美魔女とマニアと身軽な人生。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

白髪問題について散々書いていますが。

関連 白髪ケアの記録

ずっと使い続けていたカラートリートメントが切れてからリピートしようかどうしようかと迷っていて、その間にまた髪短くしちゃって、おかげで今までとはちょっと違う目立ち方になってしまってあらら。

あー、なんかもうめんどくさいなあ。染めた方が早いのでは?

そう考えたのですが。



ヘアマニキュアすら使いこなせない理由

サロンで染めるよりももう一段手前にヘアマニキュアという手があるじゃないか、と思いつき市販のものを近所で調達してみました。同じ自宅染めでもマニキュアだとダメージも少ないし多少はラクなんじゃないの?という希望を胸にいざチャレンジ。

生え際にクリームを塗ってカバーして、手袋をはめて輪ゴムして、専用のコームでまんべんなく行き渡らせてしばらく放置して、また手袋して輪ゴムして、色が出なくなるまですすいで…。

すみません、ムリです。

まず生え際にクリームを塗ってプロテクト、手袋をはめてプロテクト、ここでつまづく。

「皮膚に色が付着した場合は取れなくなる恐れがありますのでご注意ください」

という但し書きがある時点でダメだ。

単なる怠惰か、それとも感覚の欠如か

いや、きっとちょっと手についた程度では問題ないんだろうし、別に一生色付きのまま生きて行きなさいってわけでもないんだろうけど、つかないように、つかないようにと気を配って作業するのがめんどくさすぎる。

まあでも1回やって暫く持つのならその手間も致し方なし…と思ったら、まるで染まらなかった。

どうやら私には過ぎたもののようです。

最近白髪目立ってきちゃってさあ、と友人に漏らすと

「その程度で何言ってんのよ、私なんて毎月サロンいかないと真っ白なんだから!」

と叱られました。
そうか、みんなちゃんとサロンに行くんだね。そりゃそうだ。

私はおしゃれすることは好きだし、決して身だしなみに無頓着なほうではないとずっと思い込んで生きてきたけれど、実はそうでもないのかも。
もっときちんと毎月サロンで髪染めて、ネイルも直して、なんならエステやらジムやらヨガスタジオやらに通ってきちんと自分のメンテナンスをしている人のほうが多いんだもんね。

サロンで髪染めるのもイヤ、ネイルもやめた、服も管理できないからたくさん持てないし、メイク技術もないからほとんどしない。

忙しいわけでもないのにこの体たらく、なんかおしゃれとは程遠い生活なんじゃないかと思い始めたのですが、いや、多分違う。

「マニア心」が足りないんだ。

マニアへの強い憧れ

思えば昔から何事に対してもライトに接してきました。

趣味に多大な時間をつぎ込むこともなく、おもちゃや切手を集めることもせず、好きなタレントの追っかけや出待ちをしたこともない。男に貢ぐこともなく秘境ハンターとなってタンザニアへ飛ぶことも呑み過ぎて肝臓をやることも京極小夜子目指してトゥシューズを履くこともスピリチュアルに開眼してセドナへ旅立つこともSATCごっこに勤しんでカードの支払いに怯えることもなく生きてきました。

平穏無事な人生でよかったね、といえばまあそうなんですが、生粋のライト層としてはさかなクンばりに物事に深くハマる人に対する憧れが物凄く強いです。そして憧れの気持ちは年を取ればとるほど強くなっていくみたい。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

ああ、私も人生に一度くらいは寝ても覚めてもそれが頭を離れない、くらいの熱病に侵されてみたい。友人知人がちょっと心配するくらいに何かにどハマりしてみたい、と結構真剣に思ってしまうのですがどうでしょう。

人生が変わる出来事に関してはある程度の目星がついたというかようやく意味がわかった感はあるのだけど、人生を変えずともハマるくらいならあってもよさそうじゃないか。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

物事に執着しないからこそ身軽に生きていられるという利点はあるにせよ、今までの人生でなかったからこの先もないとは限らない、かも。
なんて密かな期待をしていたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

自分がやりたいかとなると話は別だけど、美魔女の美に対する執念だってやっぱりすごいと思う。あれだって若さを維持する美容法に関するマニア心が極まったひとつの形だもんね。

と、白髪からどんどん迷子になったから最後に美魔女で無理やり回収した感は否めませんが、すっかりお年頃なのに美すら極められないライト層代表の私にも使えそうなケアアイテムを発見したので近々試してみたいと思います。

 




関連記事

moalboal-restaurant_8

人目を気にせず、一人で食べたい。

どこか秘密基地っぽさのあるテーブルは、子供がよろこびそうなつくりではありませんか。 フ

記事を読む

By: Gabriel Cabral

来年も継続したい、新しい3つの習慣。

By: Roger Davies[/caption] 今年は環境がガラリと変わり、今後の生き

記事を読む

room mate laura hotel_5

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

moalboal_2016_41

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

NYfoods_18

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

白髪が目立ってきたので、髪を切る。 白髪のロングヘアが与える印象。 前回チャレン

記事を読む

By: darwin Bell

キャパシティの小さい人間が持てるモノの数。

By: Bob[/caption] capacityという単語。日本で多用されるようになった

記事を読む

ladysfoot

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

cebu-diary8

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

note

残り3/4に思いを馳せる。

お、これはちょっと面白そうだからいつか書こう。今日じゃないけど、そのうち書く。そう思いつつ関

記事を読む

almondonthecloth

素焼きアーモンドの威力に驚いた話、食べるだけで便秘解消。

先日からどっぷりハマっている素焼きアーモンド。 >>参考 いろんな素焼き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶ
冬限定の定番道具、これでよかった。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑