臭くない、匂わないバブーシュを購入する。

公開日: : 最終更新日:2017/07/27 捨てる

バカスカ買ってじゃんじゃん捨てる、という景気のいい生活スタイルはもったいながりの私にとって苦痛以外の何物でもないのでできれば捨てずに暮らしたい。

とはいえ使い捨てだからこそ実現できる便利さや清潔さは確かに存在するし、使い捨て自体を否定はしないのですけどね。

が、これも人ぞれぞれ考え方があるわけで、

「家どころか家財道具すら持たない借り暮らしの身なんて使い捨てスタイルの代表選手じゃないか」

と言われたら、まあそうかもしれません。

今日捨てたもの

バブーシュ

もうそろそろダメだ、底に穴が空きそうですよ、と高らかに宣言したのが4月のこと。そこから途中旅に出ていたこともありますが引っ張りに引っ張り2ヶ月経過、とうとう本格的に穴ができました。

ある日裸足で履いてたら足の裏がなんだかひんやり冷たくて、あ、空いたな、と知ったのです。
コイソモレ先生でゴムのゆるんだパンツで夕日を見るのは切ないなあ、というくだりがあったような気がするのですが、穴の空いたスリッパで廊下を歩くのもなんだか切ない。ああ、きっと彼もこんな気持ちだったのね。

というわけでさすがに処分、そして新調しました。

匂わない、臭くないバブーシュを選択する

臭い、臭い、臭いの三重苦だ、と散々文句を垂れていたというのに懲りずにまたモロッコバブーシュを探していた私。が、目指すカラーとサイズのものがどうにも見つからず、今回は別のタイプにしてみました。獣臭がしないであろうルームシューズマエストロなる合皮のバブーシュがそれ。室内履きに関しては赤とか黄色なんていうポップな色合いのものが好きなのですが、緊急事態ゆえ今回はベージュを選択しました。

早速今日から使っているのですが、これ、なかなかいいです。

臭くないバブーシュ

先代のバブーシュはかなりヘタっていたからか歩くとパタパタとそれなりの音がしていたのですが、これはかなり静か。底面がセーム革っぽいなめらかな加工になっているからでしょうか。合皮だけど。あと、踵部分は普通に立てて靴の形状ででも、踏んでスリッパとしても履けるのもいい。黒だったら多少はしまって見えそうだしオフィスの置きシューズなんかにもいいかもしれない。

そして、臭いはしません。
いや、多少は合皮っぽい臭いはするけれど、モロッコバブーシュ特有の獣臭は皆無です。まあ時が経てば薄れる香りであることはすでにわかっており、獣臭上等な心構えはできていたのですが、臭いはないならないでありがたいです。バブーシュ好きだけどあの臭いがどうもダメ、という方はこういう合皮タイプとか、コットン製のものを選ぶほうがよさそうです。

さあ今回のバブーシュ、耐久性はどんな感じでしょうかね。
室内履きなんて消耗品に近い存在ではあるけれど、気に入ったものはできるだけ長持ちしてくれると嬉しいなあ。

しかし室内履きとはいえまた靴を買っている。
ここ数年、洋服はそれほど買っていないのに室内履きとか携帯シューズとかスニーカーとかサンダルとか足元系はなんだかんだと買ってるんだな。やっぱり好きなのかな、靴。




関連記事

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Mike Kniec[/caption] 新年2日目ですがまたまた定例ポストを。

記事を読む

9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの

9月のまとめです。 9月8月に比べるとはさほどあれこれ多くを捨てたわけではありません。

記事を読む

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

今日捨てたもの 12/29 傷んだことに気がつきにくい。

By: Didriks[/caption] 私が現在住んでいるシェアハウスは若い人が多いので

記事を読む

10月 捨てたものリストと買ったもの ’15

By: Mitchell Askelson[/caption] 1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

今日捨てたもの 11/7 かわいらしいものが苦手。

キャラクターものやふんわりしたもの、ファンシーなもの、女の子らしいもの、ピンクのものなど「かわい

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

買わなきゃよかった、捨てなきゃよかった、の後悔。

By: Eliazar Parra Cardenas[/caption] このブログを書き始

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの晩酌
50代一人暮らしの晩酌事情。

100年ぶりの晩酌記事です。長年しつこく書き続けていた晩酌記

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

→もっと見る

PAGE TOP ↑