遺伝子レベルで太陽を欲している。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

By: xanday

両親宅を訪問するとそこには知らない外国人がいた。

いや、知らない外国人風男性と化した父親がいた、が正しい。

というか、かつては知らない外国人男性風にに父親が変化することは承知の上であった、が模範解答。

それなのになぜ今回はこんなに驚いたのだろうとよくよく考えてみれば、ここ何年間かは正月にしか帰省していなかったからに過ぎない。

そんなわけで、神戸にいます。

夏の風物詩

150117k5

四捨五入80になろうという都会暮らしの老人とは思えぬ褐色の肌で現れた父。海辺暮らしでも農業に従事するでもない年金暮らしの男性がなぜかようにこんがりと焼けているのか、しかもTシャツ焼けとかじゃなくて結構な全身焼け。我が親ながら理解に苦しむところであります。

とは言っても、これは別に昨日今日始まったことではなく、私が物心ついた時から繰り返されてきた夏の風物詩。

「せっかくの厳しい日差しは自然の恵み、日陰を選んで歩くなど笑止」

と言い切る父は毎年夏が来れば日本人離れしたビジュアルに変身するのが常なのでした。その色合いをカラーコードで表現するなら#663232といったところでしょうか。決して地黒ではないのによくぞそこまで、と感心せざるを得ません。というのは嘘で感心するほどに呆れながら一体何を目指しているのか、何になりたいのか、と問いただせば

「火葬場でよく焼けるように下焼きに勤しんでいる」

と老人ならではのブラックジョークを繰り出してくる始末。

脳の病で倒れた時には家族揃って覚悟を決めたものですが、相変わらずで何よりです。

遺伝子レベルで太陽を愛する

長年の習慣である肌焼きについて、改めてなぜそうするのかと聞かれても本人にも明確な理由はわからないらしく、ただただ陽に当たるのが好きだから、という返答しか得られませんでした。しかし誰もが我が目を疑うその姿で一般的には洒落た街との呼び声も高い神戸を闊歩していたら職務質問されるのもやむなしかと思うのですが意外にそれはなく、それでも公園のベンチで焼いていると巡回中の警備員さんに

「熱中症に気をつけてくださいね」

と度々声をかけられるのだとか。そりゃそうだ、そんな丸腰の老人が炎天下で寝そべってたら誰だって怖いよ。ご迷惑をおかけして申し訳ございません、見知らぬ警備員さんよ。

しかし物事には限度というものがあるし、好きだけでそこまでするはずがない。異常なまでに太陽を欲する、または褐色の肌を渇望する何かが遺伝子レベルで組み込まれているのではないか、という仮説を立ててみたのですが別に真剣に論じるべき価値のあるトピックスでもないのでさほど深くは掘り下げず。とりあえずは夏と太陽をこよなく愛する父のためにメンズのギョサンをオーダーした次第です。

関連 夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

大病をしても特に落ち込むでもなく、退院当日から淡々とリハビリに勤しみ、今では自転車を乗り回したり暴飲暴食に励んだりが普通にできるようになるまで回復した父。別にひょうきんものではないけれど、何事にも前向き、というかあまりにも楽観的なその性格の大半を私も引き継いでいるのだろうなと思わずにはいられません。

「これだけ焼いてもなんともない自分の血を引いているお前の肌も本当は強いはずなのだ」

先日の皮膚科での検査結果を報告するとこんな見事なすり替え話法での叱咤激励すらいただきました。それとこれとは全くの別問題というか、そもそも私そんなに焼く趣味も予定もないですけどとりあえずありがとうございます。その何事も良いように考える技術を私も負けじと磨き続け日々精進したく思います。

そんなわけで、久しぶりの神戸の夏なのです。




関連記事

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

ホーチミンから寝台列車に乗って、ニャチャンに到着しました。 ホーチミンからニャチャンへ

記事を読む

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

By: The Library of Congress[/caption] 「携帯嫌だ、持ちたく

記事を読む

妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

By: Karyn Christner[/caption] 先日とある会で知り合った女性が食事中

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

年を取るほど幸せになるという話。

年を取っても偉くも賢くもなれないと言い放った舌の根が乾かぬうちにアレですが。 40代半

記事を読む

ストール

シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

好きなものに関してはしつこい私。 ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑