MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ

そろそろパソコンを買い替えたい。初めてそう書いたのはなんと去年の秋、1年近くも前のことでした。

参考 パフォーマンスが著しく低下。

欲しいな、と思いつつも買い替えになかなか踏み切れなかった理由はまだ故障しているわけじゃないからもうしばらくは使えるよね、とか、選ぶのが面倒くさい、とか、細かい理由の積み重ね。

結局身の危険(=突然の終焉)を感じるまで引っ張りまくってようやく買い替えたのでした。

やれやれ。



MacBook Airを購入

MacBook Air '11

次回の買い替えでは原点回帰でMacに戻ろう、と薄ぼんやりとは決めていたものの、最終的に何を選ぶか決めるにはかなりの時間を要しました。結果選んだのは以下。

MacBook Air 11インチ

  • 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 256GBフラッシュストレージ
  • JISキーボード

どこで購入するかも悩んだのですが、iPod Touchの整備済み品をAppleのサイトで購入することもあってあわせて公式サイトで購入しました。どのみちカスタマイズしたのでオフィシャルサイトかアップルストアでしか買えないんですけどね。

迷ったポイント、決めたポイント

これまで使っていたwindowsのノートパソコンが12インチだったので、かなり軽量の新型MacBook12インチRetinaモデルに心奪われたものの、使い勝手に少々不安を感じて却下。ならばやはりAirの13インチか11インチ、と検討したところ、作業のしやすさとしては画面が広く使えて尚且つSDカードスロットがついている13インチ。重量もさほど変わらないしね、と、かなり13インチに傾いていましたが、実物を比べてみると、13インチってやっぱりデカイ。ほぼ毎日持ち歩く身としてはやはり「小ささ」を重視すべきだと考え直したのでありました。

11インチに決定してからもCPUで迷い、メモリで躓き、キーボード配列が決められず、という優柔不断ぶり。iPhoneが故障していなければおそらく未だに迷い続けていたことでしょう。情けない。

最終的に上記のスペックにて決定したわけですが、これが正解かどうかは未だわかりません。もうしばらく使ってみないとね。

あわせて買ったもの

パソコンを新調するために買い揃えたものメモ。

 

基本的には嵩張るのが嫌いなのでカバー類は必要としない裸族なのですが、iPhoneを壊してしまった自分のがさつさを考慮して念のために装着。気休めですけどね。周辺機器としては取り急ぎSDカードリーダーのみ購入しましたが、音楽CDを取り込みたい(これも相当なやるやる詐欺継続中)のでDVDドライブもいずれ必要になるかな。一気にやってしまえばその後は多分必要ないと思うのでレンタルでもいいくらいなんだけど。

※追記 外付けCDドライブも購入しました
関連 音楽CDのデータ化と処分についてまだ書く。

優先順位を見失うから混乱する

私のように優柔不断な人間が陥りやすい罠は

「情報を入れすぎて何を選べばいいかわからなくなる」

というもの。

あれこれ選べるのはありがたいことなのですが、選択肢とそれに伴う情報が多すぎると結局選びきれなくなったりもするわけです。

参考 “選択肢過多(Choice Overload)” 多くの候補から選べるのが幸せ?

7種類ある中から1つのアイスクリームを選ぶのは楽しいけれど、100のフレーバーから1つ選べ、と言われたら楽しいを通り越して迷いがストレスになる。その点

「アイスクリームはいついかなる場合もチョコレート味と決めている」

という人は強いですね。まあ100種類もあったらチョコレート系だけでも10以上は揃っていそうですが、それでも100を10に絞ることは容易なわけで。やはり自分にとって何が大事なのかがわかっているのは大きな強みと言えるでしょう。

花火は毎日あがらない

自分にとって最も使い勝手のよいパソコンとは?というところからスタートしたはずなのに、あれこれ調べているうちにとにかく効率よく高スペックなマシンを低価格で手に入れたい、という方向に逸れていってしまったのがなかなか決められなかった原因のような気がします。
できるだけ高スペックにしておいたほうが下取りの時に有利、なんていう情報を読んではそうか、ならばメモリ積んどいたほうがいいな、などと考えたり。

いやいや、あなた新型出る度に買い替えなんてしないでしょ。一度買ったら故障するギリギリまで使う癖に。

どうにかこうにか決定した後でふと思い出したことがありました。
それは、10年程前の引越し。

あれこれ物件巡りをして最終的に2つの部屋で大いに悩んでいた私。

Aの物件は新築で間取りもデザインも家賃もほぼ理想通り。はっきり言ってここに決めない理由はない、という程の好条件でした。
が、B物件に心奪われた理由は

「花火大会が部屋で楽しめますよ」

という営業さんの一言。
条件的にはA物件に及ばないものの、大規模な花火大会会場が見渡せる高層階の部屋にとてつもなく魅力を感じてしまったのでした。

そのことを友人に話すと、

「花火は毎日あがらないよ」

とのあまりに明快な返答が。うわあ、めちゃくちゃ正論。

毎日の快適な暮らしと1年にたった1度の花火大会、どちらが重要かと考えたら自ずと答えは出たのでした。そんな簡単なことがわからなくなるくらい魅力的な選択肢からひとつだけ選ぶという行為は難しいものですね。まあ、ただの優柔不断ですね。

ちなみにその5年後に引っ越した部屋からは別の大規模な花火大会がベランダから丸見えでした。そうとは知らずに引っ越したので、なんだか妙な気分でしたが、そういうラッキーパンチも人生には転がっているようです。

ええと何の話だ。そうそう、MacBook。

使い始めてまだ間もないのですが、Windowsから乗り換えて良かった点、困った点などもあるのでそのあたりもおいおいまとめていきたいと思います。

※追記 書きました
参考 小さいことはいいことか。




関連記事

By: Timothy Vollmer

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

By: Vincent Anderlucci

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

newbluebag

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

By: Sergio  Pescaico

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

By: Alexander Lyubavin

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

charge_cafe

依存ありきの儚いシンプルライフ。

そういえば、買い換えてから初の遠出でした。 関連 WiMAX2+ギガ放題プランにてMX

記事を読む

musiccd

シェアハウスで断捨離 音楽CDのデータ化。

新しいHDD買ってからにしようかな、いや、別に今じゃなくてもいいし、ていうか、そろそろ5年選

記事を読む

stand_m

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

girlsbe

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

By: Leo Hidalgo

何もしたくない日。

By: Richard Walker[/caption] 年に数日くらいの頻度で 「何

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑