持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

今の暮らしに部屋着はいるのかいらないのか?

この問題については1年を通じて考え続け昨年ひとつの答えを導き出しました。

関連 部屋着に関して2015春の結論

その後1年が経過しましたが、基本的なスタイルは変わっておりません。

が、最近になってもしや部屋着を導入したほうが捗るのでは?という心境になってまいりました。



部屋着?パジャマ? リラクシングウェア?

まず部屋着の定義について。現在私にとっての部屋着とはパジャマのことです。

以前も書きましたが私は部屋着とパジャマ(寝巻き)は分けたい派。外から帰ってきてすぐさまパジャマに着替えてくつろぐ、という方もおられるでしょうが、私はパジャマを着るのは寝る時だけと決めています。これにはいくつかの理由がありまして。

まずは何しろ生粋の怠け者体質なのでパジャマを着て部屋で過ごすとなると途端に人生に対して覇気がなくなるというか、要するに何もしたくなくなるという点。パジャマ着ちゃったらなんか今日はもういいや、ってなって結果ゴロゴロしたりするのが問題なのです。ただでさえ社会人としての基礎体力が欠けまくっているというのにこれじゃあ生きていくのが大変なわけで。

関連 社会人失格ノマドワーカーの仕事術。

そしてパジャマを汚すのにも抵抗がある。別に潔癖でもテキパキお掃除好きの綺麗好きでもなんでもないのですが、部屋にいる時は常にパジャマで過ごすとなると、家事もパジャマですることになるじゃないですか。料理とか、洗濯とか、掃除とか。炒めものして油の匂いが移ったパジャマでベッドに入るというのはあまり気持ちのいいものではない、と思うのですがどうなんでしょう。まあパジャマでもエプロンすればいいじゃないかという話ですが、汚れは防げても匂いは付くしなあ。

などと元来うつけ者の私が起きている間は外に出られる格好をするようになったのは現在自室を一歩出れば人目がある環境だということも大きいかも。もちろんパジャマでうろつくことは可能ですが、裸族はダメ、パン一も不可。おかげで着衣の習慣がしっかり身につきました。いや、元々服は着てましたけども。

外に出られるパジャマじゃなくて家で寛げる外着

そんなこんなで部屋着は不要、パジャマがあればそれでいいじゃない、という生活をしてきた私。普段部屋で過ごしている時間はデニムにTシャツ、なんていういわゆる「ご近所スタイル」で通していました。そのままの格好でちょっと近所まで買い物に行けるくらいの感じ、と言いましょうか。が、最近になってパジャマとご近所スタイルの中間、いわゆる「室内着」を導入しようかなあという気になってきました。

理由は、デニムがすぐダメになるから。

なんかここ数年でデニムばっかり捨てていたのですが、よくよく考えれば他のアイテムに比べて使用頻度がめちゃくちゃ高いんですよね。さらには部屋着としても活用していたものだから、そりゃダメになるわ、と考えたわけで。

関連 今日捨てたもの 買い物する手間、選ぶ手間。

もちろん徹底的に1本のデニムを活用してダメになったらまた新しいものを買う、というサイクルが心地よければそれでいいのですが、私はどちらかというと気に入ったアイテムとは長く付き合いたいタイプ。さらにボトムスに関してはサイズがぴったり来るものと出会える機会がなかなかないので、合うものが入手できたら体型を維持してずっと使い続けたいのです。

と、探してはみるもののなかなか新しいお気に入りに出会えない今、改めてそう思う。

かと言って昔の自分がしていたような

「ラクだけどそのまま外には出られないみっともない格好」

で過ごすのはもうイヤだしなあ。

よって、方向性としては「コンビニくらいならギリギリ行けるパジャマ」じゃなくて「家でも窮屈じゃなくて寛げる外着」が理想。ややきれい目のスウェットとかワンピースあたりを部屋着に使って、これから出会えるはずのお気に入りデニムの消耗を防ぐ作戦に移行しようと思います。

ミニマリストの持たない暮らし

そうだよねえ、部屋着の使用って外着の消耗を遅らせるためでもあるんだよねえ。ってこんなこと普通は最初から考えつきそうなものですが、私の場合はまずは部屋着はパジャマのみ、と定義したことによって見るに堪えない部屋着で過ごす習慣を排除できた功績のほうが大きい。

ノーメイクを止めたのも同じ理由によるものですが、私の中でオンとオフの差がだんだん少なくなってきているのだなあと感じる今日この頃。いいように考えればようやく肩の力が抜けてきてラクに生きられるようになった、ってとこでしょうかね。

 




関連記事

By: Matthew Pearce

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

sportsshoes

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

By: db Photography | Demi-Brooke

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経

記事を読む

By: EvelynGiggles

40代一人暮らし、これからの投資について考える。

By: Pictures of Money[/caption] 確定申告作業が終了しました。

記事を読む

nightbuilding

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

By: Mark Hunter

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

NB

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

ネズミ履きができるスニーカーはいねがーとアンテナを張り巡らせること数週間。 靴とパンツ

記事を読む

140826lg

おしゃれに必要なのはお金かセンスか、それとも。

先日衣替えをしまして。 関連 どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。 おっと

記事を読む

By: Martha Soukup

最小限の持ち物を最大限に活かす。

By: Martha Soukup[/caption] 昨日は週に1度の休肝日、そして休胃日

記事を読む

Kaohsiung_lunchbox_4

徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。 「時期

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    部屋着もパジャマも持ってないです。ストレッチのデニムでいけてます。その前はグラミチパンツを10年以上愛用してました。どちらも楽なので部屋着買う感覚がないです。寝る時はTシャツ&パンツで夏は無しですw
    流せるポケットティシュを買うようになってから何年もトイレットペーパーも買ってない。
    もしかしたら俺は変なのかもしれないw

    • crispy-life より:

      カワさん

      部屋着を分けてなくても長持ちする場合もあるのですね、もちろん素材や縫製にもよるのでしょうが。
      ティッシュペーパーを使うのをやめてあれこれをトイレットペーパーで代用するようになった、というのはよくある話ですが、ポケットティッシュで賄うのはレアですね。ヘンな話ですが、ポケットティッシュだと面積的に不安だったりしませんか?なんというかこう、日々いろんな状況があると思うので。

      • crispy-life より:

        カワさん

        公の場でヘンなこと聞いてすみません、ご配慮感謝!紳士!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑