場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

場所を取るので捨てたいけど捨てられない、というものがあります。

なんていうと特別な思い出があるとか、愛着があってなかなか踏ん切りがつかない、みたいな何かを連想されそうですが、そうではなく。

別に持ちたくないけど保管を義務づけられているものがあるのです。

はい、季節ネタですね。

税務書類です。

税務書類の保存期間は

私のような1人事業の零細フリーランスの書類なんて大した量ではありませんが、それでも貴重な倉庫のスペースを堂々と陣取っています。

1年分なら気にもなりませんが、7年分ですからねえ。

関連 記帳や帳簿などの保存の必要性(国税庁)

なぜ7年間保管する必要があるかというと、税金の時効が7年間だから。そうですか。

他の方はどうなのか知りませんが、私は領収書やら現金出納帳やら過去の細かい書類を見返すことなどまずないのでホントにいらないのですが、こればかりは義務なので仕方ありませんね。

というようなことを毎年この季節になると考えるのでした。

ひとりで仕事を続けるということ

気付けば自営業となってかなりの時間が経過しました。

1人だと実務以外にやらなきゃいけないことがたくさんあって、しかも会社員であれば「経費」として会社から支給される交通費や仕事に使う道具などの費用も全て自腹。まあそんなのは自営業ならば当然ですが、一般的な会社員の仕事量とお給料を考えるとそりゃあ従業員をたくさん抱える所謂大企業はかなりの利益を上げなければやっていけないわな、とつくづく感じるわけです。

関連 プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

企業に属していれば通勤や人間関係の悩みなど煩わしさもあるけれど、毎月決まった額が決まった日に支給されるのは安定という意味ではかなり魅力的。一方残業代も有給も保険も、何の保証もない自営業は自分が止まってしまえばそれでおしまい。
気楽さや自由さと比べてどちらがいいのか悪いのか、それは個人が何を求めるか、どんな仕事をしたいのかによっても変わってくるのでしょう。いくらフリーになりたいと思っても、企業という単位でしかできない仕事だってあるしね。

私は残念ながら会社員適性もフリー適性もない、というかそもそも社会人失格系なので自営業で食べていけているのが不思議で仕方ありませんが、まあ運がいいとしか。

この先どうなるのか皆目見当がつきませんが、類まれなる強運と健康体だけを武器にサヴァイヴしていくのでしょう。そしてそれもまた面白いかも、などと呑気に考える自分もいたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

明日も見えない生き方を楽しめるのもまた持たざる者の強み、ということにしておきましょうかね。

 




関連記事

断捨離記録ブログがつまらなくなる時。

全財産ならぬ全家財道具が減りに減ったこの3年。昨年秋に引っ越して以降はバカスカ捨てずに済む日

記事を読む

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

相変わらずマドンナは人気です。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 私が子供の

記事を読む

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

根っから都会っ子の私は生まれてこの方都市部にしか住んだことがありません。 生まれも育ち

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    crispy様
    いつも興味深い記事をありがとうございます。
    今回の内容はグイグイ来ました。

    ちゅーなーというネームそのまま、ピアノ調律師です。
    ヤマハかカワイか…どちらかはご想像にお任せします。
    若い時は客をパクって独立しようと目論んでましたが、
    最近はギリまで会社員として、会社を利用しようか…と。

    どうせ円満定年を迎えられない世代ですからね 苦笑
    crispyさんの生き方はとても刺激的です。
    ブログも楽しみですし。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      いつもありがとうございます。

      調律師さんでしたか!それは素敵なご職業ですね。

      平々凡々な人生を歩んでいる身としては「専門技術」にとても強い憧れがあります。
      特に音楽関係ともなれば、いやいや、素晴らしい。

      独立って誰もが一度は考えることかもしれませんが、会社員だからこそ得られるものも大きいですもんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑