美魔女とマニアと身軽な人生。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

白髪問題について散々書いていますが。

関連 白髪ケアの記録

ずっと使い続けていたカラートリートメントが切れてからリピートしようかどうしようかと迷っていて、その間にまた髪短くしちゃって、おかげで今までとはちょっと違う目立ち方になってしまってあらら。

あー、なんかもうめんどくさいなあ。染めた方が早いのでは?

そう考えたのですが。



ヘアマニキュアすら使いこなせない理由

サロンで染めるよりももう一段手前にヘアマニキュアという手があるじゃないか、と思いつき市販のものを近所で調達してみました。同じ自宅染めでもマニキュアだとダメージも少ないし多少はラクなんじゃないの?という希望を胸にいざチャレンジ。

生え際にクリームを塗ってカバーして、手袋をはめて輪ゴムして、専用のコームでまんべんなく行き渡らせてしばらく放置して、また手袋して輪ゴムして、色が出なくなるまですすいで…。

すみません、ムリです。

まず生え際にクリームを塗ってプロテクト、手袋をはめてプロテクト、ここでつまづく。

「皮膚に色が付着した場合は取れなくなる恐れがありますのでご注意ください」

という但し書きがある時点でダメだ。

単なる怠惰か、それとも感覚の欠如か

いや、きっとちょっと手についた程度では問題ないんだろうし、別に一生色付きのまま生きて行きなさいってわけでもないんだろうけど、つかないように、つかないようにと気を配って作業するのがめんどくさすぎる。

まあでも1回やって暫く持つのならその手間も致し方なし…と思ったら、まるで染まらなかった。

どうやら私には過ぎたもののようです。

最近白髪目立ってきちゃってさあ、と友人に漏らすと

「その程度で何言ってんのよ、私なんて毎月サロンいかないと真っ白なんだから!」

と叱られました。
そうか、みんなちゃんとサロンに行くんだね。そりゃそうだ。

私はおしゃれすることは好きだし、決して身だしなみに無頓着なほうではないとずっと思い込んで生きてきたけれど、実はそうでもないのかも。
もっときちんと毎月サロンで髪染めて、ネイルも直して、なんならエステやらジムやらヨガスタジオやらに通ってきちんと自分のメンテナンスをしている人のほうが多いんだもんね。

サロンで髪染めるのもイヤ、ネイルもやめた、服も管理できないからたくさん持てないし、メイク技術もないからほとんどしない。

忙しいわけでもないのにこの体たらく、なんかおしゃれとは程遠い生活なんじゃないかと思い始めたのですが、いや、多分違う。

「マニア心」が足りないんだ。

マニアへの強い憧れ

思えば昔から何事に対してもライトに接してきました。

趣味に多大な時間をつぎ込むこともなく、おもちゃや切手を集めることもせず、好きなタレントの追っかけや出待ちをしたこともない。男に貢ぐこともなく秘境ハンターとなってタンザニアへ飛ぶことも呑み過ぎて肝臓をやることも京極小夜子目指してトゥシューズを履くこともスピリチュアルに開眼してセドナへ旅立つこともSATCごっこに勤しんでカードの支払いに怯えることもなく生きてきました。

平穏無事な人生でよかったね、といえばまあそうなんですが、生粋のライト層としてはさかなクンばりに物事に深くハマる人に対する憧れが物凄く強いです。そして憧れの気持ちは年を取ればとるほど強くなっていくみたい。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

ああ、私も人生に一度くらいは寝ても覚めてもそれが頭を離れない、くらいの熱病に侵されてみたい。友人知人がちょっと心配するくらいに何かにどハマりしてみたい、と結構真剣に思ってしまうのですがどうでしょう。

人生が変わる出来事に関してはある程度の目星がついたというかようやく意味がわかった感はあるのだけど、人生を変えずともハマるくらいならあってもよさそうじゃないか。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

物事に執着しないからこそ身軽に生きていられるという利点はあるにせよ、今までの人生でなかったからこの先もないとは限らない、かも。
なんて密かな期待をしていたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

自分がやりたいかとなると話は別だけど、美魔女の美に対する執念だってやっぱりすごいと思う。あれだって若さを維持する美容法に関するマニア心が極まったひとつの形だもんね。

と、白髪からどんどん迷子になったから最後に美魔女で無理やり回収した感は否めませんが、すっかりお年頃なのに美すら極められないライト層代表の私にも使えそうなケアアイテムを発見したので近々試してみたいと思います。

 




関連記事

note16

手書きで馬鹿が2割り増し。

悪い意味で驚きの記憶力なので、メモ必須、メモ大事。 改めてそう考える秋であります。

記事を読む

Pulitzer Hotel Barcelona3

気持ち良さを知り二度と手放せなくなったもの。

これまではさほど必要だと考えていなかったのに、知ったが最後、どうにも手放せなくなる出会いとい

記事を読む

By: Lisa Williams

耳掻き依存症から抜け出すための対策。

By: Lisa Williams[/caption] 耳かきが好きです。 自覚してい

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

nailfail

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

By: Ian Ransley

休肝日にはバナナを食べる。

By: Dr. Abdullah Naser[/caption] 思わぬトラブルに見舞われた

記事を読む

almondonthecloth

素焼きアーモンドの威力に驚いた話、食べるだけで便秘解消。

先日からどっぷりハマっている素焼きアーモンド。 >>参考 いろんな素焼き

記事を読む

myhometown

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Kaohsiung_lunchbox_4
徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目に

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒
高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全

ipod_code2
物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め
たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め、ちぢみほうれん草とえのきのゆずびたし献立。

本日2/14はバレンタインデーですね。 バレンタインは製

daikanyama35
あなたの仕事は、なぜ終わらないのか。

40も半ばを過ぎているので、20代の頃と同じような動き方は、も

→もっと見る

PAGE TOP ↑