自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 生き方と考え方

arakawa28

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。

なんでも、一度別の幼稚園に入園したものの通ううちにその園の教育方針に疑問を持つようになり、別の選択肢を考えるようになったとのこと。ようやく見つけた理想の場所は人気が高くいろいろ手間ではあるけれど、待ってでもここに通わせるという判断を下したそうな。

「幼少時の環境や親から受けた影響で自分が長年苦しんだから、自分の子供はできるだけのびのびできるようにって思ってしまうんですよね」

愛ですね。

自分大好き

arakawa18

別の友人の小学生になる息子さんは、とにかく僕が大好きだそうな。日常的に

「僕は僕のことが大好き。いるだけでいいの、完璧なの」

などとごく自然に発言するというから驚きます。いやあ、凄すぎるでしょう。小学校低学年にして自己を認識している賢さとか、長所も短所もひっくるめてありのままの自分を受け入れることを戸惑わないその感覚は一体いかにして養われたのか。

持って生まれた素質とか、親の遺伝という線もあるけれど、自分大好きな僕のお母さんはどちらかといえば自分のことが嫌過ぎて苦しんでばかりだという。お母さんの分析によれば、通っていた幼稚園の特殊な教育方針の影響もあるのかも、とのことなので、なるほど、冒頭の友人の選択も頷けます。

自分大好き。

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

時としてネガティブな意味合いで使われがちな表現ではありますが、そりゃ大嫌いよりは大好きなほうがいいよね。自分を肯定できなくてどうして他者にやさしくなれましょうか。

日本人の自己肯定感が低い理由

thai food25

もちろんね、親がどうこう言っても、大人になったら自分でどうにかできるし、どうにかしなきゃなんだけどね。と、友人は言う。

育った環境、親の影響。これらが人生の方向性を決める大きな要因となっていることは明らかですが、決して理想的ではない状況下で育った子供も、大人になれば自分で舵取りができるようになると信じている、というか、願っております。

母が憎い、娘が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

無意識下に植えつけられた望ましくないものに自分で気付き、方向転換できるのが大人の醍醐味だけれど、しなくていい苦労ならそりゃしないほうがいいに決まってる。四六時中自分を責めて生きるより、なんの疑いもなく自分が好き、と笑えるほうがいろいろ好都合でしょう。

大人になった時に影響が?!子どものうちに自己肯定感を高めよう!(ベネッセ)

日本の子どもたちの自己肯定感が低いことの要因として、謙虚さを大切にするといった考え方や個人主義的な発想を良いこととしない国民性があると言われています。

なるほど、そうかもしれない。誰かに褒められた時にわーいうれしい、ありがとう!と答えるより、いえいえそれほどでも、とか、私なんて全然、とか返すのが礼儀、みたいな感覚あるもんね。アホらしいけど。

この自己肯定感というヤツは成長し、世間を知り、知恵がついていくほどに下がっていくものらしい。ならば余計に子供時代くらいは「自分大好き」でいれたらいいね、と、小さなお友達を見るたびに考えるのであります。

成功体験は、作れる。

私なども友人からあんたのその自信のなさがイラつくとまで言わしめた自己肯定感低め属性の人間ですが、幸いにも何の苦労もなくのほほんと育ってきたので、もはや素質なのでしょう。

しかしもしかすると、幼女の頃の些細な出来事がきっかけで自分は特別な存在であると認識できていた可能性もなきにしもあらず。ならば大人は子持ちか否かに関わらず、近所のおじさんおばさんおねえさんお兄さん、もちろんおばあさんおじいさんの嗜みとして、ヴェルターズオリジナルくらいは常備しておくべきかもしれません。

 




関連記事

街で偶然知人をみかけても99%声をかけない。

商店街の八百屋の前で、右手にねぎを掴んで立ち尽くしていると声を掛けられました。ねぎから意識を

記事を読む

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

こんにちは、の先制打。

By: 4johnny5[/caption] 改めて告げるまでもないのですが、割と単独行動が

記事を読む

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 先日カフェで隣席に座っ

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

私の周りで結構話題になっています、これ。 起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

記事を読む

新しいことを始める、全然怖くない方法。

By: Taylor McBride[/caption] 去年の夏、毎日1つづつ何かを手放す

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑