自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 生き方と考え方

arakawa28

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。

なんでも、一度別の幼稚園に入園したものの通ううちにその園の教育方針に疑問を持つようになり、別の選択肢を考えるようになったとのこと。ようやく見つけた理想の場所は人気が高くいろいろ手間ではあるけれど、待ってでもここに通わせるという判断を下したそうな。

「幼少時の環境や親から受けた影響で自分が長年苦しんだから、自分の子供はできるだけのびのびできるようにって思ってしまうんですよね」

愛ですね。

自分大好き

arakawa18

別の友人の小学生になる息子さんは、とにかく僕が大好きだそうな。日常的に

「僕は僕のことが大好き。いるだけでいいの、完璧なの」

などとごく自然に発言するというから驚きます。いやあ、凄すぎるでしょう。小学校低学年にして自己を認識している賢さとか、長所も短所もひっくるめてありのままの自分を受け入れることを戸惑わないその感覚は一体いかにして養われたのか。

持って生まれた素質とか、親の遺伝という線もあるけれど、自分大好きな僕のお母さんはどちらかといえば自分のことが嫌過ぎて苦しんでばかりだという。お母さんの分析によれば、通っていた幼稚園の特殊な教育方針の影響もあるのかも、とのことなので、なるほど、冒頭の友人の選択も頷けます。

自分大好き。

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

時としてネガティブな意味合いで使われがちな表現ではありますが、そりゃ大嫌いよりは大好きなほうがいいよね。自分を肯定できなくてどうして他者にやさしくなれましょうか。

日本人の自己肯定感が低い理由

thai food25

もちろんね、親がどうこう言っても、大人になったら自分でどうにかできるし、どうにかしなきゃなんだけどね。と、友人は言う。

育った環境、親の影響。これらが人生の方向性を決める大きな要因となっていることは明らかですが、決して理想的ではない状況下で育った子供も、大人になれば自分で舵取りができるようになると信じている、というか、願っております。

母が憎い、娘が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

無意識下に植えつけられた望ましくないものに自分で気付き、方向転換できるのが大人の醍醐味だけれど、しなくていい苦労ならそりゃしないほうがいいに決まってる。四六時中自分を責めて生きるより、なんの疑いもなく自分が好き、と笑えるほうがいろいろ好都合でしょう。

大人になった時に影響が?!子どものうちに自己肯定感を高めよう!(ベネッセ)

日本の子どもたちの自己肯定感が低いことの要因として、謙虚さを大切にするといった考え方や個人主義的な発想を良いこととしない国民性があると言われています。

なるほど、そうかもしれない。誰かに褒められた時にわーいうれしい、ありがとう!と答えるより、いえいえそれほどでも、とか、私なんて全然、とか返すのが礼儀、みたいな感覚あるもんね。アホらしいけど。

この自己肯定感というヤツは成長し、世間を知り、知恵がついていくほどに下がっていくものらしい。ならば余計に子供時代くらいは「自分大好き」でいれたらいいね、と、小さなお友達を見るたびに考えるのであります。

成功体験は、作れる。

私なども友人からあんたのその自信のなさがイラつくとまで言わしめた自己肯定感低め属性の人間ですが、幸いにも何の苦労もなくのほほんと育ってきたので、もはや素質なのでしょう。

しかしもしかすると、幼女の頃の些細な出来事がきっかけで自分は特別な存在であると認識できていた可能性もなきにしもあらず。ならば大人は子持ちか否かに関わらず、近所のおじさんおばさんおねえさんお兄さん、もちろんおばあさんおじいさんの嗜みとして、ヴェルターズオリジナルくらいは常備しておくべきかもしれません。

 




関連記事

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

自分の名前、好き?嫌い?

By: Paul Joseph[/caption] 先日初対面の方に自己紹介したところ

記事を読む

人生の停滞感が半端ない。

By: Conal Gallagher[/caption] どうにも落ち着きがないもので、自

記事を読む

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

行動せずに、見ただけで満足してしまう人。

先日某社より 「株主優待の申し込み期限が切れる前にお引き換えください」 なる案内

記事を読む

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

初心者 瞑想

何一つ変化していないのに揺れる不思議。

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先のことばかり考えて、肝心要の「今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑