当たり前のことを当たり前と思うべからず。

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 ミニマルライフ, 生き方と考え方

自分にとっては普通のこと、なんでもないことが実は世間的には全然一般的じゃなかったり、誰もが簡単にやっているように見えることが自分にとってはひどく難しかったり。

「当たり前のこと」

なんて言葉があるけれど、それが誰にとっても当たり前なのかというと全然そんなことはないわけで。

そんなのまさしく当たり前?

いやいや、誰しも頭では理解していても日常生活では結構乱暴に使っちゃってますよ、そんなの当たり前じゃない?って。

冷蔵庫の霜取り その後

などと思わせぶりな序文を書いてはみましたが、なんのことはないメインは冷蔵庫の話です。

我が食生活を支える小型冷蔵庫に関して以前こんなことを書いていました。

関連 冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

関連 冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

今時直冷式の冷蔵庫を使っているお宅も少ないだろうしそもそもなんとつまらない記事を書いているのだという感じですが、実はそれなりにアクセスがあるんですよね。その度に

「お、直冷仲間だね」

と妙に嬉しくなったりするのです。

が、2015年の春を最後に霜取りは一切しておりません。

なぜか?

それは霜取りしなくても済むように温度調節をしていたからです。

冷蔵庫に霜をつけない方法

ice2.min

去年の春の私は

「何より、霜取りのタイミングで冷蔵庫の掃除ができるのは霜取りが必要な冷蔵庫のメリットです。」

などという一体どれだけ前向きなんだというコメントを恥ずかしげもなくむしろ堂々と記しておりますが、今年の私からすればアンタが放置するから霜取りが必要になるだけじゃないか、ってなもんで。一体何をどうやったらこんな大きな霜が作れるのか今となっては謎であります。

参考 冷蔵庫に霜が発生している、どうすれば?(Panasonic)

冷蔵庫の中の冷たい空気と外のあたたかい空気がぶつかり、湿度と温度差によって結露(水分)が生じて、その水分が冷やされることで霜になります。

夏は暑いので霜ができやすい。できやすいから仕方がないねとばかり指をくわえてじっと見つめているだけではみるみる氷の山と化してしまうけれど、霜ができそうになったら庫内の温度を上げて都度溶かすようにコントロールすればいいだけなのだとようやく悟った私です。

そもそも冷蔵庫にギッチギチに食料品が詰まっていることなどないのでちょこっと温度上げるぐらいは何の問題もないはず。

関連 料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

なのになぜ今までその手間を怠ってあんなに大きな霜をせっせと育てていたのか。自分の行動が不思議でなりません。

今の私の当たり前は、去年の私の未知である。

自分自身でさえこうなのに、他人となればなおのこと。当たり前とか常識でしょとか普通はとかついつい言ってしまいがちだけれど、それって別に世界基準のルールじゃなくて自分というごく限られた範囲でのみ通用する当たり前でしかないのかもしれない。そんな認識さえあれば解決する問題って実は結構多いよね、なんてふと思う。

霜取りから考える当たり前の話。ちょっと無理やりだったかしら。

 




関連記事

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

モノを減らす最適な方法、引越し10日間で捨てたモノたち。

40過ぎてわざわざシェアハウスに入居した理由のひとつが「モノを減らしたい」からであると書きま

記事を読む

ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

先日査定申込をしていたブランディアから、買取額確定のメールが来ました。 参考 ブランデ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

再びきっちり測って、実物を店頭で確認し吟味して、ようや新たな収納具を購入。 関連 優柔

記事を読む

4月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Tomoyuki Kawashima[/caption] 月初の定例ポストです。

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連 先延ばしを片付けた達成感を味わ

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

Comment

  1. えみ より:

    クリスピーさんの文章を読む。
    日課です。
    毎日のがんばり。
    これからも、お願いしたい。 
    独りよがりのお願いですが…

    • crispy-life より:

      えみさん

      コメントありがとうございます。

      毎日お読みいただいているなんて本当に光栄です。
      好きでやっているブログなので自分なりに楽しんではいるのですが、読んでくださる方がいてこうしてコメントをいただく嬉しさもまた書き続ける活力となっています。

      これからもおつきあいいただれば幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑