台湾一周一人旅 駁二芸術特区に旗津フェリー、高雄を遊ぶ。

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 旅人への道

Kaohsiung_1

台湾一周一人旅も5都市目に突入。高雄に到着しました。

もともとは立ち寄る予定のなかった高雄ですが、台南から台東へ行くとなんだか旅も後半戦、南へ南へと移動していたのにいよいよ北上って感じになるのだなあなどと考えたらもう少し南側でウロウロしようかという気持ちに。

往生際悪いですね。

さて高雄に滞在するとなれば高雄を拠点にして台湾最南端の墾丁まで行くのもいいなとか、いやいや月世界ってのも気になるし、などと考えておりました。




高雄駅周辺

Kaohsiung_6

高雄市(たかおし/カオシュンし、中国語: 高雄市、英語: Kaohsiung)は、台湾南部に位置する台湾第二の都市。市内には台湾最大でアジアでも香港港・シンガポール港・上海港に次ぐ規模のコンテナ港である高雄港を有しており、台湾で消費される石油の大部分が輸入され同国の重工業を支えている。また輸出港としてアルミニウム、木及び紙製品、肥料、セメント、金属、機械類、船舶が輸出されている。(wikipedia)

Kaohsiung_4

Kaohsiung_5

さすが台湾第二の規模を誇る都市。駅の様子から駅周辺から突然都会でなんだかクラっと来てしまいました。おいおいお前は東京で暮らしてるんじゃないのかという話なのですが、台北をすっ飛ばして比較的のどかなエリアを回ってきた私の目の前に突然現れた巨大都市、という感じでオロオロ。

Kaohsiung_40

荷物をコインロッカーに預けて暫く駅前を散策したのですが、妙に都会すぎて面白みが感じられず、正直高雄に来たのちょっと失敗したかも…と思ってしまいました。これ、完全に深夜特急症候群ですね。

 

高雄市内の移動手段

tainan_lunchbox_225

などと巨大都市にまるで不満があるかのような出だしになりましたが、車にもバイクにも乗れない私にとって地下鉄が通っているのはかなりありがたい。

Kaohsiung_7

券売機でこのトークンを購入し切符代わりに使います。
と、せっかくICカードを持っているくせになぜトークンを買ったのかというと、主に台北で広く使用されているICカード「悠遊カード」は現時点では高雄の地下鉄で使用できず、2016年の7月より対応予定との情報を得たからなのでした。私の愛用しているPITAPAが都電では使えないのと同じようなことですね。がしかし。

Kaohsiung_93

私が台中で入手したのはコンビニエンスストア「OKマート」のICカード。これを勝手に悠遊カード形式のそれだと思い込んでいたけれど、よくよく確認してみるとこれ、高雄をはじめ主に南部で利用されているらしい「一卡通(ipass)」形式だった。と後から気付いて以後このカードを利用して移動。もちろんバスもこのカードで乗車OKです。

ちなみに台北の地下鉄やバスはすでに一卡通に対応しているので偶然とはいえ一卡通カードを購入したのは結果として正解でした。まあ7月からはどこでも使えるようになるんですけどね。

とにかく、徒歩かタクシー、そして本数の少ないバスしか選択肢がなかった今までに比べて移動はグンと楽になりました。

高雄で泊まったところ

Kaohsiung_54

前日の夜に急遽抑えた高雄の宿。列車の中でよくよく確認してみればチェックイン時間がなんと17:00になっているではないですか。遅ッ!!って自分が見てなかったのが悪いんだけど、にしても遅すぎない?なんで?

Kaohsiung_42

Kaohsiung_50

しかもダウンタウンを彷彿させる薄暗い路地に佇んでいる。こりゃ失敗したかね、と思いきや

Kaohsiung_53

宿自体は至って明るく清潔なものでした。

チェックインしてみてから気付いたのですがこのSINGLE INNというところはどうやらサウナ付き大浴場がウリの簡易ホテルのようで。日本でいうサウナ付きカプセルホテルみたいな感じ?終電逃しちゃったしもうサウナ泊まってくか、みたいなアレ。いや、泊まったことないんで想像で言ってますが。だからチェックイン時間が遅いんだ、なるほどね。

Kaohsiung_51

今回は女性専用エリアのシングルルームを利用。まあシングルって言っても単に個室なだけでドミトリーと価格もさほど変わらず。

詳細はまた改めて書きますが、高雄でこのタイプの宿を選択したのは結果としては正解でした。レビューにはせっかくの大浴場が汚くて入れなかった、なんて意見もあったけど、空いてたからか綺麗だったし毎回貸切状態でした。極楽極楽。

※追記 詳細書きました
関連 台湾一周一人旅 高雄、台東、花蓮で利用したお手頃で便利なホテル。

高雄で行ったところ

Kaohsiung_48

さて当初は高雄を拠点にちょっと遠出をしようかと考えていたのですが、じりじりと焦げるような暑さと都会の熱気にやられて少々弱気になる私。そもそもこれまでも結構あちこち出歩いて移動して、の繰り返しだったんだから、ここで欲出して飛ばすと後半に差し支えるかもしれないな、と考えたのです。そりゃそうだ。

月世界も墾丁も魅力的だけどせっかく地下鉄の通ってる街にいるんだから高雄市内でのんびり過ごすことにしましょう。宿もゆったりお風呂付き、だしね。

旧高雄駅

Kaohsiung_43

現在の高雄駅から歩いてすぐの位置にある2002年まで利用されていた旧駅舎がそのまま残されています。

Kaohsiung_44

現在は資料館として使われています。

Kaohsiung_47

和の雰囲気が漂うこの駅舎は日本統治時代に建設された最後の駅なのだとか。

Kaohsiung_46

Kaohsiung_45

極々小規模の展示スペースですが高雄と高雄駅の歴史がわかる資料映像なども放映されていてなかなか楽しかったです。他のエリアでもそうだったんだけど、台湾って鉄道に対する思い入れが凄く強い印象。こんな風に旧駅舎跡地を保存、利用している駅が少なくありません。

調べてみたところこの展示は2017年までの限定公開のようです。

参考 2017年までの限定公開!博物館になった旧高雄駅は鉄道ファン必見!(travel.jp)

駁二芸術特区

Kaohsiung_24

地下鉄オレンジラインで向かったのは鹽埕埔駅。

Kaohsiung_9

目指すは駁二芸術特区です。

参考 高雄市・駁二芸術特区(台湾地方文化館)

「駁二芸術特区(特別区)」は高雄港第三ドックにあり、1973年に高雄港の倉庫として建設されました。関係機関が2000年の建国記念日祝賀花火大会の開催場所を探していたとき、偶然にこのスペースを発見しました。後に「高雄駁二芸術発展協会」と「樹徳科技大学地方芸術発展工坊」が、「文化部」の「未利用スペース再利用計画」の資源を利用して活性化計画を実施した結果、ここは、台湾南部の実験創作アトリエ、及び工芸クリエイティブ発展センターに変身しました。

こちらも古い施設を再利用しているパターンですね。

Kaohsiung_15

Kaohsiung_22

新進アーティストによる現代アート展示の他映像作品の上映など不定期のイベントも多く開催されている模様。

Kaohsiung_26

この日はテントが出ていてクリエイターによる作品やアクセサリー、器や手作り石鹸などの販売が行われていました。

Kaohsiung_29

Kaohsiung_19

この線路はかつて港で荷物の運搬に使われたものでしょうか。

Kaohsiung_27

ちなみに現在でもこの場所から高雄港を巡る観光フェリーが出ています。

Kaohsiung_28

Kaohsiung_32

周りにはカフェやレストランも多いからか、家族連れのレジャーやデートスポットとして人気を集めている模様。

Kaohsiung_25

作品の尻に粘土を埋め込む作業に興じる男児。

Kaohsiung_20

そこら中こんな状態なんだから、そりゃ子供も楽しかろうね。

Kaohsiung_34

駅前にはレンタサイクルもあったので駁二芸術特区メインでこの辺りをぐるっと散策するのもなかなか楽しいかもしれません。

旗津フェリー

Kaohsiung_146

さて高雄湾のフェリーに興味を持ってしまった私はもうちょい進んで地下鉄オレンジラインの終点・西子湾まで行って旗津行きのフェリーに乗ることにしました。

Kaohsiung_91

Kaohsiung_92

フェリー乗り場までは1番出口から歩いて10分くらい。

Kaohsiung_95

Kaohsiung_96

このフェリー乗り場付近はどうやら巨大かき氷のメッカになっているらしく、恐ろしサイズのかき氷に挑んでいる勇者の姿がちらほら。みなさんお腹気をつけてくださいね。

Kaohsiung_98

さて、旗津とは高雄市内でも早くから開発が進んでいたエリア。もともとは本島と繋がっていたのですが高雄に新たな港を作るために1967年に本島と切り離され独立した島になったそうです。

Kaohsiung_100

このフェリーは観光用ではなく、普通に通勤・通学の足になっているためこのように住民が優先通行できるシステムになっています。そりゃそうだ、観光客のせいで遅刻した、とか悲しいもんね。

Kaohsiung_101

乗船料金は25元(約90円)もちろんICカードが使えます。本数は5~10分間隔と地下鉄並みの多さ。それだけ利用者数が多いんでしょうね。

Kaohsiung_105

Kaohsiung_106

Kaohsiung_108

到着までは10分程度。
庶民の足になっているフェリーといえば香港のスターフェリーを思い出すなあ。

Kaohsiung_109

あっという間に旗津側に到着。

Kaohsiung_110

フェリー乗り場付近は人力車の呼び込みや屋台がひしめき合っていてお祭りムードが漂っています。

Kaohsiung_111

Kaohsiung_112

Kaohsiung_113

Kaohsiung_114

そして旗津には海水浴場もある。

Kaohsiung_120

Kaohsiung_122

十分泳げる暑さだけれどまだ真夏じゃないからか水着になっている人は少なめ。なかなか綺麗なビーチです。

旗津でシーフードを堪能

Kaohsiung_135

旗津は港町らしく魚介類を食べさせる店がずらっと並んでいます。旗津に限らず、台湾のこの手の海鮮レストランはどこも素材を選んだら勝手に料理して出してくれるシステムの店が多いみたい。

Kaohsiung_136

そして店先のディスプレイでは魚を氷攻めにするプレイがデフォルトのようです。大物魚は一人じゃ無理だけど、せっかくだから何かいただきましょう。

Kaohsiung_124

その名もズバリ旗津海産店という店で、シラウオと

Kaohsiung_125

貝を一種選んで席で待ちます。

Kaohsiung_126

海鮮店ではちゃんと昼からビール呑めるのね、ありがたい。うふふ。

Kaohsiung_134

Kaohsiung_127

Kaohsiung_133

ちょうど厨房から料理が出てくるカウンターのまん前の席だったのでいろんな料理が見れて楽しい。

Kaohsiung_129

さらには人様のテーブルに並ぶご馳走をチラ見しながら待つ事数分。シラウオは天ぷらに、

Kaohsiung_130

貝は辛味の効いた炒め物になって登場しました。

Kaohsiung_132

一人だけどせっかくだからターンテーブルに料理を並べてみる。

シラウオの天ぷらはサクッとしたフリッター状の仕上がりで塩だけじゃなくてケチャップが添えられているのが新鮮。やっぱり台湾の人は甘いものが好きだから、かな?
貝の炒めものは味噌のような舌触りを感じる調味料が絡んだかなり強めの味付け。ん?なんだこのハーブの風味は?とよくよく味わってみるとこれ、バジルだ。台湾料理にバジルを使うって今まで知らなかったけど、なるほど、普通のバジルよりも野性味のある味わいで唐辛子の風味とよく合います。どちらもビールが進むいいおつまみでした。

※追記
ocapiさんからコメントをいただきました。これ、もしかしたらこの貝、カタツムリだったかもしれません。

お会計はしめて260元(約910円)。大人数で来た方がいろいろオーダーできていいのはもちろんだけど、一人でもサクッと昼酒が楽しめる海鮮系の店、いいじゃないか。

と、上機嫌で店を出ると突如現れる看板犬ならぬ看板オウムチーム。

Kaohsiung_139

Kaohsiung_142

Kaohsiung_137

みなさんお綺麗で、などと褒めていると

Kaohsiung_140

この日纏っていたカンガに目をつけられ弄ばれる。

Kaohsiung_141

足まで導入してもう夢中。楽しんでいただけましたでしょうか。

Kaohsiung_152

帰りはなぜかフェリー乗り場が大混雑で1本やり過ごす羽目になりましたが何しろ本数が多いので問題無し。

Kaohsiung_153

Kaohsiung_155

フェリーの小さな船旅を満喫しました。

 西子湾で雪綿冰

Kaohsiung_160

さて再び西子湾駅に向かう途中、かき氷がどうにも気になってしまう。だって大碗公ってど迫力のネーミング、しかも商標取ってるっぽいですね。

Kaohsiung_163

別の店では30倍巨無覇。なんかダイナミックな戦いです。

Kaohsiung_161

もちろん戦いに挑むことはなく、普通サイズをオーダー。

Kaohsiung_166

芒果雪綿冰65元(=約230円)。普通サイズでも結構なボリュームです。

Kaohsiung_165

このミルク味のかき氷って普通の氷より薄くて儚い食感だからか結構ペロッといけちゃうよねえ。残すかも、と思ったけど難なく完食いたしました。

Kaohsiung_162

30倍とまではいかなくてもこれくらいのサイズを2人で、くらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

Kaohsiung_167

などと思っていたら戦いの跡が。そうか、スプーンじゃなくてお玉でサーブするのか。勝ったのか負けたのかは見極めが難しいところでありますが、碗の数から察するに大人数でチャレンジした模様でなんだかほっとしました。

美麗島駅

Kaohsiung_36

高雄の地下鉄レッドラインとオレンジラインが交差する乗換駅、美麗島駅。
雑誌やウェブサイトが発信する世界で最も美しい駅ランキングの上位常連なのはステンドグラスを使ったパブリックアートの存在が影響している模様。

Kaohsiung_38

Kaohsiung_39

この作品を手がけたのはイタリア人アーティストなんだとか。

Kaohsiung_37

そして駅外観はこんな感じ。

Kaohsiung_58

おお、ステンドグラスもいいけど外観の方が個人的には好みかも。

Kaohsiung_56

Kaohsiung_57

出入り口部分のデザインを手がけたのは日本人建築家高松伸氏です。

パブリックアートは実際にみるとそんなにスケールが大きいものではないのでわざわざこれを見に高雄に行くことはないと思うけれど、高雄にいればきっと通るであろうこの駅。移動のついでにふとこんなスポットに立ち寄れるのは好ましいですね。

そして高雄地下鉄のジングル、とは言わないか、なんだあれ、発車のベル??とにかく、発車の際にホームで流れる音楽がどうにも台湾らしくてグッとくるのです。

愛河

Kaohsiung_64

美麗島駅と駁二芸術特区の間を流れる河、その名も愛河、Love River。

Kaohsiung_65

Kaohsiung_66

橋やクルーザー、川沿いの道もライトアップされていてちょっとした夜景スポットになっているようです。

Kaohsiung_62

河の名前も夜景もそれはそれはロマンチックなシチュエーションではあるのですが、川沿いの店からか船から激しく繰り広げられるカラオケ合戦がロマンを上回っていて微笑ましい。よってこんな風に一人でふらふら写真撮りに出かけても全然場違い感はありません。カラオケパワー恐るべし。

六合夜市

Kaohsiung_67

美麗島の駅前に広がる夜市、六合夜市。

Kaohsiung_68

こちらはこれまでの都市でチェックした夜市とは違って駅前なわけですよ。気軽に来れる場所なわけですよ。

Kaohsiung_71

Kaohsiung_74

高雄らしく海鮮系の店がずらっと並んでいるわけですよ。となると

Kaohsiung_73

やっぱり!ここ六合夜市ではビールを置いている店がかなりたくさんありました。どうなんだろう、やっぱり交通の便と夜市での飲酒状況は関係あるのかしら?

Kaohsiung_78

海鮮は旗津で食べたので、せっかくだからたまには夜市の屋台っぽいものでも食べますか。

Kaohsiung_82

で、胡椒餅20元(=約70円)。平たく言えばブラックペッパーのたっぷり効いた台湾バーガーってとこでしょうか。結構パンチが効いてて美味しいけど、これひとつでお腹一杯になっちゃうなあ。あ、違う、この前に海鮮入りビーフンも食べたんだった。そりゃ腹膨れるわ。

Kaohsiung_80

入り口ではバルーンアートのパフォーマーが

Kaohsiung_81

ギャラリーの少年をアシスタントに据えて子供の可愛らしさを武器に客足を伸ばす。

Kaohsiung_83

規模的にも内容的にもここの夜市は酒飲みには結構嬉しいかも。駅から近くてアクセスがいいのも嬉しいところです。

と、振り返ってみれば結局高雄駅周辺をうろちょろしただけで終わっちゃったなあという感じの高雄滞在でしたが、ここらでペースダウンしておくのも一つの作戦。なんだかんだで結構充実してたしお風呂にもゆっくり入れたし、で最初の「高雄に来たのは失敗だったか?」のカンは幸いにも大外れしたのでした。

と、またまた恐ろしく長くなりましたが、台湾一周の旅はまだまだ続きます。

関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

 






関連記事

ikegami_lunchbox_22

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

naia_10

マニラ空港ターミナル2での夜明かし、ターミナルフィー2016。

とにかく時間を潰す場所が少ないフィリピン・マニラニノイアキノ国際空港(NAIA)。 こ

記事を読む

mabolo

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 関連 ダウン

記事を読む

sportsshoes

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

旅の靴問題に関してひとつの答えが出ました。 関連 最小限の旅ファッション、問題はいつだ

記事を読む

By: Moyan Brenn

40代になっても、懲りずにしつこく学び続ける。

By: Moyan Brenn[/caption] 以前1ヶ月間毎日続けてみたオンライン英会

記事を読む

kikumasa2

灘の酒蔵巡り その3. 菊正宗酒造記念館 やっぱり俺は~。

灘の酒蔵巡りの続きです。 参考 灘の酒蔵巡り 2015 やっぱり~俺は~って、結

記事を読む

taichungbox_11

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

タイ バンコク

旅行の荷物は準備不足で増えていく。

そんなわけでバンコクに入りました。 タイも約1年ぶりでしょうか。 まあこの1年は珍し

記事を読む

Comment

  1. ocapi より:

    ハッとしたことがあり、今更感は否めませんが(笑)、コメントさせてください!

    お召し上がりになった「貝」は、いわゆる海の貝ではなく、山の貝、つまりカタツムリだと思います。調理された料理を見る限り、おそらくもっとも一般的かつメジャーなカタツムリ料理である「炒螺肉」に見えるので、そう思いました〜。

    とはいえ、アタマの部分が見えませんし、正確に判別できないので、間違っているかもしれませんが!

    ちなみに、台湾においてカタツムリ(特に外来種であるアフリカマイマイ)の食文化は、日本植民地時代との密接な関わりがあり、たどるのが面白いテーマでもあります!

    • crispy-life より:

      ocapiさん

      !!
      そうかもしれません。

      実はこの貝的なものが何というものか、どういった種類のものなのか知りたくて調べたのですが明確な答えが出ずに「貝」とだけ表現したのですが、炒螺肉の画像を確認してみるとそんな気がします。

      もしもカタツムリだったとなると新たな疑問なのですが、海鮮料理の店に魚とともに並べられていたということは、台湾ではカタツムリは「シーフード」扱いなのでしょうか。魚貝類であることは確かですが、海鮮料理に入るのかと考えれば不思議なような。

      などという私のしょうもない疑問よりもカタツムリの歴史のほうが興味深いですね。こんな情報をいただけるなんてブログを書いていると時にはいいことがありますね、ありがとうございます!

  2. ocapi より:

    お返事が遅くなりすみません!
    カタツムリの生物学的な分類はよくわからないのですが、台湾の街角のシーフード店で散見されるカタツムリの「シーフード」としての扱いについては、実はわたしもずっと気になってきました。いろいろと台湾人に聞いているのでが、人ぞれぞれ言うことが違い、たどっていくのが結構難しいんじゃないかと思っています。

    というのも、巻貝類を「カタツムリ」と総称し、海と陸の区別なく一緒に並べているシーフード料理店、「海に生息する巻貝を提供している」あるいは「食用田螺」といいながら、実際にはアフリカマイマイのような、陸に生息し、雨がふったら出てくる(我々が想像する)カタツムリを販売している(悪徳?詐欺?)店、「そもそも貝だから他の貝類と合わせて、シーフードに加えていいだろう」という店主個人の考え(テキトーさ?)に依るお店など、様々あるのです。
    いわゆる「炒螺肉」という料理自体も、アフリカマイマイを使用せず、田螺を使用している場合もあるようです。
    このようなカタツムリをめぐる「ビミョー」な扱いからも、「カタツムリ」をどう位置づけるか、結構ごちゃごちゃした実情があることがおわかりいただけるかもしれません・・・

    なので、お召し上がりになった貝も、もしかしたらわたしが調査中によく食べていたアフリカマイマイではなく、別の種類の「カタツムリ」だったかもしれません(わたしが原住民族の村で食べていたものは、もう少し全体的に黒っぽかったですが、台北の店頭で見かけた「カタツムリ」、確かにお写真のようにクリーム色がかったブツでした)。
    また何かわかりましたら、共有させてください!

    • crispy-life より:

      ocapiさん

      カタツムリ情報ありがとうございます。

      こういうの掘るのすごく好きです、楽しいです!って私は疑問を書いてocapiさんに丸投げ状態ですが。

      おっしゃるようにカタツムリ詐欺の線もありそうですね。それぞれ仕入れ値は大きく異なるものなのでしょうか。それもこれも台湾でカタツムリが一般的な食材であるから起こり得ることなのでしょうね。そして調べてみるとアフリカマイマイって結構危険生物扱いされている代物なのですね。知りませんでした。現在日本ではあまり馴染みのない食材ですが、俄然興味が湧いてきました。

      >また何かわかりましたら、共有させてください!

      ぜひぜひ!お待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑