蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/26 家飯, 食べること

もやしと豚の蒸ししゃぶ献立

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうんだから。まあ環境が変わったからといって毎日ちょこちょこ作るスタイルが大幅に変わるとも思えませんが。

関連 料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

しかしまだまだ新しい環境に慣れていないので、買い物スタイルが定まっておりません。

気になるのは、野菜の高さ。時期的に葉野菜の価格が高騰しているだけなのか、それとも地域の物価が高いのか。

蒸ししゃぶ、焼き甘長で家飲み

蒸ししゃぶ献立

  • ぬか漬け
  • フルーツトマト
  • 焼き甘長
  • 蒸ししゃぶ

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根のみ。また追加しておかねば。

フルーツトマト

フルーツトマト

トマトはシンプルに塩とオリーブオイルで。

焼き甘長

焼き甘長

油を引いたフライパンで焼いた甘長をしょうが醤油で。

蒸ししゃぶ

蒸ししゃぶ

フライパンにもやしと豚薄切り肉を並べ、塩、酒をふりかけ蓋をして蒸し煮にします。豚肉に火が通ったらニラを加えてさっと蒸したら完成。ポン酢と黒七味でいただきます。

キッチンの環境にまだまだ不慣れなものでいつにも増して簡単・手間なしの献立に。さらには新居の照明具合にも不慣れなもので写真がアレですが、まあそのうち慣れていくでしょう。今後もしつこく不人気な晩酌献立記事を書き続けるつもりです。

日本酒にあうおつまみレシピ

一応ひととおりは近所のスーパーや市場の品揃えチェックを済ませたのですが、いやー、野菜高い。高いわあ。本日は野菜の価格にビビって庶民の味方もやしを投入した次第です。

考えてみれば旧住まいでは今日はこの方面へ行くから野菜が安いあの店に寄って帰ろうとか、この時間ならあの店がいい頃合いだな、とか全て頭に入っていたので買い物事情はかなり充実していました。それは単に買い物環境が整っていた、というのもあるけれど、時間をかけて街を練り歩いているうちに自然と身に着いたスキルだったのだなあ。と、新たな街を手探りで開拓する今、改めて思うのです。

スーパーで野菜買うのの何がスキルか、という感じではありますが。

そんなわけで向上した調理環境を存分に活かせる状態になるのはまだまだ先になりそうですが、ご近所パトロールが大好きな私にとってはこんな状況もお楽しみのひとつなのでした。

 




関連記事

せりと蒸し鶏の梅和え

せりと蒸し鶏の梅和え、鶏出汁白菜煮献立。

連日連夜せりを食んでおりますが、好きなんですよ、せり。 白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろ

記事を読む

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

卵とじ献立

せりと油揚げの卵とじ、焼き新たまねぎで家飲み。

たまたま通った道沿いに小さな豆腐屋さんがありました。中ではおばあさんが油揚げを揚げている真っ

記事を読む

きのこディップ

きのこディップで赤ワイン。

連日暑苦しいシチューネタで失礼します。 酒粕を使ったクリームシチューが思いの外シチュー

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

人目を気にせず、一人で食べたい。

どこか秘密基地っぽさのあるテーブルは、子供がよろこびそうなつくりではありませんか。 フ

記事を読む

イワシの塩焼き

いわしの塩焼き、ほうれん草のサラダで赤ワイン。

つい先日も同じメニューを食べたところなんですが。 いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハー

記事を読む

おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。 さて、先日は妙なそうめん

記事を読む

療養中の晩ご飯 8/5 鶏出汁卵とじうどん。

療養中、ってのも大げさですが。 ぎっくり腰発症当日はそもそも呑まず食わずの休肝日設定曜

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑