笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

公開日: : 最終更新日:2018/08/07 読書, 食べること




redwine

いやー、笑った。

笑いました。

先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわりたいのだ

途中他の本を読む必要性に駆られて読み進むのが遅くなってしまったのだけど、久々に本読んで声出して笑ったわ。

ワインなんて旨けりゃいいじゃん、という人に

私はまわりにワイン好きが多いからか、結構いいワインをいただく機会が多いのですが、いかんせん知識がないもので「わー、美味しい」で終わってしまうタイプ。

この本は私のように酒ならなんでも大好き、ワインの名前なんて全然覚えられないや、という三浦しをん氏をはじめとする「ワイン丁稚」たちの成長記録。

ワイン研究科の岡元麻理恵氏による「情報を捨てよ、楽しく語り合いながらワインを飲もう」をテーマにしたワイン講座を受ける模様を綴ったものです。年2~3回のスローペースながら足掛け5年に渡って繰り広げられた講座の様子がすこぶる楽しく描かれています。

三浦しをん氏の洞察力と筆力によるところが大きいのだろうけれど、ワイン丁稚たちのキャラ立ちもよい。

チリワインのモンテス・アルファを「おしゃれなターザン」と擬人化して表現したり、器による味の違いを試すために湯のみに入れたシャス・スプリーンを「子どもの頃飴代わりに舐めていた石の味がする」などというとんでもない例えをしてみたりと、なかなか飽きさせません。

章ごとにはさまれているコラムもかなり噛み砕いて書かれており、退屈さは皆無。おっと、本書に出てきたロアルド・ダールあなたに似た人を後日読まなくては、メモメモ。

あとがきで岡元氏も書いておられますが、ワインって少し興味が出てきて産地や葡萄の品種を憶えたいな、と思っても、まずは言葉から馴染みがなさすぎて挫折しがち。ワインの入門書とよばれるものでも、憶えなければならない要素が多すぎて退屈してしまう人が多いのだそうです。ええ、私もそうですが。

レストランでスマートにオーダーするためとか、美食家の集まり(ってなんだ)で恥をかかないように、なんていう外向きの目的じゃなくて、純粋に自分好みの1本に出会う道具としてのちょっとしたワイン知識を得るため、そして、ワインをもっと普及させるためには、こういう本が役にたつんじゃないかなあ。

だって、読んでいるとすごくワインが飲みたくなるもの。

そして最終章のレストランでの食事はワイン丁稚たちの卒業式に相応しい華やかさ。こういうの読むと久しぶりにかっちりしたフレンチレストランに行きたくなりますね。この本にちなんで、コート・ドールなんてどうでしょう。

ワイン通にはあまりにも初歩的過ぎて面白みに欠けるかもしれませんが、お酒が好きでワインも好きだからもう少し詳しくなってより楽しめるようになりたいな、というお気楽ビギナーにはおススメの1冊です。

 




関連記事

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

厚揚げ 献立

晩酌おつまみ 9/18 厚揚げと葱の香味しょうゆ炒め、ベトナム風なます。

余っていた厚揚げをまたまたシンプルに焼いて食べようか。 と考えていたのですが、少々変化

記事を読む

有楽町 むらからまちから館で味わうミルク感満載のソフトクリーム。

冷え性対策の記事を散々書いておきながら恐縮ですが、ソフトクリームが好きです。 どちらか

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

Comment

  1. マリコ より:

    crispy-lifeさん、こんにちは。
    毎回楽しみに拝見させて頂いてます。
    さて、今回の「ロアルド・ダール」、実は小説は残念ながら読んだことがないのですが、つい2日前に読んだ大好きだった作家の森瑤子さんの小説の中に出てきた名前だったので「おおっ!」と思わずシンクロを感じてしまいました☆
    その中で描かれていたのは「南から来た男」。ライターに10回連続で火を付けられたらキャデラックを、負けたら指を、というような内容です。森さんの小説はそれを題材に描いていますが、秋の夜長、ワイン片手にロアルド・ダールを読みたくなりました。
    それと以前の記事ですが、湯シャン、私も6カ月弱続けています。それと同時にノースキンケア。文字通り何にもつけていません。40代ですっぴんってのもどうかと思いましたが、かなり快適。もちろんたまにはくじけそうな程茶色い肌になりますが(恐らくターンオーバーかと)。湯シャンも本当に正しいのか?と思ってしまいますが、お湯だけのお手軽さと、合成物を取り除いた芯からの健康美を考えたら、どっちも止められません。おかげで時間もお金も浮く上に、洗面がすっからかんになって見事な断捨離。年単位で続けて絶世の美女になったらご報告します。

    • crispy-life より:

      マリコさん

      いつもありがとうございます。

      おおー、またまたシンクロですね。
      ロアルド・ダールは「チャーリーとチョコレート工場」が有名なので、子供向けなのかと思ったら、結構渋い短編が多いようで。このワイン本に登場するのは「味」という短編なのですが、ワインの味から謎を解き明かすといった話のようです。併せて「南から来た男」も読んでみたくなりました。

      >年単位で続けて絶世の美女になったらご報告します。

      おお、是非とも報告して下さい!信じるものは救われると言いますから、シンプルケアで私も絶世の美女になることでしょう(願望)。

      いろいろ有益な情報、ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

→もっと見る

PAGE TOP ↑