旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い続けて数十年。

それでも最近はさすがに慣れてきたのか、あまり苦じゃなくなってきました。

関連 旅の準備が簡単になった理由。

これを書いたのは1年前ですが、確かにそうだ。旅行だからといってわざわざ買い物に行くなど何か特別なことをしなくなってからというもの準備は楽になったのでした。

そして楽になったからといってさすがに余裕かまし過ぎた感があります。諸々やらねば。

旅行の準備はコーディネイト作りから始める

旅の準備

旅に最低限必要なものは各種チケット予約と現金、クレジットカード、パスポート。これさえ忘れなければどうとでもなるので改めて考えるのは洋服の選択だけ。ここさえクリアできれば勝ったも同然ですね。

私の旅の準備は毎回ロルバーンにコーディネイトパターンを書きだすことから始まります。しかも↑かように謎のイラストで。きっと人には妙な記号にしか見えないでしょうが、私にはこれでもどのアイテムを意味するかわかるのです。
旅の予定を考慮しつつこんな風に5パターンくらいのコーディネイトを考えて最終的に持参するアイテムを決定する、というスタイルがここ数年のやり方。

旅の準備を効率的に済ませるために毎回同じ旅の持ち物リストを使う、という人もいるでしょうが、季節によっても旅の目的によっても持参するアイテムは変わるもの。よって私は洋服に関してはリストの使い回しはしません。そして組み合わせを考えずに適当に数だけ考えて服を選ぶと不要なものを持っていく羽目になりがちなので、まずはコーディネイトから考える癖がついた、という訳なのでした。

夏、1ヶ月、スーツケースあり

By: AnneCN

さて、今回は夏の旅1ヶ月、ややフォーマルあり。基本は以前書いた内容と殆ど変わりありませんが、それでも今回用に新たにコーディネイトは組みました。例え行き先や日程が同じでも、全く同じ旅は2度とないのだ。

関連 できるだけ少なく。女性の旅の持ち物リスト

現地で洗濯ができるならば1週間でも1ヶ月でも荷物の量はさほどかわりません。長期といえども、夏の旅は荷物がかさばらなくていいですね。

そして前回はスーツケースなしの旅でしたが、今回はいつもの相棒を持参する予定です。理由は機内に持ち込めないものがある、あまり細かく移動しない、など。

ないほうが何かと身軽だけれどあればそれなりに使えるスーツケース。

関連 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

今回も中身はスカスカだけど台車として活躍してもらいましょう。

ミニマリストの持たない暮らし

無事今回の旅のコンセプトに応じたコーディネイトが確定したので週末に準備するとしますかね。

 




関連記事

少ない服でおしゃれ、ワンピースは万能か。

夏のワンピースは涼しくていいなあ。 そう気付いたのは割と最近、日本の夏がグッと暑くなってか

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

40歳は立派に初老。

両親の傘寿祝いをしていません。ミニマリスト主婦は80歳一般常識に疎いもので正式(?)にはい

記事を読む

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

今日捨てたもの 買い物する手間、選ぶ手間。

By: Daniel X. O'Neil[/caption] もともと持ち物の数が少ないほうでは

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログです

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑