夜の街を徘徊する。

公開日: : 最終更新日:2018/04/24 一人飲み, 健康と美容, 旅人への道

NB

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

打ち合わせのために駅から少し距離のある場所へ出向いた日のみが1万歩超えを記録し、フラの日はなぜか8,000歩台という謎現象が起こる。

いつもと同じ距離を歩いて行き帰りしたのになんでこんなに差が出た。誤差として処理するには振り幅が大きすぎる気もするのですが、原因は果たして。結局週間平均値は7,453歩/日でした。

夜の街を徘徊する

ota_64

歩数を意識し始めてから3週目の特徴は、土曜日の歩数が伸びていたこと。理由は明確、深夜徘徊です。

お勤めをしていないので金曜の夜の晴れがましさとか土曜の朝の開放感みたいなものとはほぼ無縁の生活を送っておりますが、それでも私にとって土曜日はちょっと特別な曜日なのです。

なぜなら、唯一昼酒を許している日だから。

打ち合わせ等の予定さえ入っていなければ朝から飲もうが昼まで寝ていようが基本自由なのですが、そうなると生活が乱れに乱れることは目に見えている。よって、毎日早寝早起き、昼から酒を飲むのは週末の土曜日のみ、というルールを自ら設定しているのです。もちろん、誰かと約束がある時はこの限りではありませんが。

先週も早起きしていそいそと所用を済ませてから、散歩がてらいそいそと昼飲みに出かけ、早々に帰宅。その後はワイン片手に部屋で映画など楽しみ、軽く昼寝して、と予定のない週末の王道コースを大満喫。しかし夜になってまた外に出たくなり、久しぶりの深夜徘徊を実施したのでした。

深夜に街に出て何をしているかというと、別に何もしていなくて、文字通りただの徘徊です。

深夜徘徊は工場見学

ソイ38 屋台

生活がすっかり朝型になったこともあり、夜遊び的なことはほぼしなくなったこの頃。プレイヤーとしてではなく、完全なる傍観者の立ち位置にて所謂夜の歓楽街を流す行為は謎の面白さがある。自分も確かにそこにいるんだけど、ちょっとした隔たりがあるというか、工場見学っぽいというか、目の前でリアルVシネが繰り広げられているような感覚。Vシネ観ないけど、夜のイメージとして。

千鳥足のお父さんやら調子に乗って大声を出す大学生あたりはこのシーンにおける主要キャストとしても、慣れない酒で泥酔している若い女の子なんて見かけちゃうとハラハラして、お嬢さん電車があるうちに早くお帰りなさいななどと声をかけたくなったりもします。

不思議なのは、昼間あれだけそこかしこに溢れている外国人観光客を殆ど見かけないこと。東京は夜遊びスポットが少ないことが不満とか何とかいうアンケート結果を以前読んだことがあるけれど、彼らはどこにいるのか。六本木とかか。

訪日客の「夜遊び消費」狙え 勝負は8時から午前3時(NIKKEI STYLE)

ミュージカルに、音楽ライブやダンス。欧米では大人が深夜まで楽しめるクラブ文化が根付いている。世界でナイトタイムエコノミーと呼ばれる「夜遊び経済」を盛り上げようという機運が、日本でも高まってきた。

そうか。観光客向けの夜遊びってのは深夜にも楽しめるわかりやすいショーやライブであって、リアル夜東京探索ではないのか。当然といえば当然だし、いくら治安のいい日本でも怪しい歓楽街ウロウロなんてハードル高いのかもしれないけど、街の日常を覗き見るのも面白いんだけどな。

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

そう思うのは、私が地味な旅好きだからでしょう。そしてこの深夜ご近所徘徊は、いつも旅先でやっているそれと同じ行為だわ、と今書いていて気が付きました。

バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。

目ぼしい通りをパトロールした後、韓国料理店のカウンターでビールを飲んで帰りました。健康を意識して歩数がどうとか言ってるくせに深夜散歩でビール飲んでちゃ台無しですが、気持ちのいい夜だったのでまあいいじゃないですか。

時折湧き上がるこの深夜徘徊欲。最近はすっかり収まってたのに、なんで急に出たくなったのかしらと考えてみれば、おそらく季節問題です。暖かくなるとおかしな人が増えるといいますからね。私もその一員ですね。

 




関連記事

40過ぎた大の大人が歯科で泣く 40代の親知らず抜歯記録。

By: Steve Snodgrass[/caption] 40代になって親知らずを抜きまし

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

大人のセブ島短期英語留学記録 「セブ日記」はじまる。

苦手な寒さから無事脱出、南の島に到着しました。 今回の旅の目的地は毎度おなじみフィリピ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 9日目 とにかく寝た。

主につま先の冷えが深刻な末端冷え性の私。 これまでは冷たいなー寒いなー、と思いながらもその場し

記事を読む

マリベルNY

うっとうしい割れ方の原因は。

長年携えた癖や、その日限りの寝癖ならばわかるが、後天的かつ突発的な癖の変化はあるのでしょうか

記事を読む

NY ホテルエジソン窓からの景色

ニューヨークで迎えるクリスマスの過ごし方。

2016年のクリスマスはニューヨークで過ごしました。 滞在中は残念ながら晴れの日が少な

記事を読む

バルセロナのおすすめホテル サグラダファミリアも徒歩で行ける。

スペイン・バルセロナの旅記録です。 関連 スペイン バルセロナ旅行 気になる治安、持ち

記事を読む

昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメントジプシーとなりつつあるこの頃。

記事を読む

セブシティのホテル事情とおすすめバジェットホテル。

セブ島に滞在する際はよっぽどのことがない限りセブシティのホテルを選択します。 前回マク

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑