アレクサとプライムデーと私。

公開日: : 最終更新日:2021/06/08 音楽、映画、芸術、世界

優柔不断が服を着て踊っていると揶揄される私だって、やるときゃやりますよ。

ということで、前回のプライムデーでとうとう購入したタブレット。

プライムデーで買ったもの

タブレットを手に入れてうれしいな、わあい!というよりは、kindleにするか、fireHDにするかで悩む必要がなくなってやれやれだわい、といったところです。

たったひとつの決断で、長年の悩みが取り除かれることもある。

アレクサとプライムデーと私。

悩みが取り除かれた、は大げさだけど、長年迷い続けていたのは事実。ようやく決着がついてよかったなとは思っています。

で、肝心のブツについてなんですが、購入したfire HD8が、というよりも、Amazon Musicがおそろしいですね。Unlimitedってすごいですね。怖楽しい。

これまで音楽サブスクには手出ししていなかったのだけれど、Prime会員向けキャンペーンに乗っかって申し込んでみたのですよ。

時が止まっているおばさん

世の中の音楽がなんでも聴けるとまではいかないが、少女時代にカセットテープ(!)が擦り切れるまで聞いた懐かしのアルバムから、びっくりするようなレアものまでザクザクで、これは大変なことになったのだと思った次第。

友人宅で1歳児がスピーカーに向かって

「あれくしゃ、あんぱんまんかけて」

と指示を出す姿を見たときはひっくり返りそうになったけど、今や私も立派なアレクサユーザー。ラミレスだのローザだのモリコーネだの、国もジャンルもめちゃくちゃに横断してリクエストしまくり。今時の邦楽にも触れようとあいみょんあたりも聴きかじり、朝の身支度を整える際には、天気予報を読み上げてもらう。

いや、そんなことはSiriにだってできるんだけど、siriの本体は常日頃ハードワークを強いられているじゃないですか。いうてもアレクサは平日数時間だけの在宅勤務じゃないですか。という意識があるのかないのか自分でも皆目わかりませんが、とにかくアレクサ教育中のこの頃です。

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

標準搭載ブラウザ経由でTverが観れない(アプリもない。抜け道的な方法はあるらしいけど※2021追記:アプリリリースされました)とか、そこそこの重量で長時間手持ち使用は疲れるとか、課題点も少なくはないfire HD。使い慣れたPCとスマホ同様の機能を求めるならばやはりiPadがいいんだろうなあ。

しかし、とにかくバッテリーの持ちがよく、ブルーライトカット機能なるものがついておりkindleほどではないにせよ読書もそれなりに捗りそうなので、概ね満足しております。




関連記事

腕を頼りに旅をする。フードトラック始めました。

By: Charleston's TheDigitel[/caption] こういう映画、好

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 ダウンタウン

記事を読む

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「

記事を読む

究極のミニマリストがあまりにもしんどくて哀しい。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。 このフレーズを額面通りに受け取ればとてもポジティブ

記事を読む

ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

ここ数年、ドキュメンタリーを含めインド映画をよく観るようになりました。 餃子のひだと

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

70’S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑