40代半ば、最年長である場面が増えていく。

公開日: : 最終更新日:2019/03/08 生き方と考え方

nakano21

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。

だから年長者を敬う気持ちなんて不要なのだ、とまでは言わないけれど、こと自分に限っては、若い人より経験値が上だとも知識が豊富だとも思えない。

今すぐ一から人生全部やり直したい。

それでも年の功的な何かを期待される、求められることはあり、応えられない自分にまごまごしたり、居心地の悪さを感じたりもするのです。

40代半ば、最年長である場面が増えていく

minatoku16

その居心地の悪さはかつて

「女性らしい視点の意見が欲しい」
「若い女性ならではの感性を活かしたアイデアを」

と求められた時に感じたそれと似ている。

趣味嗜好が王道からおそらく大幅にずれており、若い女性の意見を代弁するなどという大それたことができるはずもなく、恐縮しきりだった若かりし日(考えすぎ)。さてこの窮地をどう乗り切ろうかと思案した、当時の記憶と重なるのです。そして、戸惑う。

この歳になると、見渡せばいつも最年長、という場面が増えてきて、年嵩ならではのホニャララを求められることもまた増える。

いやいやそんな無茶振りを、と内心思いつつも、期待に応えたい気持ちが少なからずあるから戸惑うのかしら。無理なら無理と言ってしまえば済む話だけれど、プライベートならまだしも、これが仕事となるとどうしたものか。お得意のハッタリでやり過ごすのか。

燻し銀にはまだ遠い

中年女性らしい安定感とか包容力、はたまた母性のようなものはまるで持ち合わせていないが、おばさんらしい厚かましさはしっかりと身についています。

おばさんが嫌われる理由。

となれば全て、得意のおばさん力でカバーするか。できるのか。

などという話をすると、まるで日々若者に囲まれて肩身の狭い思いをして過ごしているかのようですが、幸い若い人と絡むのは好きなので、割と呑気にキャッキャと楽しんでいます。だって、いちいち面白いんだもの。

栓抜きを使ったことがない。

私は楽しいが、若者側はどうだ。大人の余裕がないのにちゃっかりおばさん力だけ兼ね備えている中年の相手は面倒だと思われているかもしれないけど、それは向こうの事情なので、私にはどうすることもできません。

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

まったくねえ、ごめんなさいねえ。50歳を過ぎたあたりには、燻し銀と呼ばれたい。あと数年しかないけども。

雰囲気イケメン最強説。

 




関連記事

ひとりぼっちのクリスマス。

By: webhamster[/caption] 「クリスマスに恵比寿のレストランに行ったよ

記事を読む

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。 「今スペインに来てるんだけど、

記事を読む

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

奥さん、8月です。 8月。なんかもう、切ないです。夏は大好きな季節なので願わくば夏・フ

記事を読む

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

By: woodleywonderworks[/caption] こう見えて今なお若い男性に

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

決められない理由と優柔不断を治す方法。

いきなりですが、私はかなり優柔不断な人間であると自負しております。 とにかく迷う、決め

記事を読む

電車に乗らない日々、運命の街。

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑