ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

ホタルイカと新じゃがのオイル蒸し

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

ホタルイカを使った定番つまみといえば、やはり酢味噌和えでしょう。

山口の酒 雁木 夏 辛口純米で晩酌 ホタルイカの酢味噌和え。

しかし本日はこれまた旬の新じゃがが目に入ってしまったのでした。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたしで晩酌

ほたるいかと新じゃがの蒸し焼き献立

  • 野菜と豚肉のごま味噌汁
  • 大根梅和え
  • 春キャベツのおひたし
  • ほたるいかと新じゃがの蒸し炒め

野菜と豚肉のごま味噌汁

野菜と豚肉のごま味噌汁

味噌汁は先日の残りもの

春キャベツのおひたし

春キャベツのおひたし

茹でて水気を切った春キャベツを鰹節としょうゆで。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め

茹でて輪切りにした新じゃがいもを潰したにんにくと共にフライパンに並べ、オリーブオイルをまわしかけ蓋をして蒸します。軽く焼き色がついたら下処理したボイルホタルイカと白ワインを投入。じゃがいもにホタルイカの香りがつくようにさっと炒め合わせます。うつわに盛ってパセリと粗塩を振ったら完成。

「蒸し炒め」という表現が果たして適切なのかどうかよくわかりませんが、蒸し焼きや蒸し煮と呼ぶよりは炒めが近いかな、と。今日は汁物や副菜がご覧の通り純和風だったので冷酒を合わせましたが、メニューによっては白ワインも大有りですね。むしろ、味付けに和の要素がほぼないですね。

ワインを飲む日のおつまみ

ホタルイカは予め目とくちばし、軟骨をちまちまちまちまと取っておきます。この下処理作業、面倒といえば面倒なのですが、年に1回か2回くらいしかやらないので毎回割と新鮮に取り組めます。で、なんとなくハマるのです。

こういうやや面白みのある下処理って他に何があるだろうかとしばし考えてみるも、他に思いつきません。野菜の千切りはどうにも単調すぎるし、もやしのヒゲ取りも数が多すぎて途方に暮れ、毎回道半ばで挫折してしまう。魚については達成感はあれどもう少し大げさな作業になるし、豆にはまだ手出ししたことがない。

工程が3つありいずれも簡単、失敗なし。尚且つサイズが小さく労力が少ないことを思えば、ホタルイカってのは下処理界隈では結構な人気を博すのではないかと思うのですがどうなんでしょう。

と、ホタルイカを調理するたびに同じようなことを書いてしまう私なのであった。来年もきっと書く。

 




関連記事

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

にんじんだけのレシピ

人参の葱塩炒め、白菜のサラダ。

大根おろしが苦手だと再三書いていますが、千切りも好きではありませんでした。 何しろ、手

記事を読む

手羽元と大根の生姜煮

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

寒くなってから妙に味噌汁率が上がっております。 味噌汁の具は各家庭によってさまざまでま

記事を読む

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その4. 台南駅 台鐵素食便當。

台南での街歩きを堪能した後、ここからの経路を考える。 当初のなんとなくの予定では台南の

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

野菜たっぷり晩ご飯 9/24 鶏スープ春雨。

昨夜はなんとなく肉々しかった。 よって、本日は野菜多めで簡単なメニューにしよう、と決め

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

肉団子と白菜の蒸し鍋

肉団子と白菜の蒸し鍋で家飲み。

3/3は桃の節句。 小さい女の子がいる家庭以外は特別なことはしないでしょうが、スーパー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑