ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

ホタルイカと新じゃがのオイル蒸し

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

ホタルイカを使った定番つまみといえば、やはり酢味噌和えでしょう。

山口の酒 雁木 夏 辛口純米で晩酌 ホタルイカの酢味噌和え。

しかし本日はこれまた旬の新じゃがが目に入ってしまったのでした。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたしで晩酌

ほたるいかと新じゃがの蒸し焼き献立

  • 野菜と豚肉のごま味噌汁
  • 大根梅和え
  • 春キャベツのおひたし
  • ほたるいかと新じゃがの蒸し炒め

野菜と豚肉のごま味噌汁

野菜と豚肉のごま味噌汁

味噌汁は先日の残りもの

春キャベツのおひたし

春キャベツのおひたし

茹でて水気を切った春キャベツを鰹節としょうゆで。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め

茹でて輪切りにした新じゃがいもを潰したにんにくと共にフライパンに並べ、オリーブオイルをまわしかけ蓋をして蒸します。軽く焼き色がついたら下処理したボイルホタルイカと白ワインを投入。じゃがいもにホタルイカの香りがつくようにさっと炒め合わせます。うつわに盛ってパセリと粗塩を振ったら完成。

「蒸し炒め」という表現が果たして適切なのかどうかよくわかりませんが、蒸し焼きや蒸し煮と呼ぶよりは炒めが近いかな、と。今日は汁物や副菜がご覧の通り純和風だったので冷酒を合わせましたが、メニューによっては白ワインも大有りですね。むしろ、味付けに和の要素がほぼないですね。

ワインを飲む日のおつまみ

ホタルイカは予め目とくちばし、軟骨をちまちまちまちまと取っておきます。この下処理作業、面倒といえば面倒なのですが、年に1回か2回くらいしかやらないので毎回割と新鮮に取り組めます。で、なんとなくハマるのです。

こういうやや面白みのある下処理って他に何があるだろうかとしばし考えてみるも、他に思いつきません。野菜の千切りはどうにも単調すぎるし、もやしのヒゲ取りも数が多すぎて途方に暮れ、毎回道半ばで挫折してしまう。魚については達成感はあれどもう少し大げさな作業になるし、豆にはまだ手出ししたことがない。

工程が3つありいずれも簡単、失敗なし。尚且つサイズが小さく労力が少ないことを思えば、ホタルイカってのは下処理界隈では結構な人気を博すのではないかと思うのですがどうなんでしょう。

と、ホタルイカを調理するたびに同じようなことを書いてしまう私なのであった。来年もきっと書く。

 




関連記事

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め、ちぢみほうれん草とえのきのゆずびたし献立。

本日2/14はバレンタインデーですね。 バレンタインは製菓会社の戦略がまんまとハマって

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

焼き油揚げ

晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。

焼いた油揚げがメインという、なんともいなたい晩酌献立。 いなたい、っておそらく方言なの

記事を読む

砂ずり塩焼き

砂肝の塩焼き、にんじんとわかめのナムル。

砂肝、砂ずり。 個人的には焼き鳥屋の品書きで記されている印象の強い「ずり」がしっくりく

記事を読む

豚肩ロースステーキ赤ワインソース

豚肩ロースのソテー赤ワインソースと赤ワイン。

年末にスペインへ旅をして再認識したのだけど、ワインを飲みましょうという場面では俄然赤より白に

記事を読む

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

家飲み献立 11/28 蕪のしょうがあんかけ、砂肝ポン酢漬他全5品で晩酌。

TGIF! 発注していた一升瓶が到着したし、金曜日だし、何か目先の変わったものでも作ろ

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮

さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたまりがちです。 ブログを書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑