持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

今の暮らしに部屋着はいるのかいらないのか?

この問題については1年を通じて考え続け昨年ひとつの答えを導き出しました。

関連 部屋着に関して2015春の結論

その後1年が経過しましたが、基本的なスタイルは変わっておりません。

が、最近になってもしや部屋着を導入したほうが捗るのでは?という心境になってまいりました。

部屋着?パジャマ? リラクシングウェア?

まず部屋着の定義について。現在私にとっての部屋着とはパジャマのことです。

以前も書きましたが私は部屋着とパジャマ(寝巻き)は分けたい派。外から帰ってきてすぐさまパジャマに着替えてくつろぐ、という方もおられるでしょうが、私はパジャマを着るのは寝る時だけと決めています。これにはいくつかの理由がありまして。

まずは何しろ生粋の怠け者体質なのでパジャマを着て部屋で過ごすとなると途端に人生に対して覇気がなくなるというか、要するに何もしたくなくなるという点。パジャマ着ちゃったらなんか今日はもういいや、ってなって結果ゴロゴロしたりするのが問題なのです。ただでさえ社会人としての基礎体力が欠けまくっているというのにこれじゃあ生きていくのが大変なわけで。

関連 社会人失格ノマドワーカーの仕事術。

そしてパジャマを汚すのにも抵抗がある。別に潔癖でもテキパキお掃除好きの綺麗好きでもなんでもないのですが、部屋にいる時は常にパジャマで過ごすとなると、家事もパジャマですることになるじゃないですか。料理とか、洗濯とか、掃除とか。炒めものして油の匂いが移ったパジャマでベッドに入るというのはあまり気持ちのいいものではない、と思うのですがどうなんでしょう。まあパジャマでもエプロンすればいいじゃないかという話ですが、汚れは防げても匂いは付くしなあ。

などと元来うつけ者の私が起きている間は外に出られる格好をするようになったのは現在自室を一歩出れば人目がある環境だということも大きいかも。もちろんパジャマでうろつくことは可能ですが、裸族はダメ、パン一も不可。おかげで着衣の習慣がしっかり身につきました。いや、元々服は着てましたけども。

外に出られるパジャマじゃなくて家で寛げる外着

そんなこんなで部屋着は不要、パジャマがあればそれでいいじゃない、という生活をしてきた私。普段部屋で過ごしている時間はデニムにTシャツ、なんていういわゆる「ご近所スタイル」で通していました。そのままの格好でちょっと近所まで買い物に行けるくらいの感じ、と言いましょうか。が、最近になってパジャマとご近所スタイルの中間、いわゆる「室内着」を導入しようかなあという気になってきました。

理由は、デニムがすぐダメになるから。

なんかここ数年でデニムばっかり捨てていたのですが、よくよく考えれば他のアイテムに比べて使用頻度がめちゃくちゃ高いんですよね。さらには部屋着としても活用していたものだから、そりゃダメになるわ、と考えたわけで。

関連 今日捨てたもの 買い物する手間、選ぶ手間。

もちろん徹底的に1本のデニムを活用してダメになったらまた新しいものを買う、というサイクルが心地よければそれでいいのですが、私はどちらかというと気に入ったアイテムとは長く付き合いたいタイプ。さらにボトムスに関してはサイズがぴったり来るものと出会える機会がなかなかないので、合うものが入手できたら体型を維持してずっと使い続けたいのです。

と、探してはみるもののなかなか新しいお気に入りに出会えない今、改めてそう思う。

かと言って昔の自分がしていたような

「ラクだけどそのまま外には出られないみっともない格好」

で過ごすのはもうイヤだしなあ。

よって、方向性としては「コンビニくらいならギリギリ行けるパジャマ」じゃなくて「家でも窮屈じゃなくて寛げる外着」が理想。ややきれい目のスウェットとかワンピースあたりを部屋着に使って、これから出会えるはずのお気に入りデニムの消耗を防ぐ作戦に移行しようと思います。

ミニマリストの持たない暮らし

そうだよねえ、部屋着の使用って外着の消耗を遅らせるためでもあるんだよねえ。ってこんなこと普通は最初から考えつきそうなものですが、私の場合はまずは部屋着はパジャマのみ、と定義したことによって見るに堪えない部屋着で過ごす習慣を排除できた功績のほうが大きい。

ノーメイクを止めたのも同じ理由によるものですが、私の中でオンとオフの差がだんだん少なくなってきているのだなあと感じる今日この頃。いいように考えればようやく肩の力が抜けてきてラクに生きられるようになった、ってとこでしょうかね。

 




関連記事

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

増え続ける洋服をなんとかしたい!クローゼットの上手な整え方5ステップ。

現在発売中の雑誌「天然生活」10月号に興味深い特集があったので読んでみました。 私が気

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

白のパンツに頼りきった生活を送っています。 パンツって、下着じゃないです。ズボンのほう

記事を読む

女が鞄に忍ばせる奇妙なお守り。

先日食事に出かけた時のこと。待ち合わせ場所に現れた友人の足元に目がいきました。 最近は

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場です。 70代ミニマリスト

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    部屋着もパジャマも持ってないです。ストレッチのデニムでいけてます。その前はグラミチパンツを10年以上愛用してました。どちらも楽なので部屋着買う感覚がないです。寝る時はTシャツ&パンツで夏は無しですw
    流せるポケットティシュを買うようになってから何年もトイレットペーパーも買ってない。
    もしかしたら俺は変なのかもしれないw

    • crispy-life より:

      カワさん

      部屋着を分けてなくても長持ちする場合もあるのですね、もちろん素材や縫製にもよるのでしょうが。
      ティッシュペーパーを使うのをやめてあれこれをトイレットペーパーで代用するようになった、というのはよくある話ですが、ポケットティッシュで賄うのはレアですね。ヘンな話ですが、ポケットティッシュだと面積的に不安だったりしませんか?なんというかこう、日々いろんな状況があると思うので。

      • crispy-life より:

        カワさん

        公の場でヘンなこと聞いてすみません、ご配慮感謝!紳士!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑