美魔女とマニアと身軽な人生。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

白髪問題について散々書いていますが。

関連 白髪ケアの記録

ずっと使い続けていたカラートリートメントが切れてからリピートしようかどうしようかと迷っていて、その間にまた髪短くしちゃって、おかげで今までとはちょっと違う目立ち方になってしまってあらら。

あー、なんかもうめんどくさいなあ。染めた方が早いのでは?

そう考えたのですが。

ヘアマニキュアすら使いこなせない理由

サロンで染めるよりももう一段手前にヘアマニキュアという手があるじゃないか、と思いつき市販のものを近所で調達してみました。同じ自宅染めでもマニキュアだとダメージも少ないし多少はラクなんじゃないの?という希望を胸にいざチャレンジ。

生え際にクリームを塗ってカバーして、手袋をはめて輪ゴムして、専用のコームでまんべんなく行き渡らせてしばらく放置して、また手袋して輪ゴムして、色が出なくなるまですすいで…。

すみません、ムリです。

まず生え際にクリームを塗ってプロテクト、手袋をはめてプロテクト、ここでつまづく。

「皮膚に色が付着した場合は取れなくなる恐れがありますのでご注意ください」

という但し書きがある時点でダメだ。

単なる怠惰か、それとも感覚の欠如か

いや、きっとちょっと手についた程度では問題ないんだろうし、別に一生色付きのまま生きて行きなさいってわけでもないんだろうけど、つかないように、つかないようにと気を配って作業するのがめんどくさすぎる。

まあでも1回やって暫く持つのならその手間も致し方なし…と思ったら、まるで染まらなかった。

どうやら私には過ぎたもののようです。

最近白髪目立ってきちゃってさあ、と友人に漏らすと

「その程度で何言ってんのよ、私なんて毎月サロンいかないと真っ白なんだから!」

と叱られました。
そうか、みんなちゃんとサロンに行くんだね。そりゃそうだ。

私はおしゃれすることは好きだし、決して身だしなみに無頓着なほうではないとずっと思い込んで生きてきたけれど、実はそうでもないのかも。
もっときちんと毎月サロンで髪染めて、ネイルも直して、なんならエステやらジムやらヨガスタジオやらに通ってきちんと自分のメンテナンスをしている人のほうが多いんだもんね。

サロンで髪染めるのもイヤ、ネイルもやめた、服も管理できないからたくさん持てないし、メイク技術もないからほとんどしない。

忙しいわけでもないのにこの体たらく、なんかおしゃれとは程遠い生活なんじゃないかと思い始めたのですが、いや、多分違う。

「マニア心」が足りないんだ。

マニアへの強い憧れ

思えば昔から何事に対してもライトに接してきました。

趣味に多大な時間をつぎ込むこともなく、おもちゃや切手を集めることもせず、好きなタレントの追っかけや出待ちをしたこともない。男に貢ぐこともなく秘境ハンターとなってタンザニアへ飛ぶことも呑み過ぎて肝臓をやることも京極小夜子目指してトゥシューズを履くこともスピリチュアルに開眼してセドナへ旅立つこともSATCごっこに勤しんでカードの支払いに怯えることもなく生きてきました。

平穏無事な人生でよかったね、といえばまあそうなんですが、生粋のライト層としてはさかなクンばりに物事に深くハマる人に対する憧れが物凄く強いです。そして憧れの気持ちは年を取ればとるほど強くなっていくみたい。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

ああ、私も人生に一度くらいは寝ても覚めてもそれが頭を離れない、くらいの熱病に侵されてみたい。友人知人がちょっと心配するくらいに何かにどハマりしてみたい、と結構真剣に思ってしまうのですがどうでしょう。

人生が変わる出来事に関してはある程度の目星がついたというかようやく意味がわかった感はあるのだけど、人生を変えずともハマるくらいならあってもよさそうじゃないか。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

物事に執着しないからこそ身軽に生きていられるという利点はあるにせよ、今までの人生でなかったからこの先もないとは限らない、かも。
なんて密かな期待をしていたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

自分がやりたいかとなると話は別だけど、美魔女の美に対する執念だってやっぱりすごいと思う。あれだって若さを維持する美容法に関するマニア心が極まったひとつの形だもんね。

と、白髪からどんどん迷子になったから最後に美魔女で無理やり回収した感は否めませんが、すっかりお年頃なのに美すら極められないライト層代表の私にも使えそうなケアアイテムを発見したので近々試してみたいと思います。

 




関連記事

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろ

記事を読む

休肝日にはバナナを食べる。

思わぬトラブルに見舞われた先週。 参考 ぎっくり腰になりました 2015 初めてのことで

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

愛されて姫になる 女子力アップセミナーに参加した。

女子力アップセミナーに行ってきました。 いや、もちろんこんなどストレートでアホみたいな

記事を読む

花粉症対策だけじゃない、ワセリンの使い方。

By: Mislav Marohnić[/caption] 先日突如ネット上を賑わせたこの話

記事を読む

自炊ダイエットの効果とやり方。キツかったデニムがするり!

先日「時代は家呑みダイエット」という記事でも書きましたが、やっぱりきちんと痩せてきている、と

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

ジョーが来る 持っててよかったワンタフト。

By: Steve Snodgrass[/caption] 只今空前の抜歯ブーム到来中なもの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑