片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

公開日: : 最終更新日:2017/04/26 ミニマルライフ

cap

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して生まれついての片付け上手でも、捨て上手でもなかったなあと感じます。

ええ、几帳面という言葉とはかなり縁遠い子供でした。

それなのに現在は明確に意識を持って持たない生活を送っている不思議。

別にある日突然シンプルな暮らしを送りたい!と目覚めたわけではなく、これまでの人生で持たない生活にシフトするいくつかのきっかけがあったのです。



 

典型的な「片付けられない子」だった

身の周りの整理整頓や簡単な掃除など、自分のことを自分でできるようになるのは小学校に入学するあたりからでしょうか。

しかし私の場合、自宅の学習机はいつもぐちゃぐちゃで引き出しの中はまるで整理されておらず、もはや何が入っているか把握できないような状態でした。自室がなかったので汚部屋とまではいきませんでしたが、今考えれば自分の部屋がなかったことはかえってよかったかもしれません。

家でそんな具合なので、学校の机の中も同じく壊滅的で、配布物のプリントや大事な提出物を失くすなんてことは日常茶飯事。ランドセルの中身も全く整理されておらずカオスな状態でした。

特に決まったものを集める収集癖はなかったのですが、なにしろものを捨てられずなんでも取っておくタイプ。

お菓子のおまけとか、子供雑誌の付録とか、サンリオショップの包み紙あたりはまだ可愛いもので、給食で出る牛乳瓶の紙キャップまで後生大事に机に押し込んでいました。

当時牛乳瓶の紙キャップで面子遊びをしたり、レア銘柄のキャップを集めるのが学校で流行っていたからとはいえ、臭いとか考えるだけでゾッとしますね。

同じくため込むタイプだけれど整理整頓好きな母に整理整頓できないことでよく小言を言われたのを覚えています。

 

最初の大きなきっかけは、地震

それまで小さな揺れすら経験したことがなかったのに、働きだしてすぐのある冬の日に、震度7の大地震に見舞われました。

幸い、家族全員怪我もなく無事で、家の倒壊は免れたのですが、家の中は当然めちゃくちゃ。

もともと狭い部屋に荷物を押し込んで暮らしていた我が家は、どこから手をつけて片付ければいいのかと途方にくれる有様でした。

関連 持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

それまでガラクタ含め多くのモノを大事に貯め込み続けてきた母親がパニックになり、

「モノなんか持ってたって、こんなことになったら全部壊れちゃうんだから、もう何にもいらない!」

と叫びながら役に立たなくなった家財道具や汚れた洋服をゴミ袋に詰め込んでいたことを昨日のことのように思いだします。

この時初めて、モノを所有することに価値を見出す生き方に疑問を感じました。

 

旅は好きだけど、準備はキライ

carrybag

20代後半になって転勤や出張が多い部署に配属になり身の回りのモノだけ持って移動を続ける生活を経験しました。

もともとめんどくさがりで片付けベタな私は旅の準備も苦手。

移動は好きだけど、旅の準備にワクワクなんて一切しないので、どうやったら短時間で簡単に準備できるかばかりを考えていました。

引越す度にモノを減らせる

move

20代半ばまで生家で暮らしていたのですが、出張や転勤が多くなったことで自動的に引越しを繰り返すことになりました。

最初こそ憧れの一人暮らしですっかり舞い上がり、インテリア用品や調理器具をあれこれ買い漁りました。でも、あまりにも引越しが多いので

「荷物が多いと引っ越す時の面倒が増えるだけ」

と悟り、だんだんモノを増やさない暮らしにシフトすることに。

 

スーツケースひとつで、海外へ出る

blueskywithplane

40過ぎてひょんなきっかけから、スーツケース1つの荷物だけを手に日本を離れて暮らす生活を経験しました。

この数年間、それまでに使っていた家財道具や洋服などは東京のレンタル倉庫に保管していましたが、それらがなくても生活が成り立つことに気づき、ますます所有することへの執着が薄れていったのです。

参考 断捨離に効くトランクルーム活用法。

 

シェアハウスは最高の断捨離環境

sharehouse

そして現在。

帰国してまずやろうと思ったのはモノを最小限まで減らすこと。今考えるとシェアハウスに入居したのは大正解だったと思います。

最初は正直あまり乗り気ではなかったのですが、シェアハウスを選んだからこそ、冷蔵庫や洗濯機など大型の家財道具を手放すことができ、かなり身軽になりました。

参考 快適に過ごすせるシェアハウスの上手な選び方。

 

モノを減らすならば思い切って、引っ越す?

この中で、地震は経験しないほうがいいことなのでもちろんおすすめなんてできません。でも、最小限のモノだけ持って旅に出てみるのは自分にとって必要最小限のモノとは何かを知るきっかけになるのでおすすめします。

そしてモノを減らしたいけどなかなか減らせない…という方は、状況が許すならば「引越し」が一番現実的で効果的な方法だと思います。
引越し準備ってホントに手間がかかるし面倒なので、やっているうちに

「こんなに整理に時間かかるんだったら、捨てちゃったほうが早いかも」

という気持ちになってきますからね。

但し、新しい環境になるとつい浮かれて、新居に合わせてあれもこれも欲しくなる危険性があることをお忘れなく。

いっそのこと「更新時期には引越しする」と決めてしまえば、不要なモノを増やすことも防げます。この際、満足の行くシンプルな生活が手に入るまで引越しを趣味にしちゃうのもいいかもしれません。

※2016年秋、引っ越しました。
関連 捨てる引越し、捨てない引越し。




関連記事

By: SuperFantastic

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

moalboal_2016_41

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

new-ipod

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

ジャケットの着こなし

ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

By: Robert Couse-Baker[/caption] 近頃わりとジャケットが好き

記事を読む

skirt

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

room mate laura hotel_5

持たない暮らしの年末大掃除 ’17 いろいろ捨てる。

だらだら持ち続けていた大物をようやく捨てました。 関連 使わないもののゆくえ、捨てられ

記事を読む

wedding

レンタルドレス、着物、衣装を取り入れる利点とは。

多くのモノを持たずに身軽に生きていく、というとなんだか味気ない人生になるのではと思われるかも

記事を読む

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

suginami_36

今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいことを考え始める。 まずは物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑