捨てる引越し、捨てない引越し。

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 ミニマルライフ, 捨てる

前回の引越しはトランクルームに預けていた全財産の中から大型家電・家具類を全て処分し残りの荷物を部屋に運び込む、というものでした。

関連 モノを減らす最適な方法、引越し10日間で捨てたモノたち。

引越し業者さんに予め処分をお願いしたものが多かったのですが、何しろ収納のない部屋だったのでダンボールに詰まった荷物を開けても中身を置く場所がないゆえに全てを開けるに開けられず、無意味にダンボールを開けたり閉めたりしながらしばらく途方に暮れていたことを思い出します。

さらには数年ぶりに自分の荷物と面会したものだから何がどこに入っているかの記憶も曖昧になっており、荷物は少ないながらに骨の折れる引越し作業でありました。

うん、それから比べれば今回はラクだった。引越し当日に荷解きもレイアウトもすっかり終えました。

引越しは荷物を整理する絶好の機会ではあるけれど

お片付けとか収納のセンスがないのに今までの人生どうにかこうにかスッキリと暮らして来れたのは収納スペースのおかげだったのだなあ、と改めて実感した前回の引越し。

関連 収納がない部屋の収納を考える。

苦肉の策だった箱収納ですが、これが今回の引越しで思いの外役立ちました。何しろ、既に梱包済み状態なので新たに梱包する必要がない荷物が多かったですからね。単なる場所移動で済んだというわけです。

あとは旧住まいで全く使わなかったもので新居でも必要ないであろうものをちまちま処分したり、書類を整理し直してファイル数を減らすなどの細かい整理をしただけで、前回の引越しのような派手派手しいモノ減らしはありませんでした。

毎回引越しの時はなんだかんだ豪快に整理していた気がするけど、今回は意外に少ない。なんでだろう?と考えてみれば答えはカンタン、買っていないからでした。

いい加減な買い物が減ると捨てずに済む

前回の引越し時に多くのモノを処分したことで少なからず胸は痛み、なんとなくモノを買う、増やすという行為に非常に敏感になりました。

関連 生活感のない部屋を作る方法とその効果。

以前は引っ越すたびにとりあえずの収納グッズを買ったり、雑貨店やインテリアショップ、ホームセンターを覗いては便利そうな何かを見繕ったりしてちょこちょこ新しい部屋に合う何かを調達していました。

新生活に向けて新しいモノを準備する。それも引越しの楽しさのひとつではあるのですが、私の場合そもそもの選び方、買い方がガサツというかいい加減な傾向が強かったので結局使わずに捨てる羽目になったり、うまく使いこなせなかったり、なんてことがそれなりにあったような。

あくまでも「自分比」ですが、いい加減な買い物をグッと控えた結果、引っ越しても大幅にモノを減らす必要がなくなったのではないかと思えるのです。

やっぱり非効率な移動暮らし

tokyostation_4

無意識のうちに投入しがちな期間限定間に合わせグッズを止めれば引越しごとにバカスカ捨てずに済む。これはあくまで仮住まいを繰り返している私の考え方でありやり方であります。賃貸であれ持ち家であれ、長くそこに住まうと決まっているならば家や部屋に合わせて家具や道具を買い揃えるのは当然のことだし、少しづつ自分好みの空間を育てていくのは絶対に楽しい。じっくり吟味して選んだお気に入りのモノに囲まれた暮らしをするにはコロコロ居所を変えず腰を据えて生活するほうがいいのです。

関連 できれば捨てずに暮らしたい。

やっぱり移動の多い人生は理想の住まいの実現のためには限りなく非効率。よって、今の私は住まいとかインテリアを充実させることよりも身軽な状態で移動を続けていろんな街で暮らし、いろんな街を開拓することのほうが優先順位的に上位なのだな、と改めて感じました。

ミニマリストの持たない暮らし

こんな生活なのでステキインテリア満載のおしゃれライフからは程遠いけれど、その時々ですぐに自分が落ち着ける空間を作る技術はそれなりに身についたのではないかしら、という希望的観測と共に新しい部屋で過ごしています。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/21 食器は揃いじゃないとダメ?

8月は 「毎日ひとつづつ捨てる」 というルールを決め、日々実行中です。 お

記事を読む

「買いまくる」彼女と「買わない」私の事情。

今朝遠方に住む友人から小包が届きました。 小包、といっても中身は旬の果物でも、海外旅行土産

記事を読む

当たり前のことを当たり前と思うべからず。

By: Keng Susumpow[/caption] 自分にとっては普通のこと、なんでもな

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

後悔しない生き方なんて。

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだ

記事を読む

小さな暮らし、3畳の部屋に住まう。

友人が新たにマンションを購入するという。 その理由は今住んでいる家に買い手が付いたため

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

ミニマリスト主婦の師走

例のアレもひとまずおとなしくなっているということで、今年も年末年始は帰省することにしました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑