一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

公開日: : 最終更新日:2021/05/31 生き方と考え方

しつこいですけど、外にフラフラ飲みに行けない世界は、本当に切ないものですね。

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

キッチンのない部屋で過ごしていた頃は、外食・外飲みの毎日に疲れて、家で飲めないのはつらいなあ、と思ったものですが、逆もまたしかり。

状況が状況なので仕方ない。とはいえ、寡黙な一人飲み客ならアレ関連でそう警戒することもないし、そりゃ団体客ほどの売り上げは見込めないけれど、多少は店の応援になるのではなかろうか。

なんて考えておったのですが、自分のスタイルがスタンダードだと思ってはいけないですね。

昼下がり、焼き鳥屋のカウンターで。

今の状況に入る少し前、隣町の焼き鳥屋に一人で飲みに行きました。

焼き物も旨いし、1人飲みにちょうどいいサイズのつまみが揃っていて、私の大好きな瓶ビールの価格も手頃。カウンター席が比較的広いところも好みで、以前から何度か利用していた店でした。

いつものようにカウンター席に陣取り、焼き物と野菜のつまみを取って、シュワっとビール(ハア)。ほどなく、常連らしい中年男性が店員さんに挨拶しつつ隣席においでになりました。

男性はよっぽど喉が渇いていたのか、結構なハイピッチで飲み進めしばらくすると

「さみしい」

と、ぽつり。

曰く、アレがアレで前みたいに気軽に飲みに行けないし、休日も手持ち無沙汰だと。

どうやら以前はお子さんとこの店をよく利用されていたのだけど(ご飯ものもあるから子供の食事もOK)、お子さんがそろそろお年頃となった最近は休日にお父さんと出かけてくれなくなり、こうして1人で食事するしかない。さみしい、つまらない。

という話を聞くとはなしに聞いていて、ぼんやりと思い出す。そういや、この人前にこの店で見かけたことあるわ。小学校高学年くらいの女の子と一緒に、ご飯食べてらしたわ。お子さん唐揚げもりもり食べてたわ。

「とにかく、さみしいんだって!だからね、みんなも飲もう!奢るから!」

店員さんらと賑やかに乾杯した男性は、気が紛れてうれしくなったのか、酔いが回ったのか、そこからはひたすら大声で話し続けていたのでした。

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

1人客なんて自動的に「黙食」なんだから、飲酒を伴う外食でも問題ないのでは。

そう考えてしまうのは、単に私が寡黙な酒を好んでいるからであり、一人客がみんな同じように飲むわけではない。店の人や、他の常連客とのコミュニケーションを楽しむために1人で飲みに行く、という向きだって、そりゃ多いよね。

孤独でも楽しそうな日本人

などと当たり前のことに気づかされた昼酒からしばらくして、1人飲みというあまりにささやかで大切なお楽しみは、あっさり奪われてしまったのでした。しょんぼり。

いつもの街をパトロールしてみると、普通に酒類を提供し、深夜まで営業している店はいくつかある。それぞれがそれぞれの事情を抱え、それぞれの判断にてサバイブしなければいけない今。営業如何についてはなんとも思わないけれど、そもそも空いた時間を狙って飲みに行く私のような人間が、ごった返している店でわざわざ飲みたいか?となるとまた別問題で。

切ない期間はさらに延長となり、ささやかなお楽しみへの想いは募るばかり。雨上がりの今朝なんて、ほんのり夏の匂いさえしていたというのに、街中での昼ビールが叶わないなんて、ああ。

明けたらまた寡黙スタイルで飲みに行きます。あの店やあの店、みんな待っててね。って、待ってるのは私のほうか。

大人世代がひとりで暮らす




関連記事

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

おひとりさまのマネープラン 独身女性向け無料セミナーに行ってみた。

By: woodleywonderworks[/caption] 独身女性のマネープランについて

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

自分の名前、好き?嫌い?

By: Paul Joseph[/caption] 先日初対面の方に自己紹介したところ

記事を読む

毎日の暮らしに、楽しみがないから。

先日、ちょっとした打ち上げ的な機会を作っていただきまして。 関連 ブログ書籍化の経緯、

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

連休中、友人と焼き鳥などをつまみに昼からだらだら飲んでおりました。昼飲みに付き合ってくれる友

記事を読む

「ため込む生活からミニマリストになった方、教えて」

もう2年ほど前のトピックですが、納得できる部分があったのでシェアします。 >>参考

記事を読む

Comment

  1. クー より:

    こんにちは。
    思い切り、そうそう!ってなりました。
    最近、家から徒歩圏内の居酒屋に1人飲みに行ったのです。ぼーっとしながら、1人でのんびり飲もうと思って。ところが、カウンターの空いてる席に座ったら、両サイドが話好きな方々だったので、ずっと会話に相槌を打ちながら飲んでました。まぁ、これも何かの縁なのだろうなぁ、と。飲みに行く理由は人それぞれですね。

    • crispy-life より:

      クーさん

      なるほど、挟まれるとそうなりますね。

      私も基本は一人静か派なのですが、気づけば隣席の方と話し込んでいた、なんてケースもなくはありません。当初の思惑とは違った状況になるのもまた面白いものではあります。

      しかしいずれのパターンもおいそれと楽しめないこの状況はいかんですな。早くのびのび街飲みしたいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑