捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

公開日: : 最終更新日:2016/11/18 ミニマルライフ, 生き方と考え方

引越し作業はあっという間に終了したのですが、なんとなくしっくりこない状態が続いておりました。

関連 ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

一応は片付いているし、日常生活には何ら影響ないのでもうこのままでもいいかのう、とやり過ごしかけたのですが結局再びクローゼットを再構築。出したり入れたり組み替えたりしています。

そんな中、どうにも持て余し気味な箱がひとつ。

「しっくり」するためにはこれをどう扱うかがひとつのポイントになるような気がしてきました。

過去にいるもの、未来にいるもの

モノを持ちすぎない、増やしすぎないためのシンプルな判断基準のひとつに

「今必要じゃない、使わないモノは持たない」

という考え方があります。目の前の状況は一番ハッキリと見えている(はず)ので、この考え方を軸にするとおのずと残すモノ、そうじゃないモノが判断できるという寸法です。

が、ここに過去と未来が入ってくると状況は一気に複雑化。思い出の品、記念のアレ、頂いたこれ、痩せたら着たい服、子供が大きくなったら使うかも、いつかの老後のお楽しみ、など、どんなにモノが少なくすっきりと片付いた部屋でも

「今使わないし必要ではないけれど、でも」

という枕詞に続いて登場する品がひとつもない家、はなかなかないのではないでしょうか。

かくいう私も過去カテゴリは比較的スッパリいけるけど、未来はなかなか難しい。これは単に私が消してしまいたいほどの後ろ暗い過去を多数背負っていてもなお明るい未来を信じて疑わないおしゃまさんだから、だけではないはずです。

箱の中身はなんですか

話を戻してWhat’s in the box.

ここに入っているのは食器や調理器具などの食に関する道具の数々。他のモノたちはあるべきところに収まったのにこの箱の中に詰められたあれこれは居場所なき迷子たちです。

居場所がない、ということは今使わない、なくても特段困らないであろう証。さらには特別な思い入れがあるわけでもない。そう、私がこれらの判断に迷っているのは未来を考えるからなのでした。

関連 理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

現在の住まいで暮らすのは長くとも1~2年。その間箱の中身は必要ではないけれど、その後の生き方によっては使うだろうし、はたまた使わないかもしれない。ベッドや洗濯機、冷蔵庫などという大型家具家電類はさすがに使わないのにとりあえず保管するのは難しいけれど、ザルやボウル、お玉にコーヒーサーバーなんてものは大したスペースをとらない分どうも決断が後回しになるようです。

過去より未来、未来より今

我が家に記念のアレ、の類が少ないのは私が後ろ暗い過去を葬りたい一心で捨てまくったからではなく単に脳内収納が広いから、平たく言えば妄想力の猛々しさゆえにスイートメモリーズ反芻作業に物質を必要としないから。そしておそらく自分の中では過去よりも未来のプライオリティが高いからでしょう。もちろん最上位は現在ですが。

それでも繰ればニヤニヤしたりズキっときたりするアイテムを多少は所有しており、今回のように近い将来のためにとっておこうかしら、などとしょうもないことを迷う余裕もある。これって結局悪くはない暮らし、なのでしょう。将来のためと言っても老後の不安や未来への恐れから今あるものを手放せない、なんて深刻な話じゃないんだもの。

関連 老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

などとまたお玉ひとつで生きるとはなんぞや的な妄想迷路に入りかけていますが。

「今使わないなら処分して、必要になったらまた買えばいい」

というのはとても潔い考え方。でも捨てる行為が好きなわけではなくむしろできれば捨てずに暮らしたい身としては

「とりあえず捨てる」

の選択は避けたいかな。

ミニマリストの持たない暮らし

いずれにしてもこの箱に何らかの決着がつけば一旦は「しっくりこない問題」は解決しそうなのですが、さて。雨の週末にでも検討しますか。

 




関連記事

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

By: Nattu[/caption] あなたはあなた、私は私。 「考え方は違えども、

記事を読む

今日捨てたもの 11/25 バースデイプレゼントを手放す。

お気に入りだったファッションアイテムと大好きな人から頂いたプレゼント。 これらはなかな

記事を読む

怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なものである、という前提が自分の中にあ

記事を読む

自由な私をもう縛らないで。

最近カバーがパカパカするようになったので、おや?と思い、中身を確認してみる。 ああ、膨

記事を読む

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

お花見ファッション、温度差考慮と負荷の重要性。

By: Peter Lindberg[/caption] 先日は今年初めてのお花見に。 こ

記事を読む

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさない方針を貫いて生きてきました

記事を読む

薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その日特に行きたい店を思いつかなか

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑