生活感のない部屋を作る方法とその効果。

公開日: : 最終更新日:2015/09/15 シェアハウス, ミニマルライフ

brightroom

現在シェアハウスにてせっせと断捨離を進めているのはいつでも移動できる身軽な体制を整えたいからというのが一番の理由です。

が、単に持ち物の数を減らしたいだけなら現在進めているのとは違うもっと合理的な方法があるはず。

それを選ばないということは、自分の中には「モノを減らしたい」だけではない、何か別の基準もあるはずだといろいろ考えてみたところ、どうやら私は「生活感のない部屋」を望んでいるのだとわかりました。

そう、いくらモノが少なくても、生活感がある空間はイヤなのです。

置いているだけで生活感が滲み出るもの

yellowgrove

さて、「生活感」といってもその解釈はいろいろ。
小さい子供のいる家庭なら子供のおもちゃや洋服などがある程度散乱しているような「生活感のある部屋」でも、それが幸せの象徴といった趣があっていいなあと思うのですが、40過ぎの女一人暮らしのリアルな生活感が滲み出る様は私にとってさほど魅力的な景色ではありません。

では、一体何が「生活感」を助長させてしまうのだろうかと考えてみました。

洗剤類のパッケージ

掃除、洗濯洗剤などのパッケージはかなり生活感溢れます。特にトイレ用洗剤や消臭剤の類はその効果を商品名で大胆に謳っているものも多いので、トイレにそのまま置くのはかなり憚られます。

ティッシュケース

これも商品パッケージのひとつになりますが、買ってきたまんま、あの紙パッケージのまま部屋に置くととたんに生活感が滲み出る気がします。最近では結構すっきりしたデザインのものも出ているようですが、ドラッグストアで普通に買えるようなものってそのまま使うのはやっぱりちょっとキツイ。

掃除・洗濯用品

フロアモップやぞうきん、ピンチの類はなかなかデザイン性の高いものが出ていますが、それでもやはり使用中のものは生活感満載。だけど部屋をキレイに保つためには絶対に必要なものだから手放せません。

調味料や食品のパッケージ

すっきりしたデザインのものが美味しいとは限らないのが難しいところ。いくらキレイに並べてもサイズや形がバラバラだとどうしてもキッチンが雑多な印象になってしまいます。

化粧品

メイク道具やスキンケア製品、オーラルケアグッズは全て洗面所に揃えていれば導線としてはOKなのですが、いかんせんごちゃごちゃしがち。見た目重視で化粧品を選ぶというのも何か本末転倒な気がします。

プラスチック製品

シンプルな生活の妨げになる100均グッズ。便利で安価なのでついつい利用してしまいがちなのですが、プラスチックかごや収納アイテムってかなり生活感が出る上にうまく使いこなせないこともしばしば。

参考 シンプルな暮らしを確実に遠ざける「2種類の邪魔モノ」とは。

生活感のない部屋というとホテルの部屋を思い浮かべますが、いくら素敵なインテリアのホテルでも、バスルームに手持ちの洗面道具を乱雑に広げたら途端に生活感が出てしまうもの。それだけ、これらのモノが醸し出す「生活感」は強烈なんでしょう。

インテリアに詳しくレイアウトのセンスがある人ならこの問題は上手にクリアできるのでしょうが、私は残念ながらホテルライクな素敵インテリアをささっと実現できるような優れたセンスはありません。よって、自分の理想の空間を作るとなると、これらの生活感が滲み出るモノを徹底的に排除、または隠す以外にないのだとわかりました。

狭いながらも生活感のない暮らし

redhouse

幸か不幸か、現在はシェアハウス住まい故に掃除道具や洗剤を所持する必要もなく、雑多になりがちなキッチンもないので、収納スペースゼロの割にはかなり生活感のない暮らしを実現できています。

参考 私がシェアハウス暮らしをすすめる7つの理由。

参考 白のクラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善。

部屋に備え付けの家具類がシンプルでセンスがいいのもありがたいところ。
その他、調味料類は全てまとめて扉つきのカラーボックスに入れているし、洗面道具はかごにまとめて布をかぶせて洗面所の棚へ。また、スキンケアアイテムも2ヶ月前からぐっと少なくなりました。

参考 スキンケアを変えて約1ヶ月が経過した。

ハンガーラックがむき出しなのでこれだけはどうすることもできないのですが、ほぼ好きな服だけで構成されているスペースなのであまり目に煩くはありません。

部屋に生活感がなくなると無意識のうちに余計な情報(パッケージに書かれた文字など)を目にすることがなくなるので、部屋にいるのが楽です。そして何よりモノが少ないこともあって「散らかる」ということがほぼないので、整理整頓にかける時間や手間が格段に減るのが嬉しい効果。その分、好きなことに使える時間が増えますからね。

この収納のない小さな部屋で生活感を出さずに暮らすことができれば、「いつでも移動できる身軽さ」プラス「どこでも理想の空間を自分で作ることができるスキル」の2つが手に入るのだということに。あら、これはなんだかお得。

そうとわかればこの部屋にいる間にさらに満足がいくまでスキルアップに努めたいと思います。

 




関連記事

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

シェアハウスで料理 8/26 鰹の塩タタキ。

涼しいなあ…。エアコン要らずの8月末。日本の夏ってこんなにあっけなく涼しくなるんだっけ??それと

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

今日捨てたもの 8/25 使用期限切れの薬。

毎日何かひとつ手放していく試み。 早いもので、残すところあと1週間となりました。

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。 ギョサンの季節になりま

記事を読む

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃない

記事を読む

湯シャン生活5ヶ月目の髪、頭皮、そして白髪について。

シャンプーを使わなくなってから5ヶ月が経過しました。 ちょっとびっくり。5ヶ月って結構な期

記事を読む

豚汁定食

休肝日ごはん 豚汁定食。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれしい、の範囲をとうに飛び越えて、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑