持たない暮らしのリアルを覗く。

公開日: : ミニマルライフ, 読書

身内の書店員情報によれば、相変わらず収納術やお片づけ関係の本は売れているのだそうです。

関連 収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

王道の主婦雑誌派生型や片づけ・収納のプロによるレクチャー本のみならず、近頃は一般家庭の収納やインテリアに着目した書籍も多くなってきている、というか、むしろ注目を集めているのはこちらのようで。
普通に考えればプロによる片づけ指南のほうが参考になりそうなものですが、

「あ、これなら自分にもできそう」

というリアリティが感じられる情報のほうが部屋を美しく保つモチベーションにつながりやすいのかもしれません。



みんなの持たない暮らしを覗く

などと突如収納関連本に関して書き始めたのはちょこっとだけご協力した「みんなの持たない暮らし日記 」が好調だ、という話を聞いたから。

すっきりと整った衣食住を送っている、大人気のブロガーさんとインスタグラマーさん24人による暮らしの写真日記。(中略)今すぐ暮らしを改善してくれそうな、具体的に役立つノウハウだけでなく、暮らしにまつわる考え方や、心のもち方も、とても新鮮で刺激的です。忙しいとついついおろそかになりがちな、暮らしのあれこれ。ちょっとリセットしたい、すっきりさせたいと思ったとき、背中を押してくれる一言や写真がきっとあります。

私もInstagramは使っていますが酒とか旅関係の写真をチェックすることが多いのでInstagramでシンプルライフやお片づけ界隈がこんなに賑わっているとは知りませんでした。
考えてみればスマホで切り取った日常を手軽にUPできるツールはなるほど、暮らしのあれこれを発信するにはとても便利。そして趣味が合いそうなユーザーをフォローして日々流れてくるすっきりとした暮らしぶりの写真を眺めていれば日々の片づけモチベーションが上がるのは想像に難くありません。

いやいや、一から好みのアカウントを発掘するのがそもそも面倒だわ、という人に役立ちそうなこの本。きちんと片付いていて素敵なんだけれどあくまで「普通の人」の住まいだからこそのリアルな写真が満載のページを繰って、なるほどな、と納得した次第であります。

完璧よりも気になるリアル

これは何もお片づけ関係だけではなく、ファッションでも同じこと。

自分とはかけ離れたパーフェクトボディを持つモデルの着こなしよりも、InstagramやWEARで普通の誰かのリアルなコーディネイトをチェックして参考にしている、なんて方も多いでしょう。特に若い世代はある意味芸術品として作り込まれたモード系ファッション誌からはかなり離れているかもしれません。

ファッション誌が元気だった頃を知っている世代としては少し寂しい気もするけれど、これも時代の流れで決して悪いことばかりじゃない。

普通の人の暮らしやファッションをほんの少し覗けるようになった今、

「作り込まれた完璧」

ではない

「ここにあるリアル」

がなんだか気になるのは、地に足のついたライフスタイルを楽しめる人が増えているとも考えられるわけで。雑誌やテレビの世界にあるキラキラ眩い完璧を誰もが追い求める必要などなく、それぞれが実現したいスタイルをそれぞれに目指せばよいのだ、と多くの人々が気づき始めた証なのかもしれません。

これは別に

「我々一般人は高みを目指さず適当なところで手を打っておくべし」

みたいな諦めとか身の程を知る、なんてことではなく、みんながみんな同じ暮らしを目指して「完璧」とのギャップに苦しむ必要はないよね、という話。

ミニマリストの持たない暮らし

好みなんて人それぞれ。マンダリンのアフタヌーンティーでおしゃべりに花を咲かせるのが幸せ、も正解、明るい時間から大坂屋で赤星と煮込みが至福、もこれまた正解。

自分はどんな暮らしを望んでいるのか、本当は何がしたいのかを知る。「隣のリアル」の覗き見は、自分が実現したいスタイルを模索するのにも役に立ってくれそうです。

 




関連記事

track

ブランディア(Brandear)にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZO USEDの買取額で玉砕した私。 参考 ZOZO USEDの買取査定額が確

記事を読む

gyosan

夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

先日下着を入れている引き出しをあけてみたら、いつのまにか靴下が一足だけになっていました。

記事を読む

140905lg.min

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

sakura4

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。 毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるの

記事を読む

osaka_shinsekai_15

コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買い物の支払いはクレジットカード

記事を読む

By: swong95765

洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

By: swong95765[/caption] 最近ブルーのシャツにボーイフレンドデニム、

記事を読む

By: Kylir Horton

少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

By: Kylir Horton[/caption] 12月に入ったねえと言いつつものんびり

記事を読む

refoundation

使わない香水の買取見積を依頼してみた。

先日手放すことを決めて倉庫に移動させていた香水。 MODE OFFで服を買い取ってもら

記事を読む

160806kix_5

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

prayfor

瞑想のすすめ。散らかった頭の中を整理する方法。

瞑想って随分メジャーになりましたよね。 以前は怪しい団体か宗教かと思われていた部分があ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだと

さんまの酒蒸し献立
さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックし

moooncafe
開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃな

豚ロースの梅照り焼き定食
豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものが

ota_68
普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このま

→もっと見る

PAGE TOP ↑