけれどあくまで「普通の人」の住まいだからこそのリアルな写真が満載のページを繰って、なるほどな、と納得した次第であります。

完璧よりも気になるリアル

これは何もお片づけ関係だけではなく、ファッションでも同じこと。

自分とはかけ離れたパーフェクトボディを持つモデルの着こなしよりも、InstagramやWEARで普通の誰かのリアルなコーディネイトをチェックして参考にしている、なんて方も多いでしょう。特に若い世代はある意味芸術品として作り込まれたモード系ファッション誌からはかなり離れているかもしれません。

ファッション誌が元気だった頃を知っている世代としては少し寂しい気もするけれど、これも時代の流れで決して悪いことばかりじゃない。

普通の人の暮らしやファッションをほんの少し覗けるようになった今、

「作り込まれた完璧」

ではない

「ここにあるリアル」

がなんだか気になるのは、地に足のついたライフスタイルを楽しめる人が増えているとも考えられるわけで。雑誌やテレビの世界にあるキラキラ眩い完璧を誰もが追い求める必要などなく、それぞれが実現したいスタイルをそれぞれに目指せばよいのだ、と多くの人々が気づき始めた証なのかもしれません。

これは別に

「我々一般人は高みを目指さず適当なところで手を打っておくべし」

みたいな諦めとか身の程を知る、なんてことではなく、みんながみんな同じ暮らしを目指して「完璧」とのギャップに苦しむ必要はないよね、という話。

ミニマリストの持たない暮らし

好みなんて人それぞれ。マンダリンのアフタヌーンティーでおしゃべりに花を咲かせるのが幸せ、も正解、明るい時間から大坂屋で赤星と煮込みが至福、もこれまた正解。

自分はどんな暮らしを望んでいるのか、本当は何がしたいのかを知る。「隣のリアル」の覗き見は、自分が実現したいスタイルを模索するのにも役に立ってくれそうです。

 




関連記事

malloni

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

railroad

「ため込む生活からミニマリストになった方、教えて」

もう2年ほど前のトピックですが、納得できる部分があったのでシェアします。 >&g

記事を読む

move

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

chiayi-hotel-12

捨てるのすら面倒なもの、ストックでこころ豊かになるもの。

久しぶりに整理して、何もない状態になりました。何もない。文字通り、ゼロ。 郵便受けにチ

記事を読む

By: sagesolar

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

By: Mainstream

白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

By: farhad sadykov[/caption] いやいやいや。 それじゃなく

記事を読む

By: Lenore Edman

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

qv8

4月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの

昨日に引き続き定例ポストを。 4月は自宅に全くいない状態でしたが、それでも少しだけモノ

記事を読む

170314lg

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

By: Tom Beatty

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

akabane57
職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのもの

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

たらとわかめのしょうが蒸し献立
たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの

nakano-st17
同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、

→もっと見る

PAGE TOP ↑