春日野道 お好み焼き「えみちゃん」暫定1位店は神戸にあり。

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 一人飲み, 食べること

お好み焼きが好きです。

関西でお好み焼きというとやっぱり大阪が本場だよね!てなことになりがちですが、私は声を大にして言いたい。

お好み焼きは神戸のほうが旨い、と!!!!

もちろん大阪のお好み焼きもいいのですが、同じお好み焼きといっても、作り方からして違うので、同じ料理として扱っていいのかどうかも疑問。

大阪のお好み焼きは生地とキャベツ、卵などを混ぜ合わせたものを鉄板に乗せ、その上に具材を乗せて焼いていくタイプが多いです。

お好み焼き好きの暫定一位店は神戸にあり

emichan_2

一方神戸のお好み焼きは大阪に比べて生地の水分量が多く、ゆるい。
よって、キャベツと混ぜて焼く方式であっても、生地だけがキャベツ下に落ち、クレープ状に薄く焼きあがるのが特徴です。

また、最初からキャベツと混ぜずにクレープ状に鉄板に伸ばした生地の上にキャベツを乗せていく方式を取っている店もあります。広島のお好み焼きもこのタイプでしょうか。残念ながら私は広島風のお好み焼きも好きなのですが広島に行ったことがなく、本場の味を語れません。ああ、行ってみたい。

さて、神戸神戸と言ってますが、私が最も信頼しているのは神戸市中央区の極一部地域に密集しているお好み焼き店のそれ。
神戸といえば長田のぼっかけ(スジ煮込み)お好み焼きなどが有名ですが、私が推したいのは神戸の中心地である三ノ宮の一駅隣「春日野道」界隈のお好み焼き文化。

まず地元の人しかいないような商店街のある街ですが、なぜかお好み焼き屋さんが多い。
生田川付近に点在しているお好み焼き屋さんの評価が密かに高いのをご存知の方も多いかもしれませんが、その中で私が一番好きなのは「えみちゃん」というお店。
初めてここのお好み焼きを食べた時、カリカリと焼き上がった生地をヘラで切り分けて口へ運び、ビールとともに流し込みながら

そうよ、お好み焼きって、こういうもんだよ!!!

と、一人で大きくうなずいてしまいました。

おばあちゃんが焼き、おじいちゃんがサーブしてくれる鉄板テーブル3つだけの小さな小さな店。お客さんは地元の顔なじみばかり。そんな何気ない場所で素晴らしい味と出逢えます。しかも、豚、イカ、スジ、などのレギュラーお好み焼きが1枚400円。

400円ですよ??

もっと都会のほうでは立派な海老や貝の入った1000円オーバーのお好み焼きが当たり前のように焼かれているというのに、ここでは400円。たしか瓶ビールも400円くらいだったような。
いいの?こんな美味しいもの400円で食べさせてもらっていいの?ねえ、おじいちゃん!!とおじいちゃんに絡まずにはいられません。(しないけど)

なんてことないシンプルなお好み焼きで、サイズもそんなに大きくはない。でも、本当に美味しいと思う。

特徴といえば、普通のソースの他に韓国風のコチュジャンソースが置かれていることかな。これがまたビールに異様にマッチする。

いろんなところでお好み焼き食べまくってきたけど、コストパフォーマンスも考えると、私の中で暫定1位と言ってもいいかもしれない、とまで惚れ込んでいるお店。
おすすめは写真の豚+かすのお好み焼き、550円。

油かすとはホルモンの一種で、お好み焼きに入れると独特のコクが出てグッと旨みが増す魔法の食材。最近仕入れ値が高騰しているらしく、油かすトッピングのみちょっとお高めの150円。それでも、550円!!!

書いてたらまた行きたくなったなー。えみちゃんのお二人はご高齢ですが、いつまでもお元気でお店が長く続くことを祈るばかりです。

関連 神戸で酒を飲むならば。お好み焼き、ベトナム中華、大衆食堂。

 




関連記事

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

ステーキサラダ献立

ステーキサラダ、トマトと新玉ねぎのスープ献立。

ステーキフリットという控えめに言って悪魔のような食べ物がありますが、魅力的であることは認めま

記事を読む

イワシの塩焼き

いわしの塩焼き、ほうれん草のサラダで赤ワイン。

つい先日も同じメニューを食べたところなんですが。 いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハー

記事を読む

ぬか漬け奴

ぬか漬けおつまみ奴、たぬき蒸しなす献立。

長きに渡りぬか床に放置され、酸っぱく塩っぱく漬かりきったぬか漬け。 彼らの救済策として

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

鶏むね肉のトマトマリネ

白ワインで家飲み 鶏むね肉のトマトマリネ。

早い時間に軽めに済まそう、と決めた土曜日の夜。 残っていた食材を考えるとワインに寄せる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑